大逆転優勝のために…元ベイスターズ捕手・西森将司が考える「流れをつかむ方法」

大逆転優勝のために…元ベイスターズ捕手・西森将司が考える「流れをつかむ方法」

9月8日の阪神戦で3ランを放った佐野恵太

 2020年9月8日、横浜スタジアムで行われた阪神戦。7−0で迎えた6回裏、佐野選手が放った3ランで7点差が3点差まで縮まり、一気に流れがベイスターズに傾きました。しかしあの場面、元キャッチャーの僕はこう思ったのです。「むしろ阪神バッテリーは(ホームランで)よかったと思っているのでは」と。

 野球をテレビで観たことがある方なら、よく解説者の方が「流れが傾いてきましたね」とか「ちょっと流れが悪いですねぇ」みたいな事を話すのを耳にした事があると思います。

 球場で野球を観戦したことがある方でも、投手のテンポが悪い時や、好プレーが出た時など何か雰囲気の良し悪しを肌で感じ取っている方もいるのではないでしょうか。

 イメージしてみてください、7回ノーアウト満塁の大ピンチで登板した投手が3者連続三振を取った次の回の攻撃が1番からの好打順なら、自然と点が入りそうな気がしませんか?

 これが、「流れ」というものです。

 ここまでは、言ってみれば誰でもわかるような事なので、ここからはプロ野球選手が実践しているテクニックなどを紹介していきます。

■試合の「流れ」を支配するために必要なこと

「流れ」というものはそもそも目に見えるはずもなく、どこか漠然としていますが、実は試合を進めていくうえで非常に重要で、「流れ」を支配したチームが勝利を手にすると言っても過言ではありません。

 では、「流れ」を引き寄せる、または悪い「流れ」を断ち切るにはどうすれば良いか。

1、先発投手のテンポ

 投球の間隔をベストピッチができるギリギリまで早くし、尚且つストライクが先行し、3球以内に決着をつけるのが理想です。

 テンポが速くてもボール先行ではあまり意味がありません。

 捕手がサインを出すタイミングも早くすることで相乗効果が得られます。

 その際注意しなければいけないのが、テンポが速い投手のデメリットとして、打たれだすと止まらないという点があるのが要注意。

 捕手経験がある方は分かるかもしれませんが、どんな配球をしてもどんなに良いボールを投げても、連打が止まらないときがあります。

 打ち取った打球でもポテンヒットになったり、内野安打になったりなど、そういった場合はどうしようもないですが、プロ野球の捕手が実践しているテクニックとして、「配球しない」というのがあります。

「配球しない」というのはどういう事か、例えば一人の打者に対して同じボールを同じコースに投げ続ける。インコースのストレート系が特に有効だと思います。カーブのような遅いボールも有効です。

 この時の意図としては、打者もどんどん振ってくるのを逆手に取り、打ち損じを狙います。長打を食らうリスクもありますが、それでもこのケースでは有効です。

 流れに敏感な嗅覚を持っている捕手なら、こういった作業によって打たれる前に手を打っている選手もいます。

2、タイムの使い方

 プロ野球のルールでは、捕手がタイムを取り単独でマウンドに行ける回数は1試合につき3回です。(ピッチングコーチが一緒の場合はノーカウント)

 この3回をどういった場面で使うかは実は非常に重要で、主に状況の整理をして投手にどういった攻めをするのかを伝えに行くことが多いですが、悪い流れを断ち切る際にも使います。目的は間を取りたいだけなので話す内容は何でもいいと思います。

 私の場合は、間を取りにきた事を先に伝え、持っている球種の中で一番感覚が良いのは何か聞く場合や、ランナーが二塁にいる際は内野手を呼んでカウントが不利になったら、必殺の牽制を要求したり、もちろん弱気になっている投手に活をいれることもあります。

 考え方としては、打者からアウトをとろうが、牽制でアウトをとろうが、一つのアウトには変わりはないという事です。

■曖昧な考え方では勝てる捕手にはなれない

 この上記1と2を象徴した試合が冒頭の9月8日の阪神戦、7点差を追いついた試合でした。

 佐野選手が3ランを打ち3点差、一気に流れがベイスターズに傾きましたが、キャッチャー目線ではあそこでつながれて、複数のランナーを背負い、常にストレスを感じながら試合を進めるよりも、ホームランの方が良い意味で切り替えられる。「流れ」を考えると、あそこまでは別に良かったのです。

 あの時捕手がもっと時間を使って動揺するガルシア投手に冷静さを取り戻させることができたら、マウンドに行き通訳を呼んで状況を整理させ、まずはアウトを取ることに集中することを伝えていたら、もしかしたら結果は変わっていたのかもしれません。

 それだけ次の宮崎選手にもう一度チャンスメイクをされるのだけは絶対に避けなければならなかったのです。

 実際のところこういった作業をしていても、打たれるときもあれば、こんな事をしなくても抑えることもあります。

 重要なのは、打たれる確率を1%でも下げる方法があるならば、労を惜しんではいけないということです。

 最大限努力した結果、打たれてしまうのは仕方がありませんが、「大丈夫だろう」とか「〜だと思った」みたいな曖昧な考え方では勝てる捕手にはなれませんし、勝てる試合も落としてしまう結果になってしまいます。

 宮崎選手を仮に抑えていたとしたら、恐らく同点にはならなかったでしょう。

 ホームランを打った佐野選手に目が行きがちですが、止まる可能性があった「流れ」を更に大波として変化させ後続につないだ宮崎選手。

 それに続いた倉本選手。そして本当は自分が返したいと野球選手なら誰もが思う場面で、追い込まれながらも進塁打を打った戸柱選手。

 代打でタイムリーを打った中井選手。

 同点打を放った大和選手。

 下位に向かう打線の中で、チーム一丸となって同点に追いついたこの5人の活躍も忘れてはなりません。

 ベイスターズは勢いに乗せると非常に恐ろしいチームだなと改めて感じました。

 首位とのゲーム差はまだまだあり、9月13日の時点で自力優勝は消滅しましたが、今永選手や平良選手が復帰すればチームにも良い「流れ」ができ、大逆転優勝を期待しているファンは私も含めて多いのではないでしょうか。

 個人的には、平良選手の復帰を誰よりも望んでおります。

 今はテレビでプロ野球を観ることが多いと思いますが、こういった細かなところを実際に見つけてみてください。違った角度で野球を観戦できるので、観るだけで勉強になりますし、なによりも野球がもっと好きになるのは間違いありません。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/39915 でHITボタンを押してください。

(西森 将司)

関連記事(外部サイト)