「ちゃんとした日本語を使いなさい」……橘家文蔵が語る「師匠に教わった大切なこと」

「ちゃんとした日本語を使いなさい」……橘家文蔵が語る「師匠に教わった大切なこと」

橘家文蔵師匠

 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くのエンターテインメントと同様に、寄席やホール落語は休演となり、落語家はその芸を披露する場を奪われてしまった。そんな中、いちはやく本格的な「配信落語」にチャレンジしたのが橘家文蔵だった。

 強面で知られる名跡の三代目は、破壊力抜群の人物描写と威勢の良い口調で人情噺を得意とするが、一方で座長として演劇の脚本・演出を行ったり、「落語協会 大喜利王選手権」のプロデュース・司会を務めるなど、これまでも様々なことにチャレンジしてきた。

■「いろいろトラブルはありましたよ」

「今年の3月でしたか、コロナが広まるちょっと前に、これまで作っていなかった後援会を立ち上げようとホームページを開設して後援会(文蔵組)を立ち上げたんです。まあ100人集まればいいかな、って。そうしたら世の中がこの騒ぎになって、落語会もどんどんキャンセル、延期になっていった。どうするかなあ、と考えていたら、米粒写経のサンキュータツオに『スタジオから配信落語やったらどう?』って言われまして。そこで4月の初旬に、高円寺にある小さなスタジオから配信をやってみたんです。会費を払ってくださっている文蔵組の会員さんには無料、一般にも販売してね。

 もちろんいちからのスタートですから、いろいろトラブルはありましたよ。映像や音質は最初から素晴らしかったけど、配信が途中で止まったり、スタジオといっても通りに面しているから噺の途中で車の音とか生活音も入っちゃったり。まあこの際そういう音も含めて楽しんでもらおう、と思って4月、5月、6月と頑張っていたら、ウチのスタッフはみんな優秀なもんだから、技術的な部分もどんどん進歩して、お客さんもついてきてくださって……。今では文蔵組組員、500名以上になりました」

 演者として、配信落語への戸惑いはなかったのだろうか。

「僕らは普段、高座のはじめに客席を見渡しながらまくらを話すわけです。ちょっと愛想笑いとかしながらね。でも同じようにカメラの前でやっていたら、配信を見てるお客さんから『目がオロオロしてて、なんだか戸惑っているように見える』と言われちゃいまして。だから、まくらの時はニュースキャスターのようにカメラ目線でやるようにしました。

 それから、やっぱりお客さんが目の前にいないから、いつもなら起きる『ドッカーン!』というお客様の爆笑がない。それも戸惑いではありましたね。今はもちろん慣れました。文蔵組の配信落語会はゲストをたくさん招くので、中には配信が初めての演者もいます。席亭として、ちゃんとアドバイスできないといけませんから」

■「ふとした瞬間にそのセリフが降りてくるときもある」

 そして7月、寄席が再開となった。早速7月の上席、鈴本演芸場の夜の部主任(トリ)を務めあげている。

「懐かしさがありました。久しぶりだなあ、という感じ。戸惑いはなかったですよ。配信を続けていたので、まるっきり高座がなかったわけではなかったしね。

 それに、僕も落語に飢えていたけど、お客さんも落語に飢えていたんだろうね。ソーシャルディスタンス興行で客数は半分だけど、反応はすごくいい。

 9月19日からは、5000席以下の会場なら、お客さんを半分以上入れてもよいことになりました。とはいえ、しばらくは空いてるでしょう。寄席もホール落語も、消毒・検温など感染対策をしっかり行っています。生で落語を見ていただくのは、実は今がチャンスかもしれません。10月の文春落語にも、安心してぜひ足を運んでいただきたいですね」

 10月7日(水)の夜は、文春落語のリアル公演。日本橋の「日本橋劇場」で、入船亭扇辰との二人会だ。両師匠は落語家音楽ユニット「三K辰文舎(さんけいしんぶんしゃ)」の仲間でもある。

「扇辰さんとは、随分長いことやってますからね。扇辰さんはネタが抜群に多いけど、おいらは少ないので、さて何をやりますかね……。

 おいらは、このくらいのクラスではネタが少ない方です。もっと上の世代は、40、50代のあたりで、本当にたくさんのネタを覚えてやっていたと思うけど、最近は、一つの噺を半年ぐらいかけてじっくりこさえていくんです。まあズボラなんですけど、マイペースでじっくり覚えていきたいんです。

 それに、ネタが少ないと、同じネタを何度もかけることになるけれど、毎回毎回、同じネタだけど絶対同じにはならない。小説や漫画なんかを読みながら、よくかけている噺の登場人物に、こういうセリフを言わせたら面白いな、と、フッと思いついたりする。ふとした瞬間にそのセリフが降りてくるときもある。アンテナをずっと張り続けているから、常にアップデートしているんでしょうね。だから同じネタでも、5年前にやったものと今やるものとでは、ずいぶん違いが出てくる。ネタと落語家の関係というのは、永遠に繰り返しをやっているわけではない。そこを愉しんでいただけたらな、と思います」

 高座に上がる時には、今も昔と変わらずに大切にしていることがある、という。

「師匠(二代目橘家文蔵)から最初に学んだことです。『(落語家は)言葉を操る商売だから、ちゃんとした日本語を使いなさい』と言われたことが、いまも頭に残っています。もともとおいらは言葉遣いがぞんざいだったこともあって、そこをしっかり直されました。

 たとえばね、ある落語家さんが『らくだ』をやっていて、お酒を注がれる場面で、『いやこんなに山盛りに注がれても……』と話していました。でも、お酒は『山盛り』じゃないんです。山盛りはごはん。お酒は『なみなみ』です。あとは、江戸長屋での会話の中で、『おむつ』という言葉を使った落語家さんもいた。でも、ちょっと『おむつ』はお城の中の会話のように感じてしまう。やっぱり長屋だったら『おしめ』のほうがシックリ来ます。

■「細かなことですけど、一言一言が大事」

 こういうのはね、他人の落語を聞いていて気づくことがあるし、そのネタを話し始めてから何十年も経って気づくこともあるんです。細かなことですけど、こういう一言一言が大事なんです。

 人に言われて気づいたのは『文七元結』でしたね。

 鈴本で演ったとき、長兵衛の娘のお久のセリフで『身請けされてきたの』と話した。そうしたら、あとで鈴本の社長から『身請け、は大人の言葉で、お久は生娘だから、たとえ身請けという言葉の意味を知っていたとしても、自分で口にするかなあ……』と言われたんです。その言葉遣いで、生娘さがなくなってはしまわないか、と。たしかになあ、と思ったわけです。

 そこで、『なんだかわからないけど……おかみさんがもう帰っていい、というから、このおじさんに手を引かれてきたの』という表現にすれば、特別な言葉はなにひとつないけれど、ニュアンスとして生娘さも、起きた出来事の意味も伝えられますよね。

 こういうアドバイスをいただけるのは、ありがたいなあ、恵まれているなあ、と思うんですけどね。

 あとは、たとえば花魁が『一服吸いなんしぃ……』とタバコを薦める場面があったりしますよね。でも、花魁だからといって、ありんす、ありんすと、それっぽい言葉を無理に使わせすぎると興ざめしてしまう。これもお久の時と同じで、普通の言葉遣いの中で花魁さを出していくほうがいい、と思う。それこそ『わたし、たばこに火ぃつけたから、吸って』と手渡すだけでもいい。

 こまかいことだけど、おいらはそんな気持ちで言葉を選んで話しているんです。

 言葉遣い、ということでいうと、扇辰さんの言葉遣い、いいですよ。口跡もはっきり、鼻濁音もちゃんとしていて、なにより聞きやすい。耳に心地いい落語をやります。あいつなりにいろいろ考えてやってるな、と思いますよ。二人会では、おいらの言葉と扇辰さんの言葉を聴き比べてもらうのもいいですね」

 文蔵師匠はツイッター( @emonkake_b )で日々のことを積極的につぶやいているが、目立つのは料理写真だ。高級レストランの凝った料理、というよりは、ハンバーグだったり卵焼きだったり、いつもの食卓にならぶような、でもいかにも美味しそうな写真が並ぶ。

「そうそう、弟子の(橘家)文太の二つ目昇進のときの口上で、落語と料理は似ている、という話をしました。料理って、上等な食材、素材を使えばたいがいは美味しくなる。でも本当の職人さんは、よくある素材をもとに工夫して、技を凝らしておいしい料理をこしらえる。落語もそっちだと思うんです。なんてことはない話でも、持って生き方、工夫によって爆笑漫談になるし、くすぐりにも使える。今ではやり手が少なくなった、現代人にはウケないとされている噺でも、工夫一つで十分愉しんでいただけるものになるかもしれませんからね」

 さまざまな料理がテイクアウトでお家で楽しめるように、落語も配信興行が定着してきたけれど、料理も落語もできたて話したてをその場で味わってもらうのが一番。

 特に熱量の高い文蔵師匠の落語は、是非会場に足をお運びいただき、熱気ごと味わっていただくと、その面白さは格別だ。

◆◆◆

【公演概要】

文春落語 文蔵・扇辰二人会

公演日:2020年10月7日(水)
公演会場:日本橋公会堂/東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目31-1

出演者:橘家文蔵・入船亭扇辰

開催時間:18時45分開演 (18時15分開場)
終演時間:21時予定 仲入り有 

演目:未定(当日発表)

チケット:4,000円(税込・全席指定)/2階左右3,500円(税込・全席指定)ソーシャルディスタンスをとっての席販売となります。

■チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2023265&rlsCd=001&lotRlsCd=

■イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/3121570001-P0030009P021001?P1=0175

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)