「なぜ芸能人は依存症に陥るのか?」酒、薬物、ギャンブル……担当カウンセラーが解説するミュージシャンAのケース《元TOKIO山口達也逮捕》

「なぜ芸能人は依存症に陥るのか?」酒、薬物、ギャンブル……担当カウンセラーが解説するミュージシャンAのケース《元TOKIO山口達也逮捕》

TOKIO元メンバーの山口達也 ©文藝春秋

 ふたたび飲酒がらみのトラブルだった――。酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕され、9月24日に釈放された元TOKIOメンバーの山口達也(48)。2018年にジャニーズ事務所を退所する原因となった女子高生への強制わいせつ事件の犯行現場でも飲酒しており、アルコール依存症の疑いが度々報じられてきた。

 いま芸能界では、山口だけでなく「依存症」が疑われるトラブルが相次いでいる。9月に大麻取締法違反で逮捕された伊勢谷友介容疑者(44)を筆頭に、同月に所属事務所を契約解除された歌手の華原朋美(46)も薬物乱用疑惑が報じられている。6月に女性スキャンダルが発覚して活動自粛中のアンジャッシュ渡部健(48)についてもセックス依存症を疑う報道が相次いでいた。

 華やかな世界にいる芸能人は、なぜ依存症に陥るのか。複数の芸能事務所と契約し、実際に芸能人のカウンセリングも担当している明星大学心理学部心理学科准教授で、臨床心理士の藤井靖氏に聞いた。

◆ ◆ ◆

■「アルコール依存症を克服したようにはみえない」

 山口は昨年、『女性セブン』(2019年9月12月号)の取材に対して、アルコール依存症や躁鬱病の治療のため一時は入院したものの、その後の病状について「だいぶ回復しています」「今はお酒のいらない生活をしています」と語っていた。しかし9月22日朝、追突事故を起こして飲酒運転が発覚。呼気1リットルから基準値の約5倍にあたる0.75ミリグラムものアルコールが検出された。

 藤井氏は一連の報道の中でも、逮捕直後に「酒が残っている自覚はあった」と供述していたにもかかわらず、送検後に「体に酒が残っているとは思わなかった」と容疑を一部否認する供述を始めた点に注目しているという。

「アルコール依存症は“否認する病”。容疑を一部否認したことが事実なら、法的な意味や対策ということだけでなく、心理的にも『否認』したことの現れ。自分の現状を受け入れられない依存症の症状の一つとも考えられます。

 そもそも、昨年秋のインタビューの『だいぶ回復しています』『今はお酒はいらない』という曖昧な発言自体が、典型的な依存症の方の語り口にも感じられます。自分の状態を真っ正面から受け止められていないから、『自分なら、酒を飲んで運転しても大丈夫』という根拠のない自信、いわば“歪んだコントロール感”も芽生えるのです」(藤井氏、以下同)

■担当していた男性ミュージシャンのケース

 依存症の問題が次々に明るみに出た芸能界。なぜいまトラブルが続出しているのだろうか。藤井氏は次のように解説する。

「 前回 のインタビューでも説明しましたが、芸能人はその職業の特殊性から『精神的孤独』に陥りやすい。周囲にたくさん人がいて、多くの人に愛されても、周囲に気付かれずに悩みを自分で抱え込んでしまって、その孤独から心を病んでしまうのです。売れる人ほど“唯一無二”の存在。立場も十人十色ですから、親や友人だけでなく仕事仲間に悩みを相談しても共感してもらいにくい。ライバルも多く、『弱みも見せたくない』という心理がはたらきます。

 さらに、才能がなければ生き残れないという大前提の芸能界は、“労働者”に優しい環境ではありません。一般の会社員では考えられない不安定な仕事です。売れている方でも、仕事が絶え間なく入る時と、予定が空いていて先が見えなくなる時のギャップがある。経済的なことに余裕があっても、そのギャップに耐えられなくなっていきます」

 憧れられる立場でありながら依存症に陥ってしまうのは、別の理由もあるという。

「華やかな世界にいるようですが、その生活が当たり前になると、自分の中で飽きてしまって『もっと上へ、もっと上へ』という心理が働く。これは『心理的飽和』ともいいますが、芸能人として人気が出て、安定的な地位にいても、変化がないから『なんで自分はこのままなのか』と苦しむ。そうやって自分がピンチに陥ったり、大きなストレスを抱えたりしたときに、人によっては依存的な行動に走ってしまうのです」

 実際に藤井氏が担当する芸能人の中でも、山口と同じようにアルコール依存症と躁鬱病を患ったケースがあるという。

「カウンセリングには守秘義務が課せられていますが、今回は事前にお話をして『同じ苦しみを持つ人たちのためなら』と当時の心境や病状について、可能な範囲でお話しする許可をいただきました。私が担当する人気男性ミュージシャンのAさんは、アルコールやギャンブル依存症に陥り、双極性障害(躁鬱病)とも診断されていました。抗鬱薬などの薬物治療だけではうまくいかず、私の元を訪ねてきました。

■「『止める気になればすぐ止められる』という態度でした」

 実際にカウンセリングをしてみると、所属事務所が手を焼いていたのは、Aさんの躁鬱病よりも依存症の方でした。Aさんは世間からみて、アルコールやギャンブルのイメージとは程遠い方でしたから、そのことが報じられることを恐れていたのです。

 すでに中堅どころの彼は、一人で自分の内面と深く向き合うことで創作活動に転化してきました。その分、楽曲作りにも波があって、なかなか満足いく曲が作れない苦しみがあった。さらに日常の忙しさに加え、彼の言動が誤解されてSNSなどでバッシングに遭ったことによるストレスもあって、自分自身へのコントロール感を失ってしまった。

 その結果、飲酒や元々得意だったギャンブルを、日常的に不安などネガティブな感情を解消するための手段としていた。それがやがて習慣化していき、自分でも気づかないうちに依存症の診断基準を満たすほどになっていったのです」

 Aさんの治療の過程には大きな波があったと、藤井氏は説明する。

「山口さんも肉体を鍛えている体育会系ですが、Aさんも同じタイプ。自分の体に自信がある分、精神的な疾患にとても否定的な方でした。周囲にも『依存症や躁鬱病なんて病気ではなく気持ちの問題』と口にしていたそうです。ですから、私にも『止める気になればすぐ止められる。酒もギャンブルも好きだから適当にやる』という態度でした。

 Aさんは週に1回、50分のカウンセリングを受けていましたが、3カ月ほどで来なくなった。後にご本人に聞きましたが、この時は自分では良くなったと思いたかったそうです。おそらく『躁』のタイミングが重なったこともあったのだと思います。『自分は何でもできる』『治療しなくても大丈夫』『(診断された頃の)自分とは違う』という気持ちになって、再び飲酒もしていたようです」

■依存症治療のポイントは「底つき体験」

 それから2カ月ほど経過した頃、Aさんは突然藤井氏の元を訪ねてきた。カウンセリングを受けなくなった結果、鬱状態が強くなり酒量も増え、犯罪になりかねないトラブルを起こしてしまったのだ。さらに、それが交際女性との別れにも発展したという。

「Aさんの場合、症状が悪化してトラブルを引き起こしただけでなく、当時お付き合いしていた女性に愛想をつかされてしまった。この一連の出来事が彼には非常にショックだった。臨床の現場では『底つき体験』と言いますが、この体験をきっかけにしてAさんは自分の本当の現状を『どん底』だと気付いて、上向きになるきっかけにすることができた。一連の報道を見る限り、山口さんはこうした『底つき体験』をまだ経験していないという可能性もあるように感じます」

 現在、Aさんはカウンセリングの効果が出て、依存症や躁鬱病も落ち着いてきているという。

「Aさんには、事務所に私の見解を伝え、症状にあわせて仕事量のコントロールをしてもらっています。作曲の際にもあまり自分を追い込まないようにと常々伝えています。ずっとAさんと続けているのは、つらくなった時にアルコールとギャンブル以外に取り組めることを見付ける作業。それがだんだんうまくいき始めています」

■「依存症の治療に完治はない」

 日常的に芸能人のカウンセリングを担当している藤井氏は、人目にさらされている芸能人だからこそ、依存症の治療は困難が伴うと感じていると説明する。

「依存症の治療に完治はなく、一生抱えていく場合も少なくない。症状が落ち着くまで、一般的には平均2、3年かかります。それでも断酒率は2、3割ともいわれている。私の見る限り、芸能人はその特殊な環境から一般人の倍くらい、4、5年はかかる場合も多いと考えています。

 というのも、一般の方だとアルコール依存症の自助団体に所属して、お互い支えあっていくことが非常に効果的なんです。ところが芸能人は顔が知られているので参加のハードルが高い。有名人の集まるグループも一部にはあるにはありますが、一方で本人のプライドもある上に、それまで生きていた環境も違いますから、参加しても馴染めないことが多い。更生のための一つの大きな機会が抜け落ちている状況にあります。

 さらに、芸能人の場合、治療と並行して仕事を続けていると『よい自分』を見せざるを得ない場面がある。山口さんの事務所退所後のインタビューも、そんな『見せたい自分』をめぐる複雑な感情が全面に滲み出ているようにも見えた。取材のときは、表向きの芸能人らしい回答はしっかりできても、治療中の場合、ふと我に返った時に自分の“よそ行き”の発言と現実のギャップを認識する。そんな環境から依存症が悪化することもある。依存症との戦いは、1歩進んだと思っても2歩下がっていることのある世界ですが、芸能人なら尚更です」

 山口の場合、依存症から回復するための“絶対条件”が欠けているように感じられるという。

「専門家の治療ももちろん大事ですが、一日付き合えるわけではありません。なにより、プライベートで身近にいる人が一緒に伴走して、年単位で回復過程を支えてもらうことが重要です。さらに依存症治療で難しいのは、モチベーションを保つこと。治療の動機を高めてくれる人、心理的に支えてくれる人が必要。これは依存症から回復するための絶対に必要な条件です。山口さんはTOKIOを脱退し、ご家族も海外にいるとのことで孤立し、その条件を失ってしまっている。元の事務所の方が、治療のための病院に送るための車を出してあげるだけでも大きな支えになると思います」

■立ち直るために必要なこと

 藤井氏は最後に、山口の回復のため、次のように助言する。

「まず山口さんには『勇気をもって、自分の身体のことをすべて公表してみませんか?』と伝えたい。言いにくいこともあると思います。それでも、今までの診断名や精神状態を含めた経緯、現在の生活状況など全てを世間に公表することは、自分自身の状況を受け入れることにも繋がります。

 今回の事故で、山口さん自身も一度治療を受けたくらいではお酒を止められないことが分かった。治療は長期スパンになります。先述の通り、有名人は自助団体に参加しにくいですが、公表することで有名人だからこそ周りでサポートしてくれる人が出てくる可能性がある。例えば、コンビニでお酒を買おうとしたら店員さんが注意してくれるかもしれない。ご本人からすれば監視されているような気分でしょうが、本人を救う大事な声がけになる。

 長く、そして次から次へと支援者が現れてくるという環境は、酒ではなく『人』で心を癒すパターンに転換することにつながる可能性があり、これは依存症の治療の一つのゴールに近づくということでもあります。これまでTOKIOのメンバーとして活躍されてきた方ですから、応援してくれる人もたくさんいるはずです」

 TOKIOのリーダー、城島茂(49)は、山口の逮捕後、「人として終わって欲しくない。今回のことを改めて受け止めて、1歩ずつ確実に未来に向かって進んでほしい」とコメントしている。この思いは届くのだろうか。

 10月3日(土)21時から放送の「 文春オンラインTV 」に藤井氏が出演し、本件について詳しく解説する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)