TOKIO25周年ツアーに長瀬智也が反対した理由「山口逮捕で”復活計画”が白紙になった」

TOKIO25周年ツアーに長瀬智也が反対した理由「山口逮捕で”復活計画”が白紙になった」

長瀬智也(Johnny's netより)

 2021年1月、TOKIOの長瀬智也(41)が、ドラマ「俺の家の話」(TBS系)に主演する。長瀬は同年3月にジャニーズ事務所退所が決まっており、“ジャニーズ”としての最後の大仕事になりそうだ。

「長瀬が演じるのは元レスラーです。父親の介護と遺産相続を巡って女性ヘルパーや家族とバトルを繰り広げる異色のホームドラマで、脚本を宮藤官九郎(50)が手掛け、TBSの磯山晶さんがプロデュースしている。この3人は『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)や『タイガー&ドラゴン』(TBS系)などを生み出してきた名チーム。“有終の美”を飾るのに、間違いのない布陣になっている」(スポーツ紙芸能記者)

 長瀬が24年にわたって苦楽をともにしたTOKIOと袂を分かつ決意をしたのは、ご存じの通り、TOKIOの元メンバー山口達也(48)の脱退がきっかけだ。山口が脱退したことでTOKIOは音楽活動を休止。昨年行う予定だった25周年記念ライブツアーも中止した。

■長瀬が反対した、山口不在の音楽活動

 山口1人の脱退で、TOKIOは大きく形を変えた。脱退者が続出するもグループ活動を存続させ続けている関ジャニ∞やNEWS、KAT-TUNと比べると、その影響は甚大だ。

「当初は山口の代わりにサポートメンバーをいれて、音楽活動を再開させる計画もあったようです。しかし、長瀬が反対した。作詞・作曲もこなす長瀬が、音楽面で最も頼りにしていたのが山口だったのです。デビュー曲の『LOVE YOU ONLY』からして、フロントマンこそボーカルの長瀬だが、実質はベースの山口とのツインボーカル。2人で交互に歌い、他のメンバーがコーラスという構成です。『AMBITIOUS JAPAN!』でも、サビの部分は長瀬と山口が交互に歌っています。長瀬にとって、山口なしでの音楽活動は考えられなかったのでしょう」(音楽関係者)

 一方で、城島茂(49)、国分太一(46)、松岡昌宏(43)が選んだのは、“TOKIO復活”の芽を育てることだった。

「彼らは状況をよく理解して静観していました。そして選んだのが、来年4月1日付で『株式会社TOKIO』を設立して独立し、グループとしての活動を続けること。実はこれこそ山口復帰への第一歩となるはずだったんです。頃合いを見計らって、山口を裏方として迎え入れ、どこかの節目で長瀬も入れて、いつの日かTOKIOとして復活させようとしていました。

 しかもこの計画には藤島ジュリー社長も咬んでいる。株式会社TOKIOは城島社長、国分、松岡両副社長のトロイカ体制と言われていますが、登記上の実際の代表取締役はジュリー社長で、3人は取締役です。TOKIOはジュリー社長が初めて売り出したグループですから、それだけに思い入れも強いのでしょう」(前出・スポーツ紙芸能記者)

■白紙になった“TOKIO復活計画”

 しかし、そんな計画が静かに進行している最中、9月22日に山口が酒気帯び運転で現行犯逮捕された。東京・練馬区桜台の交差点で、山口の運転する1200tの大型バイク、ハーレーダビッドソンが信号待ちの車に突っ込んだのだ。駆けつけた警官によるアルコール濃度検査で、道路交通法違反の基準値の0・15ミリグラムを大幅に超える0・7ミリグラムが検出された。

「今回の酒気帯び逮捕で、遠大な“TOKIO復活計画”は白紙になってしまいました。それでもファンとTOKIOのメンバーはまだ、いつの日か復活する一縷の望みを抱いているはずです」(同前)

 “転落”に歯止めがかからない山口だが、メンバーが彼を必要とするのにはワケがある。

■”寄せ集め”のTOKIOをまとめたのは……

「TOKIOは1989年にバラエティ番組『アイドル共和国』(テレビ朝日系)で城嶋と山口が結成した『城島茂バンド』が始まりです。そこからメンバーの合流や脱退を重ね、1994年にTOKIOとしてデビューしました。ジャニー喜多川氏の鶴の一声でメンバーが決まった同世代の光GENJI、SMAP、V6などと比べると、TOKIOは “寄せ集め”なんです」(テレビ関係者)

 しかしそんなメンバーたちをまとめたのが山口です。TOKIOのリーダーは最年長の城島ですがいじられ役。やんちゃな松岡に、甘えん坊の国分、そして最年少でスターの長瀬。クールな山口はそんななかで前に出すぎず、グループのバランスをとっていた。不祥事を起こすまでは、TOKIOの大黒柱といっていい存在でした」(同前)

 山口はTOKIOで最も早く、2008年に結婚。その後2人の男の子の父親になっても、サーフィンを愛するスポーティーなイメージを崩さず、ノースリーブのたくましい二の腕は山口のトレードマークだった。その頼りがいのあるイメージから、情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)や「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)の司会をこなし、アイドルとは違う面でも評価を得ていた。

■山口は潜水士、棟梁、船長としても活躍

「特に『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)での貢献は計り知れません。他メンバーが個々の仕事でスケジュールが合わない中、山口が大活躍して番組を支えていました。東京湾を再生する『DASH海岸』という企画に合わせて潜水士の資格を取ったり、手先が器用で大工をやらせりゃ『棟梁』、船に乗せれば『船長』と呼ばれました。筋肉質だけど、足も圧倒的に速くて、リレー企画では必ず最後に見せ場を作っていました。しかし山口が脱退してからは企画も行き詰まりがちで、長瀬が脱退する来年3月いっぱいでの番組終了が濃厚です」(テレビ誌記者)

 その担当楽器と同じく、ベースとしてTOKIOを支えた山口。その全てを台無しにしてしまったのが酒だ。

「スポーツマンの山口は酒が好きで、強いことも自慢でした。元々は陽気な酒でしたが、2016年に元妻とのすれ違いが理由で離婚してからは泥酔することが多くなり、酒癖も悪くなっていった。2017年に妻子がハワイに移住して、息子2人と会えなくなった事も精神状態の悪化に輪を掛けてしまったようです」(前出・スポーツ紙芸能記者)

 そして、2018年2月に泥酔して自宅で女子高生だったタレントに強引にキスし、同年4月に強制わいせつ容疑で書類送検されたのだ。釈放後はアルコール依存症の治療のために入院し、退院後は寺に通いながら読経や写経、境内の掃除などをしながら表向きは謹慎生活を送っていた。

■豪邸は5億円で売却、家賃8万円は“謹慎”の一環

「山口が家賃8万円のアパートに住んでいたと報じられ衝撃が走りましたが、金銭的には困っていないはずです。昨年、3億円で購入した都内の豪邸には5億円で買い手がつき、相当の売却益が出ていると言われている。大部分を妻子に渡したようですが、手元にも幾分かは残っているでしょう。今回の事件で乗っていた1200tのハーレーダビッドソンは100万円以上しますし、カスタムにも金が掛かる。保管場所を借りる金も必要です。家賃8万円のアパート暮らしは“謹慎”の一環だったのでしょう」(音楽関係者)

 TOKIO復活は山口の更生にかかっている。

(川田 南雲/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)