「サザエさん」「重戦機エルガイム」「アイドル伝説えり子」……筒美京平さんの“アニソン作曲家”としての功績も忘れるな

「サザエさん」「重戦機エルガイム」「アイドル伝説えり子」……筒美京平さんの“アニソン作曲家”としての功績も忘れるな

筒美京平さん ©?共同通信社

 昭和・平成・令和と三時代にわたって歌謡界をリードしてきた大ヒットメーカーのひとり、音楽家・作曲家の筒美京平さんが、去る10月7日に亡くなった。享年80。死因は誤えん性肺炎だった。

 ちょうど、斉藤由貴さんの「卒業」やキョンキョンこと小泉今日子さんの「なんてったってアイドル」をCDで聞き直していた矢先のことでそのシンクロニシティに驚いた。だが、これはシンクロニシティなんてご大層なものではなく、それだけ筒美さんの曲が身近にあり、且つ如何に大ヒットを連発していたかの証に他ならない。

■『ドラクエ』の作曲家・すぎやまこういちさんに師事

 筒美さんは昭和15(1940)年、東京生まれ。青山学院大学在学中、ジャズに親しみ、大手レコード会社で音楽ディレクターとして働きながら、作曲活動を開始。なお、ディレクター時代に『ドラゴンクエスト』シリーズ(’86年〜)などで有名な、かのすぎやまこういちさんに師事。それはもう名作曲家になりもするでしょう、というところ。

 筒美さんの訃報に際し、いしだあゆみさんの「ブルー・ライト・ヨコハマ」('68年)や尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」('71年)、そしてジュディ・オングさんの衣裳も忘れられない「魅せられて」('79年)等々の大ヒット曲名が飛び交った。’70年代には南沙織さんや郷ひろみさん、麻丘めぐみさんや太田裕美さん、’80年代には近藤真彦さんや松本伊代さんに先の斉藤由貴さん、小泉今日子さんに少年隊。’90年代には小沢健二さんやNOKKOさん、2000年代にはTOKIOや中川翔子さんの曲も手がけ、なんというか、その時代の“最先端”ぶりには改めて目を見張るものがあった。

■『サザエさん』や『パーマン』『怪物くん』の歌も作曲

 だが、それら偉大なる功績は、筆者より適任の有識者の方々が書き綴られるに違いない。なのでここから少々、筆者が子供の頃より慣れ親しんだテレビまんがこと後のテレビアニメーションの主題歌・副主題歌・挿入歌……いわゆる“アニソン”について書かせていただこう。そう、筒美さんは偉大なるアニソンの大ヒットメーカーでもあったのだ。

 筒美さん作曲のアニソンで最も有名な歌は、TVアニメ『サザエさん』('69年)の主題歌と副主題歌だろう。もはや国民的歌謡といっても過言ではない。50年以上も流れ続けているテレビ主題歌もそうはないだろう。

 そんな筒美さんの、本格的アニソン・デビュー作は藤子・F・不二雄先生原作の『パーマン』('68年)の挿入歌、2号の歌「パーマン2号はウキャキャのキャ」だ。続けて藤子不二雄A作品『怪物くん』('68年)の主題歌・副主題歌を担当。どちらも白黒作品にして初のアニメ化だった。特に『怪物くん』主題歌の「おれは怪物くんだ」は現在、A先生が青春時代を過ごしたトキワ荘のあった南長崎、その最寄りである西武池袋線・椎名町駅の電車の発着音楽としてメロオケが流されていたりするので、「あゝあの曲か!」と、ポンと掌を叩く方も多いことと思う。白石冬美さんによる力強い歌声も忘れられない。

■『重戦機エルガイム』でアニソン界に革命をもたらす

 筒美さんは、『機動戦士ガンダム』('79年)で知られる富野由悠季監督作品、通称“富野アニメ”にも楽曲を提供している。特に『重戦機エルガイム』('84年)後期主題歌の「風のノー・リプライ」が、当時のアニメ音楽界にもたらした衝撃ははかりしれない。初めて耳にした際、「何かが変わった!」と心の底でつぶやく自分がいた。

 それまで設定や必殺技・武器名をシャウトしたり、男性主人公の心情を綴る巨大ロボットアニメの主題歌・副主題歌のセオリーはここで崩れ、以降、そうと言わなければ普通のポップスやアイドル歌謡として充分通用する楽曲が、続々と同ジャンルを席巻していくこととなる。筒美さんはアニソンに確実に革命をもたらしていた。なお、筆者は音楽・歌謡曲研究家ではないので、あくまでも個人的感想の範疇を出ないが、この「風のノー・リプライ」は、松田聖子さんの大ヒット曲「青い珊瑚礁」(’80年)への筒美流アプローチだったのではないか? と思っている。鮎川麻弥さんの透き通るような歌声も素晴らしかった。

 以降も、’80年代中盤以降のロボットアニメのヒット作『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー』('85年)や昭和『ガンダム』シリーズ終了後のサンライズの意欲作『機甲戦記ドラグナー』('87年)、刻(とき)のアイドル・田村英里子さんをフィーチャーした実験的アイドルアニメ『アイドル伝説えり子』('89年)の主題歌等々を担当。特に『えり子』では、’90年代への架け橋的なアイドルソングを開発。自ら新境地を開拓していた。

 また、『サザエさん』に並ぶフジテレビの大ヒットアニメ『ちびまる子ちゃん』の映画版『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』(’92年)やシュールなギャグアニメ『はれときどきぶた』(’98年)などにも楽曲を提供。自身のアニメの原点である、ギャグ・ホームコメディアニメのジャンルでも’90年代的サウンドを創出できる実力の程を見せつけていた。

■2000年代には人気声優にも楽曲を提供

 2000年代に入ってからも、人気声優・竹達彩奈さん(『デンキ街の本屋さん』['14年]主題歌「齧りかけの林檎」)や飯田里穂さん(『デジモンユニバース アプリモンスターズ』['16年]副主題歌「青い炎シンドローム」)等に積極的に楽曲を提供。もうなんというか、加齢知らずというか不滅といおうか、その第一線・現役ぶりにはただひたすら脱帽する他はなかった。

 じつは筒美さんは、日本のポップス・歌謡界を支え続けるのと同時に、ジャパニメーション歌謡も支え続けていたのだ。

 かつて、冨田勲さんや川口真さん、都倉俊一さん、平尾昌晃さん、そして師匠たるすぎやまこういちさん、宮川泰さんら日本のポップス界をリードする大作曲家たちは、同時に常にアニメソング界をもリードしていた。もちろん渡辺岳夫さんや渡辺宙明さん、菊池俊輔さんらアニソン界の偉大な重鎮たちが大黒柱にはなっていたが、筒美さんのような他ジャンルのオーソリティーたちが要所要所でその才能を提供していた事実は大きい。そのことが今日のジャパニメーションの世界的クオリティの根拠の一翼を担っていたことは確かだ。

 アニメ好きの筆者にとって、筒美京平作品のベストワンは、誰がなんと言おうと「風のノー・リプライ」だ。筆者同様、人それぞれのマイベスト筒美サウンドを、繰り返し聞いて故人を偲んで欲しい。作品同様、歌も永遠なのだから。

(岩佐 陽一)

関連記事(外部サイト)