ショーン・コネリー90歳で逝去 丹波哲郎の遅刻を叱ったあの日のこと

ショーン・コネリーさん90歳で逝去 日本ロケで"遅刻魔"丹波哲郎さんに抱きつかれ失笑

記事まとめ

  • 世界的俳優のショーン・コネリーさんが、10月31日に90歳で亡くなったことが報じられた
  • コネリーさんは、『007』シリーズの主人公、ジェームズ・ボンドでも知られる
  • 第5作『007は二度死ぬ』では丹波哲郎さんと共演、丹波さんの遅刻を叱ろうとして失笑も

ショーン・コネリー90歳で逝去 丹波哲郎の遅刻を叱ったあの日のこと

ショーン・コネリー90歳で逝去 丹波哲郎の遅刻を叱ったあの日のこと

ショーン・コネリー ©?AFLO

 昭和生まれの筆者にとってはジェームズ・ボンド以外の何者でもない、世界的俳優のショーン・コネリーさんが亡くなった。去る10月31日。享年90。滞在先のバハマで睡眠中、静かに息を引き取ったという。

 イギリス・スコットランド出身のコネリーさんは、『レッド・オクトーバーを追え!』(’90年)や『アンタッチャブル』(’87年)、『ザ・ロック』(’96年)など代表作の枚挙に暇のない名優中の名優だが、こと演じたキャラクターでいえば、最も有名なのは映画『007(ダブル・オー・セブン)』シリーズの主人公、ジェームズ・ボンドである事実に異論を挟む方はないだろう。

■“ボンド”は『必殺』シリーズのあの人の名前の元ネタだった

 コネリーさんは、1962年公開のシリーズ第1作『007 ドクター・ノオ』で初代ジェームズ・ボンドを演じて一躍世界的な人気者に。以降、『ゴールドフィンガー』(’64年)や『ダイヤモンドは永遠に』(’71年)など計7作でハマり役となったボンド役を演じ続けた。イギリスの作家、イアン・フレミングのスパイ小説の主人公であるボンドは、秘密情報部(MIB)エージェントでイギリス海軍予備員、そしてコードナンバー007の異名を持つフィクション世界のナンバーワン・スパイだ。

 昭和42年生まれの筆者にとってはスパイ =(イコール)ジェームズ・ボンド、ヒットマン = ゴルゴ13(デューク東郷)であり……もっと言ってしまえば、藤田まこと演じる『必殺』シリーズ(’72年〜)の“顔”、すご腕殺し屋という裏の顔を持つ同心・中村主水の名前、“モンド”の元ネタという認識だった。なるほど、決して正体を知られてはいけない敏腕スパイの名前を、裏稼業の剣客に当てはめるというのはさすがの発想……と、名付け親である『必殺』シリーズの山内久司プロデューサーの慧眼に感心もしたものだ。

■日本でロケを行った第5作で、丹波哲郎さんと共演

 さて、コネリーさんの偉業については世界中の有識者の方々や共演者の名優のみなさんがコメントされることと思うので、ここではコネリーさんが日本に来たときの秘話、『007』シリーズで唯一全面日本ロケを行った第5作『007は二度死ぬ』での逸話をご紹介しよう。

 もっともこれはコネリーさんというより、コネリーさんと共演した、日本を代表する名優で、今は亡き丹波哲郎さんにまつわるお話になってしまうのだが、大変貴重なエピソードなので、この機会にご紹介させていただく。

 このお話は、その丹波さんと大ヒット刑事ドラマ『Gメン’75』(’75年)で共演した、というより最若手Gメン・津坂真一刑事役を演じた俳優の岡本富士太さんから以前、お聞きしたお話である。丹波さんは、日本を舞台にしたこの映画で、ボンドに協力する公安のトップ・タイガー田中を演じた。当時、岡本さんは勉強・見学も兼ねて、学生アルバイトとしてこの映画の現場に参加されていた。『Gメン』以前に丹波さんと岡本さんの“出逢い”があったことに一抹の感動を覚えてしまうが、それはまた別の話ということで。

■遅刻魔の丹波さんを、コネリーさんが自ら注意しに……

 その日本ロケでの撮影現場で、丹波さんは毎朝遅刻の連続。当然、現場でも問題となり、たまりかねたコネリーさんが、主演という立場から注意を喚起しようと決意。その朝も寝坊で現場に来ない丹波さんを、彼が撮影中に宿泊していたホテルニューオータニに訪ねた。そのときコネリーさんとともに数名のスタッフも同行したそうだが、その中に岡本さんもいたという。丹波さんの部屋の前に立ったコネリーさんがコンコンとドアをノックした。

 するとガウン姿で寝ぼけ眼の丹波さんが堂々とドアを開けて出て来た。コネリーさんがすかさずクレームを入れようとすると、丹波さんはいきなりコネリーさんに抱きついて「おう! おう!! ショーン! グッモーニン!! いや、じつに楽しい、素晴らしい現場だよ。しかも今朝は主演のショーン自ら迎えに来てくれるとは!? こりゃあスグにでも現場に行かねばならんな。よし分かった。みなまで言うな。支度をしてすぐ降りて行くから。下で待っていてくれ給え!」、そう言ってドアを閉めたという。さすがのコネリーさんも呆れ顔。

「ダメだこりゃ」という表情を浮かべたが、それがほどなく失笑に変わったという。このとき、丹波さんが日本語でこう言ったのか、得意の英語で話したのかは残念ながら聞きそびれてしまったし、その後、丹波さんの遅刻癖が直ったのかどうかも聞き忘れてしまった。

 後年、先の『Gメン’75』をはじめテレビ界に活躍の場を移してからも丹波さんの遅刻は業界の伝説となったが、その話を小耳に挟むたびに岡本さんの脳裏にこのときのコネリーさんと丹波さんとのやり取りがよぎったという。「あのショーン・コネリーさんすらホールドアップさせた丹波さんに太刀打ちできる者は誰もいない」と、岡本さんは心の底でつぶやいていたそうだ。ある意味、相手を選んで遅刻しているわけではなく、世界最高峰の名優との現場でも態度を変えない……丹波さんの遅刻は天然であり、自然体。寧ろ清々しいものすら感じてしまう。このスクリーンの外での世界的名優同士の名勝負(?)を後世にお伝えしたくてここに書かせていただいた次第である。

■ヨーロッパの港町でも「タイガー田中」は知られていた

 なお、丹波さんは『007は二度死ぬ』公開2年前の’65年、和製『007』を狙った東映制作のSFスパイドラマ『スパイキャッチャーJ3』にも、川津祐介さん、江原真二郎さんとともに主演しており、『二度死ぬ』出演以前から『007』シリーズとは因縁があり、『007』への出演は運命づけられていたのかもしれない。

 これは生前、丹波さんに伺ったお話だが、自身の俳優人生で一番嬉しかったことは、『Gメン』の海外ロケ撮影の合間に、アフリカ大陸が見える、ヨーロッパ大陸突端にある港町へ行ったときのこと。そこにあった、中国人が営む中華料理屋に入ると、最初はけんもほろろ。ところが、穴の開くほど丹波さんの顔を見詰めていた店主が突然、「あんた『007』の……タイガーじゃないか!?」と中国語で叫んだという。それからは下へも置かぬもてなしとご馳走攻め。「こんなアフリカ大陸にほど近い、ヨーロッパの片隅の港町にまで『007』の名前が響き渡っていようとは!? いや、つくづく『007』に出て良かったと思ったね」と語る丹波さんの笑顔が忘れられない。

 やはり月並みな締め括りで恐縮だが、今頃、天国のドアをノックしたコネリーさんを、丹波さんが大袈裟なジェスチャーで出迎えているのかもしれない。イギリスと日本の二人の名優を偲んで、『007は二度死ぬ』を観直してみようと思う。

(岩佐 陽一)

関連記事(外部サイト)