「ジャンプ」からスポーツ漫画が消えた日――『ハイキュー!!』連載終了で起こった“事件”

「ジャンプ」からスポーツ漫画が消えた日――『ハイキュー!!』連載終了で起こった“事件”

JR新宿駅構内には最終巻発売を記念した交通広告も ©文藝春秋

 2020年はスポーツ界にとって大きな苦難が続く年となっている。

 もちろん最大の理由は新型コロナウイルスの影響だ。

 東京五輪をはじめ、多くの大会が延期や開催見合わせとなり、選手だけでなく各競技のファンたちにとっても大きな影を落とすこととなった。

 ただ、そんな世界的な情勢に加えて、個人的にもうひとつ大きな衝撃を受けたのは今年7月のこと。

 それは、「週刊少年ジャンプ」で連載されていたバレーボール漫画『ハイキュー?』の連載が終了したことだ。今月4日には作品の集大成として最終巻となる単行本45巻も発売になっている。

■『ハイキュー?』連載終了で起こった“事件”

 もちろん『ハイキュー?』はそれ自体が人気作品ではあり、その終了は残念ではあったのだが、それ以上にインパクトがあったことがある。

 それが、その連載の終了を以て「ジャンプ」連載陣からスポーツ漫画が消えたということだった。これは1968年に雑誌が創刊されて以来、50年を越える同誌の歴史の中で初めての出来事である。

「最近はコミックアプリやウェブ漫画の隆盛もあって、これまでほど各漫画雑誌のブランドが強調されている時代ではないのですが、それでもやはり『ジャンプ』だけは別格です。だからこそ、その『ジャンプ』から“少年漫画の看板”ともいうべきスポーツ漫画がなくなってしまったのは残念ですね」

 そう他社の漫画雑誌編集者が残念がるように、これまで多くの人気作を輩出してきた「ジャンプ」からスポーツ漫画が消えたという事実は、漫画界にとって大きな出来事だった。もちろんスポーツ漫画というジャンルのファンにとっても悲しいことだったと思う。

 ただ、この事実は、単にエンタメ界での影響だけにとどまらない可能性もあるのだ。

 なぜなら、極端な言い方をすれば、現実世界のスポーツにおいても「人気」と「実力」の一定部分は漫画作品の隆盛にかかっていると言っても過言ではないからである。

■「ジャンプ」で連載されたスポーツ漫画の歴史

「70年代以前はスポーツの中でも野球の人気が圧倒的でした。それもあってスポーツ漫画といえば『ジャンプ』でもほとんどが野球漫画だった。それから80年代に入ってJリーグの開幕に向け、サッカー人気が高まっていくのと合わせて『キャプテン翼』などのサッカー漫画も出始めたんです。

 90年代に入ってからは野球とサッカーだけでなくテーマとなる競技も多岐に渡るようになってきました。ただ、いずれも前提にあるのは『その競技そのものの人気がある』ということで、それを受けて連載が始まり、連載の影響でさらに競技人口も増え、漫画と前後してリアルでも有名選手が出てくるという好循環ができていたということです」(前出・漫画雑誌編集者)

 例えば90年代に爆発的な人気を博したバスケットボール漫画の『SLAM DUNK』のヒットの下地には、当時のマイケル・ジョーダンを中心としたNBA人気があった。そして、その連載中には国内のバスケットボール競技者数を顕著に増やしている。

 連載開始となった90年から競技者数は増え続け、連載終了前年の95年には20万人以上を増員して史上最多となる102万人まで競技者数を増やしている。そして、そんな中から日本人初のNBAプレーヤーである田臥勇太や竹内公輔・譲次兄弟といった、長らく日本代表を支えてきたレジェンドたちが生まれてきたのである。

 一方で、この割を食った形になったのが同じ体育館でやる球技としてのバレーボールだった。特に90年代の後半からは男子バレー部員の減少は顕著で、その流れは2010年頃まで続く。そしてその流れは代表チームの成績低迷ともリンクしていた。

 そんな風潮を打ち破る原動力になったのが前述の『ハイキュー?』で、2012年の連載開始直後から中高の男子バレー部員数が増加に転じている。

 そして連載中には時を同じくして、石川祐希や柳田将洋、西田有志といった現代表を支えるヒーローも登場し、昨年のW杯では28年ぶりに4位に食い込む健闘も見せた。

■人気作とリアルスポーツとの関連とは?

 他にも振り返ってみれば、競馬漫画『みどりのマキバオー』が連載されていた1997年にはサニーブライアンやマヤノトップガンら人気馬の活躍もあり、JRAが史上最高売上げとなる4兆円超えを記録しているし、相撲をテーマにした『火ノ丸相撲』が連載中だった2017年は稀勢の里が19年ぶりに日本人横綱に昇進。大相撲人気が最高潮に達した時でもあった。

 そう、人気作のヒットの背景には、それと前後したリアルスポーツの隆盛もあるのである。

 だからこそ、いまその人気漫画の1丁目1番地ともいうべき『ジャンプ』からスポーツ漫画が消えたという事実は、意外にコワい現実を示唆している。

 つまり、少年少女が“憧れるスポーツ競技”はどこへいったのか?――ということだ。

 これまで述べたように、漫画の影響力というのは特に若年層には非常に大きく、ある意味でリアルの競技選手以上に少年・少女たちに“憧れ”を抱かせる。

 そして彼らはそういった“憧れ”からスタートして、競技を始めるのだ。もしいま、その原点が無くなっているとするならば、それは由々しき事態なのではないだろうか。

■実は“鬼門”のスポーツ漫画というジャンル

 もちろんそこには単純な競技そのものの人気以外にもスポーツ漫画というジャンルの持つ特性もあるという。

「スポーツ漫画というのは人気作品が多いイメージがあるかもしれませんが、実は漫画編集者にとっては“鬼門”のジャンルなんです。簡単に言うと、決して売れ線の分野ではない。90年代以降だと単巻で初版100万部を超えた作品は『SLAM DUNK』と『黒子のバスケ』、『H2』しかなく、それだけハードルが高いジャンルと言えるんです。昨今出版不況が囁かれるなかで、メガヒットを出しやすいファンタジーなどのジャンルの作品に目が向きやすくなるのはしかたないことなのかもしれません」(同前)

 ただ、それでもスポーツ漫画が持つ独特の魅力を感じている編集者も多い。

「やっぱり少年漫画の編集者になった以上は、スポーツ漫画には憧れます。ある意味での社会貢献というか、読者の少年・少女にストレートに夢を与えることができる。スポーツ漫画を起こせてはじめて『自分は少年漫画の編集者になったんだなぁ』と思えた気がしましたから」(別の漫画雑誌編集者)

 そんな風にある意味での「内輪人気」は高いジャンルだけに、スポーツをテーマにした新作が続かないという現実は、漫画界の“外”の世界の影響も無視できないような気がするのだ。

■新たなスポーツ漫画登場のために期待すること

 ここのところ東京五輪の延期というネガティブ要因も相まってか、各競技から良いニュースだけでなく、アスリートの人間性が問われるような報も多く耳にする。

 いうまでもなく、多くの少年・少女が憧れ、その競技に打ち込みたいと思ってくれることこそが、競技全体のレベルアップには欠かせない。そしてスポーツ漫画の存在というのは、その“憧れ”のバロメーターともいえるのではないだろうか。

 だからこそ、少しでも早く「ジャンプ」にスポーツ作品が帰ってきてほしい。そして、それに見合う魅力を備えた競技や選手が出てくることを願うばかりである。

(山崎 ダイ)

関連記事(外部サイト)