《日本シリーズ開幕》江本孟紀が激白「巨人の勝機は“セオリー無視”の盗塁采配にあり」屈辱の4タテから1年

《日本シリーズ開幕》江本孟紀が激白「巨人の勝機は“セオリー無視”の盗塁采配にあり」屈辱の4タテから1年

原辰徳監督 ©文藝春秋

 21日に今年の日本一を決める「日本シリーズ」が開幕する。最大の焦点は昨年なすすべなく4連敗して敗れた巨人が、4連覇を目指すソフトバンクを相手にどう戦うかだろう。そこでポイントとなるのが、今年、川上哲治氏の持つ監督通算勝利数1066勝を抜き、巨人歴代1位となった原辰徳監督(62)の「采配力」だ。今年は8月6日の阪神戦で増田大輝内野手を投手としてマウンドに上げるなど思い切った決断をし、賛否両論を巻き起こした。

 果たして、原監督はこのシリーズでどんな采配を振るうのか。野球評論家の江本孟紀氏が原監督の「名将」としての器を野村克也氏や星野仙一氏ら歴代の名将と比較して話題の『 監督 原辰徳研究 この「名将の器」に気付かなかった面々へ 』(徳間書店)から、今シリーズの原采配を読み解く「カギ」となる部分を転載する。

◆ ◆ ◆

■ソフトバンクに4タテされた2つの理由

 幾多の修羅場を乗り越えてきた選手が必ず持っているもの、それは大舞台慣れした経験だ。昨年の日本シリーズでの巨人は、ソフトバンクになすすべなく4タテされて終わってしまった。戦前の予想ではソフトバンク優勢の声が多かったとはいえ、あのときの巨人は目も当てられないほど弱かった。

 なぜここまで圧倒されてしまったのか。それには2つの理由が考えられる。

■巨人の大黒柱・菅野智之の不調

 1つは菅野智之の不調である。菅野は言わずと知れた巨人の大黒柱でもあり、原監督の甥である。けれども、原監督は選手への接し方が柔軟になった一方で、菅野に対しては厳しく当たっている。原監督自身、高校・大学時代は監督だった父・貢さんに厳格に接してこられていたからこそ、身内である菅野にも厳しくしているのだ。

 それを象徴するのが、昨年6月23日のソフトバンク戦。勝てば交流戦の優勝が決まるという大一番で、菅野は1回4失点で降板し、原監督の逆鱗(げきりん)に触れた。その後も度重なるリタイアで、「職場放棄」とまで揶揄された。ファンからしてみれば、「長年チームに貢献してきたのに、なぜそこまで厳しく言うのか?」と思うところだろうが、菅野は今の野球界でトップの年俸(6億5000万円)をもらっている選手だ。つまり、これまでの苦言の数々は、

「高い年俸をもらっているのだから、それに見合った働きをしろ」

 という原監督流の檄だとも言い換えられる。

 けれども菅野は最後の最後まで復調しなかった。クライマックスシリーズを回避して、日本シリーズの第4戦でどうにか復帰登板を果たして試合の形は作ったものの、チームの勝利には貢献できなかった。彼が本来の調子であれば、登板すべき試合は第1戦であり、山口俊には申し訳ないが、彼は巨人の中では第2戦に投げるべきピッチャーなのである。それができなかったところに、巨人の弱い部分が露呈されたと言っていい。

■誰が抜けても好循環 「季節労働者」のようなソフトバンク

 もうひとつの理由は、ソフトバンクが日本シリーズ慣れしているからに他ならない。

 ソフトバンクは2011年以降、日本シリーズに6回進出してすべて日本一になっている。ここ最近のソフトバンクの戦い方を見て、私は「まるで季節労働者のようだ」と評したことがあったが、誰かがケガで戦列を離脱しても、別の選手が活躍し、また誰かが戦列を離れても、さらに別の選手が活躍するといった、好循環が生まれていた。そうして最後の最後となる日本シリーズで全員が揃って復帰したのだから、力の差は歴然だった。

 これに対して巨人は、日本シリーズに進出したのは13年が最後で、このとき戦ったメンバーといえば、阿部、坂本、菅野、澤村、そして亀井善行の5人しかいない。ルーキーと途中入団の選手以外、全員が日本シリーズに出場しているソフトバンクと、生え抜きでは5人しか日本シリーズを経験していない巨人とでは、経験値がまったく違う。それだけにソフトバンクに完敗したのは、当然のことだと言える。

■「日本シリーズを勝つには、相当実力をつけなければいけない」

 このことは、もちろん原監督も理解しており、こうコメントしていた。

「日本シリーズを勝つには、相当実力をつけなければいけないということが、みんなわかったと思います」

 プレッシャーのかかる場面で、ミスを連発した。とくに第2戦と第4戦で山本泰寛が犯したミスは、そのまま失点に直結した。また、ルーキーの戸郷翔征も、第3戦でリリーフ登板したものの、フォアボールに加えて自らのエラーで自滅し、いいところなく終わってしまった。プロで抑え切った経験のない戸郷をこうした大舞台で起用すること自体、巨人は戦力が足りていなかった証拠と言えるが、この経験によって若い選手がどれだけ成長するのかも、今年以降のカギとなるのは間違いない。

■原監督が注目するのは選手の「目力」

 原監督が実績のない選手を起用するとき、どこを見ているのか。

 それは技術ではなく「心の強さ」である。もちろん、心は目に見えるものではないから、別のところで判断する。原監督が注視するのは選手の「目力」だ。

 一軍に抜擢される選手は、当然のことながら高い技術力は兼ね備えている。だが、「ここを乗り切れば試合に勝てる」という究極の場面で、腹をくくれない選手、オドオドとして不安そうな選手に対しては、技術はあっても厳しい評価が下る。「この場面は一か八かの勝負なんだから、思い切っていくぞ!」という強いハートを持った選手を、原監督は高く評価していた。

 だが、それでも失敗することはある。強いハートはあっても、ピンチの場面でエラーをすることはあるし、チャンスの場面で三振をしてしまう者もいる。しかし、こうした失敗に関して、原監督がとやかく言うことはまずない。

■失敗自体は問題ない。大切なのは「失敗したあとの姿」

 彼が問題視するのは、「失敗したあとの姿」だ。失敗してベンチに戻ってきたとき、いかにも落ち込んでいるような選手には、次のチャンスは巡ってこないと思ったほうがいい。「クソッ、二度と同じミスはしないぞ!」と闘志を剥き出しにして、ギラギラした目をしている選手、もしくは失敗の翌日にチームの誰よりも早くグラウンドに入って練習している選手。こうした選手を原監督は評価する。

 以前、原監督にインタビューしたときにこんなことを言っていた。

「失敗は誰にだってあるんです。もちろん私にだってある。人間である以上、失敗をしないなんてことはあり得ません。

 大切なのは『失敗した後の姿』なんです。いつまでもウジウジ落ち込んでいるようではダメ。その失敗をどうやったら取り返すことができるのか。このことを考えられる選手を、私は評価しますね」

■坂本勇人の野球に取り組む姿勢

 原監督の下で最も成長したのは、坂本勇人であることに疑う余地はない。昨年、5年ぶりに全試合に出場し、右バッターとして球団最多となる40本塁打を打ち、ショートとして史上3人目のMVPを獲得した坂本だが、試合に出始めてからの数年間は、失敗の連続だった。それを補ったのが、日々の地道な練習だ。坂本は誰よりも早くグラウンドに姿を現し、守備にバッティングに、足りないところを少しずつ埋めていったからこそ、今日の姿がある。

 原監督は常日頃から、

「誰となら失敗しても悔いを残さないか。またそう思えるほどの信頼関係はどこから生まれるのか。それは日頃からの練習や生活態度、野球に取り組む姿勢に表れるものであって、指導者はその部分を逃さず見ていなければならない」

 と話している。練習を重ねていけば、技術はあとからついてくる。だが、いかなる状況においてもめげない「心の強さ」は、本人が意識しない限りついてこない。そうした心の強さを持っている選手こそが、一流の階段を駆け上がっていけるということを原監督は知っているのである。

■試合の終盤で盗塁を仕掛ける根拠とは

 原監督の戦術について考えてみたい。彼は試合の終盤で盗塁を仕掛けてくることが多いが、その背景にはこんなエピソードがあった。

 今から46年前、東海大相模高の三塁手・原辰徳は、1年生ながらレギュラーとして夏の甲子園に出場していた。このときの対戦相手は、この年の高校球界でビッグスリーと騒がれ、のちに阪神で私と同じ釜の飯を食うことになる、工藤一彦擁する土浦日大だった。

 試合は1対2で東海大相模がリードされたまま、9回裏2アウト一塁という場面になった。するとこのとき、父の原貢監督から「走れ」のサインが出た。負けたら終わりという切羽詰まった状況での盗塁のサインである。セオリーとは明らかに異なるサインに、選手全員が「ええー!?」と仰天したそうだ。

 猛烈なプレッシャーがかかる中だったが、一塁ランナーは二塁を陥れて盗塁に成功した。これに続いたバッターがセンター前にタイムリーヒットを放って同点にして、試合を振り出しに戻したのだ。結果、延長戦となって以後、東海大相模が16回裏に見事、サヨナラ勝ちを収めた。

 このときの勝利に関して原監督は、「盗塁という作戦の威力を知ったことが大きかった」と述懐している。本書の第2章で触れた、広島のスカウト統括部長の苑田さんの弟も「原貢さんの野球は終盤に逆転が多い」と話していたが、その裏にはこうした戦術を用いて、形勢逆転する試合が多かったからなのだろう。

 今から12年前の東京ドームでの楽天戦。4対2で楽天がリードしたまま9回2アウト一塁という場面で、原監督はランナーの矢野謙次に対して盗塁のサインを出したものの、二塁で憤死して試合終了となったことがあった。これに対して、当時の楽天監督だった野村さんは、こう語っていた。

「1点差ならわからないでもないが、矢野が勝手に走ったんじゃないか。普通は監督は走らせないからな」

■この場面の盗塁はギャンブルでもなんでもない

 皮肉交じりの弁だが、ランナーが走ってアウトになれば試合終了という場面で、相手バッテリーに「盗塁のサインはない」と考えていたからこそ、原監督はセオリーに反してあえて走らせたのだ。

 それでチャンスを広げられれば、いずれ打開策が見いだせるのではないか。だから、この場面の盗塁はギャンブルでもなんでもないと、原監督は考えていた。

 このときと同じようなシーンは、2019年のシーズンでも見られた。8月24日の東京ドームでのDeNA戦のこと、試合は6対6のまま延長11 回裏の巨人の攻撃を迎えた。先頭の重信慎之介がライト前ヒットで出塁すると、次のバッターとなる田口麗斗に代打を出さずにそのままバッターボックスに立たせた。

 普通、この場面でピッチャーの田口を迎えたならば、DeNAの首脳陣は「バントだ」と判断するだろう。だが、マウンドのエドウィン・エスコバーが初球を投げると、田口はバットを引いてボール。エスコバーがさらに次の1球を田口に投じたタイミングに、重信は二塁へスタートを切った。キャッチャーの嶺井博希からセカンドへの送球はショート側に大きく逸れて、重信は見事に盗塁を決めた。

 この直後、原監督は主審に代打を告げて、田口から石川慎吾へスイッチした。カウント3ボール・2ストライクからエスコバーが投げたストレートをとらえ、ボールは右中間に大きな放物線を描き、石川はプロ入り初となるサヨナラホームランを打つことができたのだ。

■セオリーより重信の盗塁を最優先

 実は重信が一塁に出たとき、2つのセオリーがあった。

 1つは「田口をバッターボックスに立たせるのならば、送りバントのサインが出るだろう」という読みがあること。もう1つは「田口を迎えた時点で、石川を代打に送ること」だった。

 どちらも正攻法だが、原監督の対応は違った。田口に送りバントをさせずに、なおかつ石川をすぐには代打に送らなかった。あくまでも重信の盗塁を最優先する作戦であり、それが決まれば次の手を打つ、という方法に出たのである。

 もし石川が仮に凡退したとしても、次に控えていたのは2番の坂本、3番の丸、4番の岡本和真と、一番信頼できるクリーンナップだった。だからこそ、「まずは一塁ランナーを盗塁で二塁へ進めてしまおう」と考えたのだ。

 これが他の監督であれば、おそらくセオリー通りの作戦を進めていたことだろう。盗塁の威力を高校時代にまざまざと見せつけられた原監督だったからこそ、実行できた作戦だったのである。

(江本 孟紀/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)