少年ジャンプ的なアツい展開も… 「心霊ドキュメンタリー」界隈が、いま“祭り”状態のワケ

少年ジャンプ的なアツい展開も… 「心霊ドキュメンタリー」界隈が、いま“祭り”状態のワケ

第2弾は“謎の念写写真”の秘密を追うストーリー!!

“心霊ドキュメンタリー”というジャンルがある。

 視聴者から寄せられた“霊を収めた投稿映像”や、その映像の一部をディレクターたちが取材するという構成が主流のホラービデオ作品の通称だ。「おわかりいただけただろうか……?」といったキャッチフレーズと、リプレイ映像でご存知の方もいるだろう。

 そんなジャンルで今“祭り”が起きているのだ。

 映画監督の寺内康太郎が、CSチャンネルのエンタメ〜テレとタッグを組んだ連続ドラマ『心霊マスターテープ』は、2020年1月11日に放送が始まるや、メーカーの垣根を超えて同ジャンルの人気ディレクターたちが集結する内容で人気を博した。

 その見所は、『Not Found -ネットから削除された禁断動画-』、『心霊玉手匣』、『ほんとうに映った! 監死カメラ』、『心霊×カルト×アウトロー』、『心霊盂蘭盆』などの有数タイトルに登場するディレクター陣の大集結だろう。また、その記念碑的な感動もさることながら、自分の好きな作品を入り口に本作に入れる構成も巧みであり、物語自体も“怪異は時代もメディアも超えて存在し続ける”という、恐ろしく、かつファンに寄り添うような着地で感動を呼んだ。

 同ジャンルファンにとっては“心霊版アベンジャーズ”のような作品だったのだ。

 そんな話題作の第2弾が、2020年の12月12日から放送開始される。そこで仕掛け人である寺内監督に、制作の裏側について伺った。

(取材・構成 TND幽介〈A4studio〉)

■『心霊マスターテープ』は寺内監督を業界に繋ぎとめた奇跡の一作

――2020年の1月から放送された第1弾『心霊マスターテープ』ですが、どんな経緯で制作しようと思われたのですか。

寺内 はじまりは2018年頃に、漠然と心霊ドキュメンタリーの監督を集めて何かしたいと思いついたことです。実はこの頃、作ってきた心霊作品の打ち切りが相次ぎ、歯痒い想いを抱いていました。正直、このまま心霊業界とはお別れか……との考えもよぎっていて、遺言的な意味合いで“心霊のおもしろさ”を伝える本作を撮ろうと思ったんです。当初は映画として本作を進めていたのですが、相談していたメーカーの担当者さんが替わってしまい、事実上『心霊マスターテープ』の企画はお蔵入りになってしまったんです。

――本シリーズは、異なるメーカー同士の作品に登場する監督たちをコラボさせたことや、同ジャンルでは珍しく“フィクション”と銘打ったことも話題になりました。どのようにして実現に至ったのか非常に気になるところです。

寺内 これは“奇跡”の連続でした。先に説明した経緯もあり、制作を決意してから数年経ってしまった頃に、放送局のエンタメ〜テレさんの担当者さんと会うことがあり、その方が僕とほぼ同じアイディアを持っていて、すぐ制作のオファーを頂いたんです。

 そのときに、オリジナルドラマを作りたいという局の意向に則る形で“フィクション”というスタイルになりました。ここには、ビジネス的な挑戦として“心霊ドキュメンタリーを広く見せる”意図もあり、ドラマという媒体にはそれを叶えてくれる期待があったんです。

 実際に動き出してからは、台本を書きながらコラボ実現に向け各メーカーを駆けずり回る日々でしたね。企画段階で、親交のあった岩澤宏樹監督、古賀奏一郎監督、福田陽平監督は協力を約束してくれましたが、問題は彼らが登場する作品を手掛けるメーカーです。本作が通常の心霊DVDメーカー制作であれば、当然ライバル社同士なので実現は不可能だったと思います。

 ただ、幸運なことに本作はその利害関係外のCSチャンネル制作だったわけです。最初に心霊メーカー界の雄・アムモ98さんから快く協力OKのお返事をいただけたので、アムモ98さん制作の作品を演出している岩澤監督、古賀監督は「ゲット!」できました。

 その後、繋がりのなかった若手ホープの谷口猛監督が、熱意の一致で参戦してくれたことなどを経ながら、2ヶ月ほどかけて各メーカーさんを口説き落としました。

 最後の難関は、“心霊ドキュメンタリーの始祖”である中村義洋監督です。中村監督には物語の根幹に関わる役柄を想定していましたが、各メーカーさんを押さえるまで声はかけず、最悪ダメなら似た人で代役だ! と最後に玉砕覚悟でお声がけしたところ、「フィクションならいいよ」と出演を快諾してくれました。このときは家で両手両足を大の字に広げて喜びましたね(笑)。

■第2弾には『コワすぎ!』や、セミプロ『禍話』なども参戦

――そんな苦労の末、見事前作をヒットさせて第2弾が実現したわけですが、それについての率直なご感想は?

寺内 もちろん、嬉しいという感情が一番です。ありがたいことに1作目は、エンタメ〜テレさん史上でも最大の反響があったそうで、世界配信にもこぎつけました。見た人が毎日のようにTwitterで感想を呟いてくださり、その熱量が第2弾の決定材料になりましたね。また、このヒットのおかげで心霊業界を去らずに済みましたし、第2弾は寝かせているアイディアを実現できると思ったからこそ引き受けました。

――今回の第2弾では視聴者が参加するネット上での公開生収録も話題になりました。

寺内 僕は“心霊ドキュメンタリー”というジャンルは、安っぽい意味じゃなくて本当に“視聴者と共存している”と思っています。僕の作品にはよくニコ生民たちを巻き込んだ展開がありますが、コメントの力によってグッと物語がおもしろくなるんですよね。それを視覚的に見せられるのが“視聴者参加の公開収録”という形なんです。正直に言うと、僕は自分以上に視聴者さんをうまく活用している監督はいないと思っています(笑)。

――第2弾では白石晃士監督の人気シリーズ『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』の参加も話題になりましたし、怪談ツイキャスの『禍話』といった、いわゆるセミプロ勢の参戦も注目を集めましたね。

寺内 『コワすぎ!』シリーズも加えるということに関しては、エンタメ〜テレさん側のアツい要望がありました。個人的には、同作が他シリーズと比べてフィクション度強めなことに戸惑いもありましたが、ビッグネームのシリーズでもありますから、そこは乗り越えてやろう! と。いまや引っ張りだこの白石監督ですが、快く許可してくださって、今回、劇中に登場する“ヤバすぎ!”というパラレルワールド的なキャラ設定も「やりやすいように」と白石監督から提案いただきました。

『禍話』さんなどのセミプロ勢に関しても、実は1作目から出てもらいたい構想はあったんですが、最初は有名心霊ドキュメンタリー作品を押さえようと温存しておきました。なので、2作目の今回で満を持しての登場ですね! こうした方々をオファーしたのは、純粋にホラークリエイターとしてのリスペクトからで、“心霊ジャンル”を次の時代に繋げて欲しいという願いがあるからです。

 ちなみに、“次の時代”で言うと、前作のラストに登場してもらったYouTuberの『ゾゾゾ』さんは、出ていただきたい構想はあったのですが、今大人気の彼らに古株が声をかけるのもおこがましいかな……と自重していたんです。けど、彼らと繋がりのあった谷口監督が「出てもらいましょうよ」と言ってくれて、それがきっかけで出演交渉したところ、ディレクターの皆口さんが熱心な心霊ドキュメンタリーファンということもあり、快諾していただけました。彼らの出演によって前作のラストは“心霊ドキュメンタリーを若手に託すような余韻”が出せましたね。第二弾にも登場してもらっているので要チェックです。

――本作には新人アシスタント役で、アイドルの涼本奈緒さんが前作に続いて登場していますが、このジャンルの魅力のひとつとも言われる女性アシスタント(演出補)についてどう思われますか。

寺内 本音を言うと、僕はアシスタントの魅力は男女関係ないものだと思っています。ただ、1作目のときにあえて涼本さんのオーディションシーンを入れたのは、「本当はべつにかわいい女の子じゃなくてもいいのに、アシスタントはかわいい子が多い」という“業界あるある”の実態を説明しておきたかったからなんです(笑)。

■第二弾制作時のこぼれ話&寺内監督が目指す“世界”とは……

――第2弾撮影時のこぼれ話などあれば伺えますでしょうか。

寺内 1作目のときは世間の期待もなかったので監督たちはのびのびやっていたんですが、今回はみんな妙に緊張して撮影時に気持ち悪そうな顔をしていましたね。ちなみに耐えられなくなったのか、最初に「緊張する……」と口に出したのは古賀監督です(笑)。本当は気の弱いおじさんの集まりなんですよ!

――最後に、作品を楽しみにしている方に向けてメッセージをお願いします。

寺内 心霊は“いる”と明言できないからこそ興味が尽きないものですし、それゆえ霊感商法的に悪用もできます。そんななかでポジティブな方向で応用しているのがこのジャンルだと思うので、今回の第2弾は心霊ジャンルに明るくない人にもぜひ見てみて欲しいです。前作がハマらなかった人もきっとハマる「少年ジャンプ」的なアツい展開も待ってますよ……。

INFORMATION

『心霊マスターテープ2 〜念写〜』
2020年12月12日(土)夜9:00〜放送開始
https://www.entermeitele.com/horror/shinrei_mastertape2020.html

『心霊マスターテープ』
Amazonプライム・ビデオ、Amazon Prime Videoチャンネル「エンタメ〜テレ☆バラエティ オンデマンド」( http://u0u1.net/0oJs )にて全話配信中。

(A4studio)

関連記事(外部サイト)