《MISIA落馬事故》乗馬歴10年のベテランだったが、「NEWS23クルーの動きに反応した可能性」

《MISIA落馬事故》乗馬歴10年のベテランだったが、「NEWS23クルーの動きに反応した可能性」

MISIAさん ?時事通信

「本当に一瞬の出来事でした。MISIAさんを乗せた馬がゆっくり歩行している状態から、急にスピードを上げて勢いよく走りだしたんです。MISIAさんは10年以上乗馬の経験がありますが、それでも振り落とされて、2メートル近い高さから地面に叩きつけられる形になった。倒れている彼女が馬に踏まれないように、乗馬クラブの方がすぐに救助に入りましたが、激痛が走っていたはずの本人は『大丈夫、大丈夫』と周囲に心配をかけないように話していました」(TBS関係者)

 大晦日の「第71回NHK紅白歌合戦」に3年連続5回目の出場が決まったばかりの歌手・MISIA(42)を突如襲った落馬事故。背中の胸椎棘突起(きょくとっき)部を骨折する全治6週間のケガを負い、予定されていた12月5日(神戸)、6日(大阪)のクリスマス・チャリティーライブは公演中止になった。

 問題の事故は11月15日午後、TBSの報道番組「NEWS23」のロケ中に起きた。長年にわたって知的障害者の支援をする組織「スペシャルオリンピックス」と交流を持つMISIAを、同番組が取材。関東郊外の乗馬クラブで障害を持つ選手たちと馬術競技で交流する様子の収録中だった。前出の関係者が続ける。

■TBSクルーは指示を受けていたが……

「その日は、健常者と障害者が触れ合うプログラムとインタビューの撮影を行う予定でした。事故が起きたのは、1つめのプログラムの途中です。馬に乗った状態で、並んだカラーコーンの間をジグザグに進んでスタート位置に戻ってくる速さを競うゲームでした。

 事前に乗馬クラブのトレーナーの方からTBSの撮影クルーに『ガンマイク(長い棒の先に設置されているマイク)を馬が見ると驚くこと』『光やライティングも馬に向けないように』『馬の前で走らない』などの指導を受けていました。

 レースは3回行われ、2回目までは問題なく進んだのですが、3回目の時に馬が急に走り出してしまった。次のインタビュー撮影のセッティングをしているクルーもいて、乗馬クラブのトレーナーの方は『撮影クルーの動きに馬が反応した可能性がある』と話していました。出血はありませんでしたが、事故後すぐに待機室に戻って打撲箇所に湿布などを貼る応急処置を1時間ほど行いました。MISIAさんはその間も、一緒にレースをしていた障害者の女の子がショックを受けていないか、動揺していないかと心配していました。撮影の中止も検討したのですが、本人の強い意向もありインタビューまで撮影してロケは終了しました」

 その日はそのまま都内の自宅へ戻ったが、激しい痛みから翌日に病院で診察を受けた結果、背骨の第6、7胸椎棘突起部の骨折の重傷と診断された。第6、7胸椎はちょうど肺の裏側にあたる。現在のMISIAの容体について所属事務所は「絶対安静の状態」と話す。

「入院はしていませんが、自宅で絶対安静と言われています。コルセットで胴体を固定していますがそれでも痛みがあるようです。ゆっくりとは歩けますが日常生活に支障がある状態で、事務所スタッフが身の回りの世話をしています。会話は問題ありませんが、歌は全身を使うので今すぐにというわけにはいかないと思います」

 今回の落馬事故を受けて、TBSは11月19日の「NEWS23」冒頭で、インタビュアーとして現場に居合わせた小川彩佳キャスター(35)が「口にはしませんでしたが、きっと痛みに耐えながら懸命にお話ししてくださったんだと思います。このようになってしまったこと心苦しく申し訳なく思っています」と深々と謝罪。それでも、収録した当日のインタビューは近日中に放送される予定だという。

 今回の事故に関連して紅白歌合戦への出場の可否も注目されていたが、NHKは事故から4日後の11月19日に「降板は検討しない」と早々と発表した。全治6週間は紅白に間に合うタイミングとしてギリギリだが、NHKもMISIAも出場への意志は固い。その裏には、MISIAと紅白の強いつながりがある。

■デビューから10年以上音楽番組に出なかった

 紅白のキャスティングにも詳しい芸能関係者が説明する。

「MISIAさんは19歳だった1998年に『つつみ込むように…』でデビューすると、ドレッドヘアに5オクターブの音域を誇る美声ですぐに人気になりました。彼女の日本人離れした歌声は福岡の高校在学中から評判で、吹奏楽部でボーカルを担当していたこともあります。17歳からは黒人のトレーナーに教わっていたそうです。

 そして2000年にリリースした『Everything』が、松嶋菜々子さん主演のドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)の主題歌にもなり200万枚以上のメガヒットを記録。それでも一貫してテレビ出演を断っていたので、MISIAさんの素顔はベールに包まれていました。そんな彼女が初めてテレビの音楽番組に出演したのが、2012年の紅白歌合戦なんです」

 34歳で初出場した2012年の紅白歌合戦では、番組史上初となるアフリカからの生中継で出演。アフリカ南西部ナミビア共和国の、気温50度を超える砂漠から熱唱した。デビューから10年以上出ていなかったテレビへの出演を決めた陰には、MISIAのライフワークともいえるチャリティ活動への熱意があった。

「今年で紅白出場は5度目ですが、彼女の音楽人生の中で2012年の紅白初出場は一大転機でした。MISIAさんは両親と兄、姉が医師という家庭で育ったこともあって、チャリティの意識がとても強い。2010年に社会貢献の受け皿となる一般財団法人『mudef』を立ち上げて以来、自らも理事として世界の子供たちや医療従事者の支援活動を続けています。2012年はアフリカ開発会議のオフィシャルサポーターになった年でもある。紅白に出場を決めたのも、自分の歌がテレビで多くの人に届くことで、支援の輪が少しでも広がればと考えたからだそうです」(同前)

■紅白で見せた衝撃のレインボーフラッグ

 2019年の紅白のステージでも、MISIAが歌う際の演出に性的マイノリティであるLGBTQを象徴するレインボーフラッグが使われ、話題になった。MISIAはTBSラジオでも「LOVE RAINBOW TRAIN」というLGBTコミュニティ文化を発信する番組を持っているが、視聴率が40%近い紅白歌合戦のインパクトは桁が違う。

「MISIAさんは社会問題への意識が強く、国による格差も、障害を持った人々も、性的な多様性についても、なんとか力になりたいと普段から話しています。今回のTBSの企画も、彼女が『スペシャルオリンピックス』という知的障害者のスポーツ活動を2014年から応援していることで実現したもの。11月にリリースしたアルバムも『こんなコロナの世の中だから、利益より子供たちを少しでも笑顔にしてあげられる作品ができたらいいよね』と売り上げの一部を寄付することを決めています。

 なので落馬事故があった後も、それで放送が無くなってしまえばスペシャルオリンピックスを人々に知ってもらう機会が失われると、そちらの心配をしていたそう。紅白でも昨年のレインボーフラッグのような、革新的な演出を準備していたはずです」(同前)

■「どんなパフォーマンスが可能かを検討中」

 MISIAは今年の紅白で何を訴えるのか。出場はどれほど現実的なのか。所属事務所に問い合わせると前向きな回答が返ってきた。

「NHKさんからオファーをいただいて、出場歌手として発表いただいているので、治療に励んでいくとしか言えない状態です。歌う曲はまだ決まっていません。演出などを話し合う前に事故が起きてしまい、現状でどんなパフォーマンスが可能かを検討中です」

 12月上旬の関西でのライブは中止になったものの、12月19〜20日の東京でのコンサート、24、25日のディナーショーは現状では実施予定。紅白でのパフォーマンスと合わせて年末のMISIAは注目度が高まりそうだ。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)