2020年は最高だった……なぜならファイターズに上沢直之が帰ってきたのだから

2020年は最高だった……なぜならファイターズに上沢直之が帰ってきたのだから

左膝骨折から復帰を果たした上沢直之

 ベイスターズとの文春日本シリーズなので、もしかしたらベイスターズファンの方も読んでくださってるかも知れない。HITボタンは押さなくて結構だから日ハム馬鹿の話を聞いてくれ。今年はコロナで色々あったけど僕らには最高のシーズンだったんだ。順位が5位だったなんて本当はどうでもいいんだ。野球の神様にいくら感謝しても足りない。

 札幌ドームのマウンドに上沢直之を返してくれたんだ。

■強烈な打球がヒザに… 上沢を襲ったアクシデント

 覚えているだろ。去年の6月18日、ハマスタ、交流戦のDB-F戦1回戦。ベイスターズ先発は平良拳太郎、うちはエース上沢だ。上沢はね、初めて開幕投手を務め、エース格を手にしたシーズンだった。ハムには有原航平がいるじゃん。「ダブルエース」って便利な言い方もあるけれど、ここはプライドとプライド、火花の散るところだ。上沢はキャリアで初めて有原の上に立ったんだ。もしかしたら首脳陣にはそれで有原の負けん気に火をつけようって狙いもあったかもしれない。6月中旬までのところ有原は抜群の出来だった。上沢は夏場へ向けて調子を上げつつあるタイミングだった。僕らはその後、「上沢vs有原」がどこまでバチバチやるか楽しみにしていたんだ。

 だけど、あの試合でアクシデントが襲う。6回裏2死、バッターは好調のソト。2球目の変化球をセンター返しした。強烈な打球だ。脚に当たって、上沢が転倒する。跳ね返ったボールをキャッチャー清水が拾って1塁へ送球する。だけど、両軍の選手も観客も試合どころじゃなかった。 

 上沢の様子が尋常じゃなかったのだ。身体を折り曲げ、左ヒザを押さえている。スローで確認すると打球は左ヒザを直撃していた。ベンチからトレーナーが飛び出した。チームメイトが心配そうに集まる。場内は騒然。

 上沢はそのままタンカで運び出され、救急車で病院に搬送された。直後、ハマスタにいる報道関係の知人からLINEに連絡が入った。

「上沢の状態、深刻です。ヒザの皿が割れて皮膚から飛び出ていたそうです」

■上沢の戦列復帰はカンタンじゃない

 あ、念のために言っておくけど、僕はソト選手にもベイスターズにも何の含みもない。あの後、上沢を心配してくれるベイスターズファンのSNSの書き込みも沢山目にした。さすがにあれは不可抗力だ。何より上沢直之自身がツイッターで後日、「今回のことはプレー中に起きたことですし、ピッチャーをやっている以上仕方のないことだと思います。ソト選手の打球は速すぎて見えませんでした笑」「それはソト選手が素晴らしい打者であると同時にそのような打者と対戦できることはピッチャーとして幸せです!」とむしろソトを気遣ったことでもわかる。

 上沢直之は診断の結果「左膝蓋骨骨折」であった。馬鹿だと思われるだろうが、僕はソッコー、地元浅草寺の観音様にお詣りした。上沢、不運すぎる。本物のエースに成長するシーズンだったのに……。2016年は日本一の輪にヒジの手術で加われなかったのに……。

 観音様に願をかけた。左は投球で踏み込む足で、ヒザは下半身の粘りを支える。今季絶望どころか投手生命の危機だと思った。お願いします、上沢を返してください。上沢のピッチングをまた見せてください。こういうの初めてで勝手がわからないけど、じゃ、(下戸なんで)復活するまでコーヒー断ちします。僕は大のコーヒー党で、一日何杯も飲まないと仕事にならないんですよ。今日からはガマンします。帰ってくるまで何年でもガマンします。

 勢いでそういうことにしてしまったが、下手したらもうコーヒーは一生飲めないかもなぁと思った。上沢の戦列復帰はカンタンじゃない。治るのも時間がかかるし、その後、きついリハビリが待ってるだろう。で、動けるようになった後も日常生活が送れたらいいってわけじゃない。プロ野球でプレーするのだ。それも投手といういちばんデリケートなポジションで。ただ単に投げるだけじゃなく、勝てる投球をしなきゃならない。こんなのとてつもなくハードルが高い。

 上沢は整復固定の手術を受け、退院後は装具をつけて歩行していた。本人は明るく振舞っているんだけど、見ていて痛々しくてたまらない。気長に待つしかなかった。近所のスーパーでリプトンのティーバッグを買ってきた。最近のティーバッグは三角のやつがあるんだなぁ。これに慣れよう。紅茶で仕事できるようになろう。

■思いが叶ったらもう勝ち負けは飛んじゃうんだ

 年があらたまって2020年春のキャンプだ。上沢が2軍の国頭キャンプでブルペンに入ったとニュースになる。何だったかでキャッチボールの動画は見たけれど、ブルペンは驚いた。ヒザの感じはどうなのだろう。こちらも焦っちゃいけない。少しずつ球数を増やしていって、トレーニングの強度も上げていって、自分のペースで仕上げてくれたらいい。開幕なんて間に合う必要がない。

 そうしたら何たることか開幕自体が遅れてしまった。コロナで2020年シーズンは中止かもしれなかった。上沢は「ウサギとカメ」のカメのほうだ。世界が停止してる間も歩みを止めなかった。実戦登板は6月2日の練習試合(ロッテ戦)、2イニング49球4被安打2失点。上沢が投げてる姿を見られただけで満足だった。それから練習試合と2軍戦で投げて、いよいよ1軍マウンドに復帰する日が来た。

 2020年6月30日、ソフトバンク戦。これは今季、札幌ドームの「本拠地開幕戦」だった。ファイターズは練習試合から始まって、19日の開幕以降もずっと北海道を離れていた。コロナ対策で移動にともなう感染リスクを最小化するためだ。この日は朝からそわそわした。無観客試合であってもチームが「家」に戻るのは嬉しい。それもただ戻るんじゃない。上沢直之予告先発だ。僕はコーヒー豆を買いにいった。野球の神様ホントにありがとう。あれっ、お礼を言うのは浅草の観音様だっけ?

 それでさ、復帰登板どうだったと思う? ケガ明け最初の1軍登板。ソフトバンク打線にメッタ打ち食らっても凹んじゃいけないぞ、武器になる球があれば満足するんだぞと自分に言い聞かせていた。テレビの前で腕組みだよ。とにかく緊張した。

 そうしたら1球目、150キロのストレートだ。この1年というものが凝縮した1球。1回表は15球で三者三振だ。うおおおおー。オレは日ハム馬鹿だからさ、泣いた。涙がなぁ、ぽろぽろぽろぽろこぼれてきやがるんだ。ありがてぇ。こんな嬉しいことはない。ありがてぇ。上沢が帰ってきた。

 378日ぶりの1軍マウンドは5イニング69球、2被安打1失点(勝敗つかず)。オレはさ、しびれた。結局、復帰後の勝利はその約1か月先(7月28日札幌ドーム、オリックス戦)まで持ち越しになるんだけどね、勝ち負けじゃないんだねー、野球は極限のところ。思いが叶うといいってずっと思いつめて、それが叶ったらもう勝ち負けは飛んじゃうんだ。

 2020年シーズンは上沢直之のカムバックを見たんだよ。どんなことかわかる? これ以上ない最高だよ。今、思い返してもバンザイだ。最高のシーズンだったよ。

 追記 最初は身もだえするほどつらかったコーヒー断ちですが、途中から紅茶もけっこう好きになり、最終的に愛飲しています。だからこれ、フツーに好きな飲み物が増えただけのことですね。ありがとうね、上沢投手。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム 日本シリーズ2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/41479 でHITボタンを押してください。

(えのきど いちろう)

関連記事(外部サイト)