「子育て中は『クレしん』しか読めなかった」…『妻が口をきいてくれません』作者がコミックエッセイを描く理由

「子育て中は『クレしん』しか読めなかった」…『妻が口をきいてくれません』作者がコミックエッセイを描く理由

『妻が口をきいてくれません』(集英社)より

「まるで我が家」「夫/妻がヒドい」…SNS騒然『妻が口をきいてくれません』作者が明かした''登場人物に思うこと” から続く

 妻の美咲が口を聞いてくれなくなって3日。平静を装いつつ会社に通い続ける夫の誠だが、理由もわからないまま月日は流れ――。

 集英社のノンフィクション編集部サイト「よみタイ」で最新話が更新されるたび、「うちの家庭を覗かれているみたい」とネットを騒然とさせたコミックエッセイ『妻が口をきいてくれません』が11月26日に発売された。そこで、著者の野原広子さんに、連載の経緯や40歳を過ぎてデビューすることのメリットなど前後編に渡って話を聞いた。(全2回の2回目/ 第1回 を読む)

■40代でデビューすることのメリット

――野原さんは子育てを経て、40代でデビューされていますよね。もともと本やマンガを読むのが好きで、誰かに影響を受けたりとかはありますか?

野原 それが、子育て時期は忙しすぎて、3年ぐらいテレビも見なかったし、マンガも読めなかったんです。やっと何か読もうと思った時、片頭痛もあって、苦しくて、描き込んであったり、熱かったりの普通のストーリーマンガが読めなくて。

――家事や育児の合間に15分ぐらい読んで、数時間おいてから続きを読むとかだと、複雑な物語を読むのはしんどいですよね。「あれ、この人誰だっけ?」みたいな。

野原 その時、読めたのが『クレヨンしんちゃん』やコミックエッセイだったんです。それからちょこちょこ読むようになって、自分にも描けるかもしれないな、と。

――若い頃からマンガを描きたいというモチベーションはあったんですか?

野原 実は21歳から25歳ぐらいまで10作ぐらい少女漫画を描いていたんです。だけど、「マンガを描くことは、なんてめんどくさいんだろう」と、子供を産んだタイミングで止めてしまって。

 その後、1作だけのつもりで描いたら、編集さんに「作品を作るのって楽しいですよね!」とキラキラした笑顔で言われて。「そっか、これって楽しいことだったんだ」と40代になって改めてインプットされて、マンガを描き続けています。昔に比べて絵は単純になりましたけど。

――そうだったんですね。シンプルな線ですが、この流れにはこの表情しかないって顔が置かれていますよね。寝ている美咲が誠に手を握られて、「カッ!」となるところとか。

野原 目とか点々だし、これでいいのかなと思いつつ描いていたので、よかったです。少女マンガは目が物を言うとかいうじゃないですか。皆さん、本当にちゃんと描いていらっしゃるので。

――40代でデビューして、よかったことは何ですか?

野原 自分を客観的に見れるようになってから描ける、ということでしょうか。自分に出来ること、出来ないこともわかってくるので、求められるなかで出来ることを一生懸命やるだけです。

 あと、描く上で心掛けていることがあって。私の本は、描こうと思えばいくらでもジメジメした方向に振れる内容ではあるんですけれど、それぞれの事情を抱えて読む方も多いと思いますので、あえて簡単に、読む方が疲れないように描きたいと思っているんです。

――それなら、自分に引き寄せて読んだり、辛い部分は引き離したり、読む側が距離を取りながら読むことが出来ますよね。

野原 デビュー作が不登校の話だったので(『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』)、なるべく明るく描きたいという願望があって。

――『離婚してもいいですか?』『消えたママ友』など、他の作品も重めのテーマですが、読みだしたら一気にページをめくってしまいます。毎回の題材選びも絶妙ですよね。

野原 これは編集さんの企画なんです。最初の頃は編集さんの頭の中にあるものをいかに具現化するか苦心しましたけど、オファーを受けた以上はなんとか返したいと思って。編集さんって皆さんすごいんです。『妻が口を聞いてくれません』の担当さんは小説畑の方なんですけど、いただくメールも小説みたいで、私の言葉足らずなところを毎回補っていただいてます。

■フィクション、それともノンフィクション?

――野原さんの作品はフィクションの体裁をとっていますが、コミックエッセイとして売られているじゃないですか。その点についてご自身はどう思っていらっしゃるのかも聞いてみたくて。

野原 実は私もエッセイって自分のことじゃないといけないんじゃないの?と思っていた時期があったんです。それで編集さんに聞いてみたら、「コミックエッセイにはセミフィクションも含まれるし、そういう作品はもうすでにたくさんあるんですよ」と言われて、そうなのかと。定義が曖昧だなとは思いましたけれど、ジャンルが活性化するとそういうことも起きるのかなという受け取り方をしています。

 ただ、漫画家やコミックエッセイ作家を名乗るのは違うかなと思っていて。

――と、おっしゃいますと?

野原 昔、マンガを描いていて、そのとき苦労した分、これはマンガなのか? という自分なりの複雑なこだわりがあって。それで、肩書をイラストレーターにしているんです。

――そうだったんですね。ジャンルの定義に関しては、ふわっとさせておいた方がいいと思っている派です。範疇に収まらない作品が絶対に出てくるので。

野原 ただ、自分が体験したことじゃなかったり、自分の気持ちにないことは描けないんです。ママ友にしても、離婚にしても、多少なりとも経験があったわけで。逆に、フィクションだから描けちゃう部分もあるんです。もし実体験だったら、これ以上は描かないとか、友達のことを悪く描けないとかあると思うんですけど、セミフィクションならそこが描ける。

■何年か経って読み返してみたら「あれ? これ私のことじゃん」

――確かに、実体験だとブレーキがかかることもありそうです。

野原 そうなんです。それに関して編集さんに話したら、描くことで人生が変わることもあるし、家族も変わることがあるから、セミフィクションですすめましょうとなったんです。

 だから、『離婚してもいいですか?』は、全部フィクションのつもりで描きました。だけど、何年か経って読み返してみたら、「あれ? これ私のことじゃん」と気づいたり……。

 ただ、最初から自分のこととして描いていたら、「なんで描いちゃったんだ」と大後悔していたとは思います。踏み込んで描ける人と描けない人がいて、私は描けないタイプだということが、その時よく分かりました。

――いま、コミックエッセイにはどちらのタイプの作品もあって、両方、読めるのがいいなと私は思います。

野原 少し前でしたら、事実じゃないことをコミックエッセイに描くのはどうなの? という声があったと思います。私もその頃はエゴサーチをしていて、モヤモヤしていたんですけど、今は世の中的に、(セミフィクションを)受け入れてくれる人が増えてきたのかなと思います。

 でも、私の本ってコミックエッセイの棚に置いてないんですよね。そもそも、本屋さんに置いていないことが多くて。みんなネットで買っているみたいですね。そんなに買いにくいのかーと思って。

――めちゃくちゃ置いてますよ! 近所のTSUTAYAはコミックエッセイの棚が広くて、『消えたママ友』はそこで買いました。ミステリー要素があって、面白いですよね。

野原 あれも、最後の最後まで迷いながら描いていて。編集さんと相談しながら、まとめることができました。

――多くの人が抱えているモヤモヤを可視化するのにコミックエッセイって向いていると思うんですけど、まさに「モヤモヤの正体はこれだ!」という内容でした。

野原 編集さんと「モヤモヤしたものを作ろう!」ということで始まった作品なので嬉しいです。

――しかし、人生の端々でモヤモヤって立ち上がってきますよね。親がもういい年なんですけど、70代には70代のモヤモヤがあるみたいです。人生劇場ですよね。

野原 私も70代の方からお手紙をいただいたりするんです。いろいろネタはあるかもしれないですね。

――ぜひ読んでみたいです! それでは最後に一言お願いします。

野原 普段は気が付かない相手の気持ちを、この作品で、ちょっと覗いてみてもらえたら嬉しいです。

(山脇 麻生)

関連記事(外部サイト)