知られざるマラドーナ 彼は不正義に怒り、いつも「弱者の味方」だった

知られざるマラドーナ 彼は不正義に怒り、いつも「弱者の味方」だった

マラドーナ ©?文藝春秋

 11月25日、ディエゴ・マラドーナが亡くなった。サッカー界におけるその実力と功績は今更、挙げる必要は無いだろう。母国アルゼンチンの枠をはるかに超えて、世界中からその存在の重さは自明となっていた。

 ユーゴ代表としてのドラガン・ストイコビッチのワールドカップにおける最高のパフォーマンスは90年W杯イタリア大会のアルゼンチン戦にあると思っているが、その際、ベオグラードのスポーツ誌「テンポ」はピクシーのパフォーマンスを讃えるにあたり、「ドラガン・マラドイコビッチ」という見出しを掲げた。自国のエースがマラドーナに近づいたという意味であり、天才の基準はあくまでもマラドーナ。東欧のブラジルと言われたテクニシャン揃いのユーゴスラビアのサッカーシーンにとってもディエゴはそれだけ別格だった。

■「マラドーナを世界が忘れてしまった善人として描きたい」

 筆者は2005年にエミール・クストリッツァ監督のインタビューにモンテネグロの港町ヘルツェグ・ノヴィに向かった。主に過去の作品と旧ユーゴ情勢について聞いたのだが、思わぬことに、そこで監督からマラドーナのドキュメンタリーを撮影していることを聞いた。カンヌ映画祭の審査委員長を務めたばかりの巨匠は「マラドーナを世界が忘れてしまった善人として描きたい」と言っていた。当時は少し不思議な気がしたが、今となってはよく分かる。クストリッツァは2018年、「世界でいちばん貧しい大統領」ホセ・ムヒカを撮るのだが、米国の覇権主義やグローバル化のもたらす新自由主義に抗う人物ドキュメンタリーの端緒が、このアルゼンチン人であったのだ。当時の取材ノートに記したリスペクト溢れるクストリッツァの語録から、マラドーナを偲びたい。

■「世界のサッカーが商業主義に入る前の最後の個人主義者」

「2005年の春にスペインの映画会社から、マラドーナを撮ってみないかというオファーを受けた。私は当時、世界のタブロイド紙が彼のことを散々醜く書きたてていたことに怒りを覚えていたんだ。同時に偉大なマラドーナの栄光が世界から忘れられてしまうのではないか、そんな恐怖を抱いていた。そこで私はマラドーナを一人の善良な人間として描く、そんな映画を撮りたかった。ドキュメンタリーだが、フィクションも一部出てくる。断言するが、世界のサッカー界で過去に彼よりもいいプレイをした人間はいないし、これからも出てこないだろう。彼がナンバー1だ。世界のサッカーが商業主義に入る前の最後の個人主義者とでも言おうか」

■温厚で、まるで30年来の親友のような印象

 初めて出会ったときの印象をこのように述べていた。

「ブエノスアイレスの彼の家で会ったのだが、最高の人間だった。温厚で、彼に一目会うとまるで30年来の親友のような印象を受けるよ。兄弟のように抱擁したくなる、そんな人間だ。ブエノスアイレスもラテンアメリカの町の中で最も気に入った。私がもう少し若ければ住んだと思う」

 当時、マラドーナは体調不良を報告されていたが、撮影に際して、クストリッツァがその蘇生を意識していたことが、印象的だった。

「初めて会ったときは体重を20キロほど落としていた。私が凄く嬉しいのは私の作品が、彼が体を回復して正常に戻っていくプロセスの一部になっていることだ。私の作った映画の中で彼が何か話すことによって『今のマラドーナは心身ともに健全だ』と証明できるのではないか。それが嬉しいんだ」

 チェ・ゲバラとフィデル・カストロの刺青を身体に施し、ブッシュ大統領を徹底的に批判する発言などから、反米主義者というレッテルも貼られていたマラドーナだが、クストリッツァはフィルムメーカーとしてそれこそが正義だと評した。

■マラドーナは不正義に対して敏感な人々の代弁者

「彼は私とそっくりで凄く感情的な人間だ。私の作品では『黒猫・白猫』が好きだと言ってくれた。彼が私の作品に出演してくれることがとても嬉しい。観客が人生を素晴しいと感じてくれることを願っている。人間を悲しみから救う、楽しい映画にするよ。もちろん。キューバで撮って来る。CIAにとってはいい映画になるだろうな(笑)。全てがその映画に凝縮されている。貧しい人間のことをいつも考えている人々、もしくは世界で行われている不正義に対して敏感な人々。それらを扱うような映画。その代弁者としてマラドーナが出てくるわけだ」

 冷戦後の大国の思惑によって祖国ユーゴに分断が持ち込まれ、崩壊に至った過程を知る映画監督と、無辜なるスタンスから、米国大統領への批判を厭わないサッカー選手が惹かれ合うのは必然とも言えた。

 クストリッツァは当初この映画をマラドーナの生まれ育った貧民街、フィオーリを絡めて「フィオーリを忘れるな」とする予定でいたが、2008年に「マラドーナ」というタイトルで公開した。今、観直してみると、スーパースターとして巨万の富を稼ぎながら、いわゆる西側の物質的な価値観に浸食されずに、不正義に怒るマラドーナを確かに画面から感じることができる。

■特権階級として生きるよりもひとりの善良な人間で

 一般大衆とともにデモに参加し、チャベスやモラレスといったラテンアメリカの反米指導者と行動を共にする。マラドーナはガザを無差別攻撃するイスラエル軍を強く抗議してパレスチナ人に寄り添い、イラク戦争にも毅然と反対の意を唱えた。

 昨今、アスリートの政治的と取られる発言は非難を浴びるが故に、特にセレブは金持ち喧嘩せずで、社会問題に口を閉ざし沈黙を続ける。しかし、マラドーナはいつでも自分の立ち位置を旗幟鮮明にしていた。大国のエゴには怒りを露わに、弱者の味方であることを貫いた。生涯FIFA(国際サッカー連盟)とも距離を取り続けたが、それはまた国際競技団体の利権とも無縁であったことを示す。それは政治というよりも人道の立場からであった。特権階級として生きるよりもひとりの善良な人間であり続けることをクストリッツァは看破していたとも言えよう。

 映画のラストの曲はこんな歌詞で終わる「ああ、マラドーナのように生きたい」。

(木村 元彦)

関連記事(外部サイト)