ベイスターズが優勝するために……私、釈由美子が願う山ア康晃投手の復活

ベイスターズが優勝するために……私、釈由美子が願う山ア康晃投手の復活

©釈由美子

 ペナントレース本戦では思うような力が出しきれなかった横浜ベイスターズがこちら文春野球コラムリーグでは日本シリーズへ進出と大変おめでたい! 文春野球コラム日本シリーズ2020、この重要な場面でノコノコと出て参りました。監督、この重責に心が押し潰されてしまいそうです。

 今シーズンは言わずもがな、新型コロナウイルス感染拡大とその影響による混乱に迷い、言わば非常事態の中、チームも本来の力を出すことが難しかったと思います。

 私はと言えば、球場観戦をほとんど自粛せざるを得なかった状況下、ファンとしての緩やかな気持ちの変化を感じていました。前年はあれほど勝ち負けに熱狂していた私が、自分でも不思議なことに、チームの勝つこと負けることがさほど気にならなかったのです。山ア康晃選手のポッチャリ姿を眺め、横浜の選手たちが健康で元気に試合をしていること自体に安堵するお婆ちゃんのような心境でおりました。

 私にとってベイスターズファンであるということがどういうことなのか、そんな気付きを得た2020年シーズンであったように感じています。

 もちろんのことチーム成績が良ければ嬉しいです。チームの前進やその達成に興味を失ったわけではありません。というよりはむしろ私の中でのチーム愛が次のフェーズに昇華したというのが正しいかもしれません。

 ありのままのチームを愛でることで幸福に触れるある種の境地に辿り着こうとしているのではないかと、これがどういう感情なのかは自分でも訳が分かりません。歳を取ったということでしょうね(笑)。

 なぜ私は野球を見るのか、なぜ野球が好きなのか。人それぞれ楽しみ方は違うと思いますが、私にとってはエンターテイメントであるだけでなく、人生にパッションを与えてくれるものだと感じています。

■やっと叶った球場観戦試合での大泣き

 コロナ禍により2020年シーズンに球場観戦した試合は一戦だけ、11月1日の阪神タイガース戦でした。久しぶりの球場の空気が嬉しくてソワソワしていました。

 シーズン終盤にやっと叶った球場観戦試合、ベイスターズがソト選手のホームランで先制するも簡単に逆転されてしまい雲行きの怪しい展開となりましたが、目が覚めるような細川選手のホームランに続き、再びソト選手の打点で同点に。その臨場感にいつもの興奮が蘇りました。感極まった私は静かに泣いていました。そして最終回ウラの攻撃、梶谷選手のサヨナラ打で劇的な勝利。ここで同行者も引くほどの大泣きを見せつけましたね。

 勝っても負けても気にならないとは言ったものの、やっぱり現地で勝利するあの歓喜と一体感は他に代えがたく格別なものです。

 確かに泣きやすい性質かもしれません。つい先日もテレビで流れていたドラえもんの映画でボロ泣きし家族に大笑いされたばかりですが、あの日あの展開からのサヨナラ勝ちとなれば涙が止まりませんよね(周りに泣いている人はいませんでした)。

 また、来年もハマスタで思いきり泣かせていただきたいものです。

■ベイスターズの外国人選手たちに勝手に励まされたアメリカでの撮影

 ラミレス監督の退任と、何人かの選手の退団が発表されました。出会いもあれば別れもある、寂しいですが温かく見送りたいと思います。

 まずはラミレス監督、チームにどれだけの貢献をしてくれたことでしょう。

 ありがとう、本当にお疲れ様でした。今後YouTubeでも活躍されるとのこと、応援しています。

 球団からの別ポスト就任オファーを辞退されたとのニュースがありましたが、これからもベイスターズの愉快な仲間でいていただきたいと思います。もしも日本に残られるのでしたら、以前港区で経営されていた「ラミちゃんカフェ」をぜひ横浜にもオープンして欲しいと願っています。

 そして、ロペス選手、パットン選手、石川選手の退団。寂しいです。

 チームの大変な功労者でした。さようなら、お元気で。

 ロペス選手は今年日米通算2000本安打という大仕事をやり遂げられましたね。素晴らしい達成、本当におめでとうございます。

 今年の初め、私はとある映画仕事のためアメリカでの撮影に参加していました。日本を離れ最初は楽しかった滞在も次第に心細くなっていったとき、ベイスターズの外国人選手たちが私の頭に浮かび、ああロペス、パットン、エスコバー、きっと彼らもこんな寂しさを胸に抱えて異国の地で頑張っているんだろうなと勝手に励まされていたことを思い出します。なんだそりゃー、ですね(笑)。

■新生ベイスターズは山ア康晃選手の奮闘にかかっている

 昨年は筒香選手のメジャー挑戦とあって大変な戦力喪失を受け止めました。チームの精神的支柱でもあった筒香選手の退団は大きかった。まだファン歴の浅い私からすれば、ベイスターズといえばラミレス監督の下、ロペス、筒香、宮ア、ソトのラインナップがゴールデンでした。

 いま時代が移り変わろうとしているのを感じています。残された選手、新しい選手の新生ベイスターズがどのように進化を遂げるか。そしてそれはやはり山ア康晃選手の奮闘にかかっているのではないでしょうか。

 不調に苦しんだ今シーズンの山ア選手、不安定なところも見られました。調子の良いとき悪いときは誰しもあるものです。

 巷でポテトチップの食べ過ぎなどと言われ、ひと回り膨らんだ姿もそれはそれで可愛かったですが、来シーズンの優勝のためには、本調子のキレを取り戻した山ア選手が間違いなく必要となります。

 これだけベイスターズファンを公言しているというのに全くお声が掛かりませんが、私も来季こそ試合前の始球式(そろそろオファーください)に出番があることを妄想してしっかり肩を作っておきますので(笑)、山ア投手も闘志に漲るあのベストコンディションに戻せるよう頑張ってください。

 山ア選手、うちの4歳息子の着ていたレプリカユニフォームがサイズアウトして先日球場で買い替えました。新しいユニフォームも背番号は19、YAMASAKIです。あなたこそ我が家随一の推しメンです。

 日本を代表する投手、まだ更なる可能性を秘めた逸材であると信じています。来季も大興奮のヤスアキジャンプで球場を揺らして欲しいと大いに期待しています。

 全体的には、横浜ベイスターズのシーズン成績はあまり芳しくないようでしたが、それもまあコロナ禍の特殊な一年でしたから気に病むこともありません。

 来季からの三浦新監督体制、緩やかな流れのようでその実、来シーズンに向けての変革が静かに行われていることでしょう。

 今年のドラフトで入団した選手たちも含め、若い選手の活躍に期待しつつ、来年はどのような雰囲気のチームになっていくのかを楽しみにオフシーズンを過ごしたいと思います。

 そして最後に、まだ去就の結論が出ていない梶谷選手、ソト選手、井納選手、個人の選択や気持ちは尊重されなければいけませんが、このコラムの声がもしかしたら本人へ届くかもしれない可能性に賭けて私から心を込めてこの一言を贈らせてください。

 行かないでよー。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム 日本シリーズ2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/41484 でHITボタンを押してください。

(釈 由美子)

関連記事(外部サイト)