『鬼滅の刃』『コナン』100億級が毎年のように…「アニメ映画の国民的娯楽化」の裏の苦境

『鬼滅の刃』『コナン』100億級が毎年のように…「アニメ映画の国民的娯楽化」の裏の苦境

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』映画予告編より

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入は、公開39日間で259億円に達した。これは『アナと雪の女王』の255億、『君の名は。』の250億という最終成績を1ヶ月あまりで塗り替える驚異的なペースである。言うまでもなく、メディアはコロナ禍での厳しい状況でのこの快挙にわき立ち、連日『鬼滅の刃』というコンテンツの爆発的ヒットへの分析が重ねられている。

『鬼滅の刃』が極めてユニークな、注目すべき作品であることにもちろん異論はない。だが、日本映画の興行収入ベスト10のほとんどがアニメーション、それも21世紀に入ってから作られた比較的最近の作品であることを考える時、今回の「鬼滅現象」は、「アニメーション映画の国民的娯楽化」という全体的な満ち潮の中で起きたひときわ大きな波なのではないかと思える。

■日本のアニメーション映画は巨大な市場

「国民的アニメ映画」の魁(さきがけ)となったのは、言うまでもなくスタジオジブリの宮崎駿監督作品だろう。だが、よく知られているように、『風の谷のナウシカ』から『となりのトトロ』までの、名作と名高い初期の作品は実は観客動員100万人や15億円にも達していない。宮崎駿が人気アニメ監督となったのは『魔女の宅急便』から、そしてジブリが国民的アニメとして不動の地位を築いたのは1997年の『もののけ姫』からなのだ。

 そして2001年の『千と千尋の神隠し』でベルリン国際映画祭での金熊賞と、308億円の興行収入という「質と量」の同時達成を成し遂げたあと、宮崎駿の作品は、『ハウル』『ポニョ』『風立ちぬ』のように必ずしも万人に分かりやすくない、抽象的で黙示的な作風に傾いたにも関わらず、いずれも100億円超級の興行収入を記録するようになる。

 興行収入が100億円を超えるというのは、20世紀の日本ではとてつもないことだった。『南極物語』の110億円が、1997年に『もののけ姫』に破られるまで興行収入記録の不動の1位だったことはよく知られているが、ハリウッド映画ですら20世紀においては『E.T.』や『ジュラシック・パーク』『スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』などの、世界の映画史に残るエンターテイメント作品が100億円を超えたにすぎない。

 だが『もののけ姫』から『千と千尋』を経て、宮崎駿作品の新作すべてが当たり前のように100億円を越えるようになっただけではなく、新海誠作品『君の名は。』『天気の子』のように、宮崎駿以外にも『南極物語』を越える100億級ヒット作品が生まれるようになった。『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』と言った、社会現象を巻き起こしたと言われるアニメ映画の興行収入が20億前後であったことを思えば、明らかに日本映画においてアニメーション映画は巨大な国民的市場に成長したのだ。

■『名探偵コナン』は毎年、100億級のヒット

 それは『名探偵コナン』の映画シリーズの成績推移を見ても同様である。1997年、『もののけ姫』のヒットと同じ年にシリーズ第1作『時計じかけの摩天楼』が封切られた名探偵コナンシリーズは、第1作の興行収入11億円から数年で30億円前後の成績を安定して残す人気シリーズとなり、2014年『異次元の狙撃手』で40億台に乗せると、45億→63億→69億→92億→94億とここ数年で毎年100億級の成績を残すようになった。

 今年は本来公開されるはずだった『緋色の弾丸』が延期となったこともあり、興行が『鬼滅の刃』が『千と千尋』を越えるかに注目が集まっているが、『名探偵コナン』シリーズの驚くべき点は、毎年1年に一度のペースで公開されるシリーズだということである。

 宮崎駿も新海誠も、新作は早くて3年、長ければ数年に一度のペースだ。『鬼滅の刃』も同様で、連載はすでに完結しており、物語は決められた最後のクライマックスに向けて不可逆的に流れる一度きりの流れの中にある。

 だが『名探偵コナン』は、それぞれのエピソードが事件ごとに完結し、また次の年には別の事件をテーマに作品を作ることができる。しかもその観客動員は年を追うごとに増え、通常なら歴史に残るような数字である興行収入100億にせまる数字をコンスタントに毎年出せるようなコンテンツに成長しているのだ。これは日本映画界がいまだかつて持ったことのない強力な安定した収益エンジンである。

 今年の新作が延期になったとはいえ、長い時間を共有してキャラクターたちと信頼を結んできた観客たちが突然『コナン』シリーズに興味を失うとは考えにくい。コナンの最終回はまだ描かれる予定がなく、アニメ製作者が引退を宣言する心配もない。配給する東宝と日本テレビは、『コナン』シリーズが続く限り、以前なら半世紀に一度、現在でも数年に一度のヒット作レベルの巨大な興行収入を毎年のように安定して期待できるのである。そのコナン・マネーの安定した収入は、他作品の製作費、新しいチャレンジを可能にする。

 さて、ここまで僕が日本のアニメ映画市場の目覚ましい成長について書いてきたのは、日本映画界の明るい未来を手放しで賞賛するためではない。300億に迫る『鬼滅の刃』、毎年100億近い興行収入を安定して稼ぎ出す『コナン』シリーズ、そうした巨大な利益を生み出すアニメーションの根幹は、すべてアニメーターという職人たちの繊細な技術によって支えられているという構造を、『鬼滅の刃』のヒットに社会が沸きかえるこのタイミングでどうしても書いておきたかったからだ。

■巨大なヒットを生み出すアニメーターの技術

 漫画原作から絵を動かす日本のアニメーターの技術は、簡単に3DCGで置き換えられるものではない。『コナン』の青山剛昌による独特のキャラクターデザイン、『鬼滅』の吾峠呼世晴のエモーショナルな描線で構成された原作の世界観を、そのセンスを感覚的にコピーしながら動かしていく職人的センスによって、巨大なヒットを生み出す作品は支えられている。

 アニメーション映画の国民的映画化を成し遂げた宮崎駿のスタジオジブリにしても、それを可能にしたのは演出をしながら動画に手を加えていく宮崎駿の絵の才能であり、それを支えたジブリの職人たちである。スタジオジブリはアニメーターを正社員として雇用し、日本の中では安定した雇用環境で人材を育成することで知られていたが、宮崎駿の引退宣言にともない制作部門を解散。スタッフたちは退職し、別々の現場に流れていくことになった。

 現在は新作『君たちはどう生きるか』の制作に伴い、再び集められているようだが、高畑勲は既に世を去り、宮崎駿の作品も今回こそ年齢的に最後とも言われる中、その雇用は安定したものではない。

 アニメーターの経済的苦境が伝えられるようになって久しい。国産コンテンツの育成を掲げた政府の『クールジャパン』政策が、実際には現場のクリエイターたちにほとんど恩恵をもたらさなかったことは、ヒロ・マスダの著書『日本の映画産業を殺すクールジャパンマネー〜経産官僚の暴走と歪められる公文書管理〜』でも詳細に検証されているが、近年は裁量労働制による長時間労働の残業代が支払われないことを社員が訴える事件も相次いでいる。

「結局、アニメ業界は毎年のように無謀な『インパール作戦』をやっているわけです」というのは、文春オンラインでも報じられた苦境にある アニメーターのインタビューに登場する発言 だが、日本映画歴代興行収入のトップ10のほとんどをアニメーション作品が占め、日本映画の製作費を稼ぎ出すメインエンジンでありながら、その根底を支えるアニメーターたちの環境は不当なほど厳しい。

 アニメーションにおいて、作画は作品の命である。どれほど優れた脚本があっても、絵を動かす技術が劣化すれば、オーケストラの演奏に不協和音が混じるように、宮崎駿たちが築いてきたアニメ映画に対する国民的コンテンツとしての信頼は崩壊する。少子化で若手は減り、スタッフが疲弊する中、このアニメーターの技術という部分が崩壊することは決して絵空事ではない。

■話題を集める中国アニメ

『鬼滅の刃』にメディアが注目する中、日本のアニメファンの間では今『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』という中国から輸入されたアニメ映画が話題を集めている。3DCGではなく、中国のアニメーターたちによる手描きのアニメーションであり、日本のアニメコンテンツにキャラクターデザインなどの影響を受けつつ、極めて優れた技術とよく練られた脚本で日本のファンからも高い評価を受けている。

?

 僕は「勃興する中国アニメに日本が負けるぞ」とか「優れた人材が奪われるぞ」と煽りたいわけではない。個人のアニメーターの目線で見れば、中国にもアニメ市場が生まれるのは希望ですらあるのだ。

 絵を描く、というアニメーターの技術には、言語や文化の壁がほとんど存在しない。かつて日本のアニメ作品を中国や韓国のスタッフたちが下請けとして支えてきたように、日本のアニメーターたちがその技量を世界に高く売り、日本の映画観客が海外アニメのエンドロールに日本人スタッフの名前を見つけて誇らしく思う未来は、決して悪い未来予想図ではない。過酷な、報われない環境の中で体を壊し、筆を折ってしまうことに比べれば、アニメーターにとって海外市場が避難場所になる可能性だってあるのだ。

 だが、その海外市場も常に開かれているとは限らない。新型感染症によって分断と対立を深める国際情勢の中で、海外スタッフが締め出されてしまう可能性もある。また、即戦力として海を渡る才能を生み出すためには、次の世代の人材は国内で育てなくてはならないのだ。

■新人監督を育んできたミニシアター

 足元の危機はアニメーターの労働環境だけに留まらない。大規模なシネコン映画館には一時的に『鬼滅の刃』の特需が降り注いでいるが、ミニシアター系の映画館はその恩恵もなく、第二波の中で経営危機に苦しんでいる。だが、ミニシアターはこれまで多くの新人監督を育んできた才能の揺り籠である。

 西暦2000年、47席のミニシアター、下北沢トリウッドでは『彼女と彼女の猫』というわずか5分にも満たない短編アニメーション映画を上映していた。まったく客の入らない平日の昼間、スタッフはたった一人で映画を見にきた青年に気がつく。

 誰もいない劇場で映画を見終わると青年は館主に挨拶をし、「次の映画製作も予定しています」と語った。下北沢トリウッドの山本達也氏によれば、その青年はまだ商業デビュー前の新海誠監督であり、館主に約束した次の作品が彼の名を知らしめた商業デビュー作品『ほしのこえ』だったのだという。

『ほしのこえ』公開初日にはすでに新海誠の評価は高まり、観客の行列が夜まで途切れず、わずか25分の短編を繰り返し、終電間際まで上映して観客を捌いたという。やがて『君の名は。』で興行収入100億を越える新海誠という才能の誕生についてよく知られる逸話である。

 無人の映画館と満場の拍手を体験した新海誠監督は、「100億級監督」となった今も「『観客に届けたい』という気持ちと、観客からのレスポンス。観客と作品の両輪があって、ずっと続けてこれたのかもしれないです」と 当時を振り返る。

■禰豆子がつぶやいた重要なテーマ

※以下、『鬼滅の刃』の終盤の内容に触れています。

 こうした短編映画からの新しい才能のピックアップは、ミニシアターという「場」が可能にするものだ。YouTubeなどで、作品発表の場はアマチュアに開かれたものの、1再生あたり0.1円と言われるYouTubeの収益では仮に100万回再生の大ヒットでも入るのは10万円、アマチュアであれ、映画の製作費をまかなうにはとても足らない。人気ユーチューバ-は毎日のように実況型の動画を大量投稿するが、何ヶ月、時には年単位の労力をかけてたった1本の短編を仕上げる映像作家がその中で埋もれず収益を上げるのは至難と言っていい。

 これまでも新しい才能を支えてきたミニシアターは、ネットの動画文化で生まれる才能が映画文化の初舞台を踏むためのはじめの一歩、武道館とインディーズをつなぐライブハウスのように重要な場所なのだ。

 アニメーターの労働環境にせよ、ミニシアターの危機にせよ、それらは日本のアニメや映画を支える根や幹の部分であり、メディアを賑わせる「100億越え」の大ヒットコンテンツはその枝の先に実った果実に過ぎない。『鬼滅の刃』のヒットが日本記録を塗り替え、世界的に注目される今こそ、作品を支える下部構造、根や幹を「自助」にまかせず「公助」が守る時ではないのだろうか。

 最後に冒頭の『鬼滅の刃』の話題に戻ろう。今回のヒットで作品を知った上の世代のファンたちがよく語るのは、最大のメジャーヒットとなったこの作品の中にある過去の作家たちの面影、それも同じジャンプ漫画の大ヒット作ではなく、近藤ようこや高橋葉介、ふくやまけいこやひさうちみちおといった漫画通に深く愛された作家たちの作風との共通性である。

 若い作者が実際にどれほど直接的な影響をそれらの作家から受けているのかは不明だが、『吾峠呼世晴短編集』などの作品を読んでも、この作家が異端から生まれた新しい正統、メジャーとマイナーの混血であるということは強く感じる。そこにあるのは「弱いもの、小さなもの」へのセンシティブな共感である。

(ネタバレにはなるが)『鬼滅の刃』原作の最終回前のクライマックスでは、この作品の最も印象的なヒロインである竈門禰豆子が兄を抱きしめながら「どうして一生懸命生きてる優しい人たちが いつもいつも踏みつけにされるのかなあ」とつぶやく。それはヒットの金額だけに注目されがちなこの作品の最も重要なテーマであり、漫画や映画という文化を支える多くの職人たち、そして私たちの社会全体への問いかけにも聞こえるのだ。

(CDB)

関連記事(外部サイト)