ミスチル桜井和寿 「innocent world」とは一味違う“非さわやか”なリリックの秘密

ミスチル桜井和寿 「innocent world」とは一味違う“非さわやか”なリリックの秘密

『SOUNDTRACKS』

■ニューアルバム発売のMr.Children、“非さわやか”こそ真骨頂

 極論、Mr.Children(以下、ミスチル)の桜井和寿さんは、さわやかではありません。実は、とても“非さわやか”な男です。

 ミスチルの大ヒットしたシングル曲や、CMやドラマのタイアップ曲ぐらいしか知らない人たちからすれば、ミスチル曲のほとんどを作詞・作曲しているヴォーカル桜井和寿さんは、純愛を歌うさわやか兄ちゃん(もう50歳ですが)という印象でしょう。ですがアルバム曲までくまなく聴いているミスチルファンは知っているんです。“非さわやか”な桜井和寿さんの世界観を……。

 1989年に結成したミスチルは、1993年にリリースした4thシングル「CROSS ROAD」でブレイク。5thシングル「innocent world」(1994年発売)や6thシングル「Tomorrow never knows」(1994年発売)は、一気にミリオン越えのメガヒットとなり、それ以降、日本音楽シーンの第一線で活躍し続けているのはご存じの通り。

 日本を代表するロックバンドとも言えるミスチルが、タイアップ曲を複数収録した20枚目のオリジナルアルバム『SOUNDTRACKS』を、12月2日にリリース。そして今年は12年ぶりとなる『NHK紅白歌合戦』への出場も発表されています。

 そんなミスチルを振り返るべく、今回は恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が、往年のミスチル曲のなかからあえて、“非さわやか”な桜井節が繰り広げられる曲を考察していきたいと思います。

■ミスチルの恋愛ソングを細分化、“陰”と“陽”の桜井節

 筆者がミスチルを好きになったのは、ご多分にもれず「CROSS ROAD」きっかけ。中高時代、スクールカースト最下層の4軍男子だった自分にとって、自転車通学ソングがミスチルでした。かれこれ27年間聴き続けていますが、恋愛コラムニスト的観点からミスチルの恋愛ソングを体系化していくと、まず2種に大別できるんです。

 10thシングル「名もなき詩」(1996年発売)や19th シングル「NOT FOUND」(2000年発売)のように、比喩などを用いた抽象的表現を主とし、恋愛哲学とも言えるような歌詞で綴られたタイプ。

 一方、初期の曲である1stシングル「君がいた夏」(1992年発売)、2ndシングル「抱きしめたい」(1992年発売)、3rdシングル「Replay」(1993年発売)などは、同じ恋愛ソングでも“相手”や“場面”が具体的なタイプ。

※【】内は歌詞の引用

「君がいた夏」
【夕暮れの海に ほほを染めた君が 誰よりも 何よりも 一番好きだった】

「抱きしめたい」
【人波で溢れた 街のショウウィンドウ 見とれた君が ふいに つまずいた その時 受け止めた 両手のぬくもりが 今でも】

「Replay」
【防波堤に打ち寄せる 波の飛沫 浴びれば 出会った日の二人がReplayしてる】

 このように、まるで映画やドラマのワンシーンを切り取ったかのように、シチュエーションをリアルに描写しているんですよね。

 そして、“相手”や“場面”が具体的なタイプの恋愛ソングも、さらに細分化することができます。それは“陽”の具体的恋愛ソングと、“陰”の具体的恋愛ソング。

 その陰陽のカテゴライズで言うなら、「君がいた夏」、「抱きしめたい」、「Replay」は“陽”になります。歌詞中の恋が成就していれば“陽”というわけではありません。例えば「君がいた夏」は失恋ソングですが、この歌詞の主人公は感傷的になりながらもさわやかで清々しさがありますから、“陽”。

 では“陰” の具体的恋愛ソングとは?

 “非さわやか”な桜井和寿さんが吐き出すリリックは、穏やかながら、醜い嫉妬心に駆られ、ときに現実逃避し、ときに利己的で、ときに狂おしいのです。

■「Over」/至極の“陰”さがなんとも尊い失恋ソング

 まず紹介したい“陰” の具体的恋愛ソングは、失恋後の心情を描いた「Over」(1994年発売『Atomic Heart』収録)。

【顔のわりに小さな胸や 少し鼻にかかるその声も】、【嘘のつけない大きな声や 家事に向かない荒れた手のひらも】といった具合に別れたカノジョの愛していた要素を歌い上げます。実在のモデルいるだろ!っていうツッコミ待ちだったんでしょうかね。

 とにもかくにも執着しすぎて、【いざとなれば 毎晩君が眠りにつく頃 あいも変わらず電話かけてやる なんて まるでその気はないけど】と、プチ嫌がらせが脳裏をよぎっちゃってるあたり、だいぶ未練たらたら。

 はい、“非さわやか”。

 ですが、【いつか街で偶然出会っても 今以上に綺麗になってないで】という気持ちはなんとも切ない。この一節に用いられてる言葉は全部ありふれているけれど、これって建前やカッコつけを抜きにして、剥き出しの喪失感や飢餓感と向き合ってないとつむげないフレーズな気がします。尊い。

■「ファスナー」/静かに諦めの境地に達した嫉妬心ソング

 お次の「ファスナー」(2002年発売『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録)では冒頭から、【昨日 君が自分から下ろしたスカートのファスナー およそ期待した通りのあれが僕を締めつけた】と歌います。一夜をともにした女性の“慣れた所作”にチクッと揶揄を入れつつ、情事を生々しく振り返るのです。

 一方サビでは、【きっとウルトラマンのそれのように 君の背中にもファスナーが付いていて 僕の手の届かない闇の中で 違う顔を誰かに見せているんだろう】と、ファスナーを比喩に使います。自分の想い人には清廉な表向きの顔だけではなく裏の顔があり、ようはビッチであると暴露。

 はい、嫉妬心。

 しかし、この歌のラストのフレーズは、【惜しみない敬意と愛を込めてファスナーを・・・】というもの。“僕”の醜いジェラシーは激流ではなく静謐で、いわゆる諦念。ポジティブな悟りなんかではなくネガティブな悟り……この諦めの達観が、非モテの4軍男子心をくすぐりまくるのです。

■「UFO」/UFOを言い訳に現実逃避している浮気ソング

「UFO」(2002年発売『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録)は、そのタイトルからSFチックな恋物語を想像しがちですが、大間違い。カノジョ持ちの“僕”が別の女性と惹かれ合ってしまうという、ただの浮気ソングなんです。

 歌の冒頭で、【「上手くいかないことばかりだよ」と 君が肩を落とすから 気が付けば抱き寄せてた】という“僕”。ですが、【あの日 一緒に見た奇妙な光 アダムスキーだなんだと茶化して帳消しにしたいんだろう】と、“君”はUFO話でごまかして、うやむやにしようとします。

 つまり、わざわざタイトルに持ってきた「UFO」は、【腫れ物を触るみたいな 核心を避ける話題】でしかないのです。

 そして、【迷いも苦しみもない世界へと誘う あのUFOが出てくる夢】を思い出し、“僕”が【UFO来ないかなぁ】と呟いて終曲。

 はい、現実逃避。

 恋人と別れられずにいる“僕”ですが、迷いや苦しみから解放されたいと願うだけで、思考停止でUFOにすがる……。情けない。ですがその“マイルドクズ”な感じこそがリアルな人間らしさ。いつもいつも清く正しくなんていられません。

■「LOVE」/クセのある愛の形を歌い上げた利己的ソング

 締めはこの曲。【偶然だね こんな風に会う度に 君は変わってく 見なれない そのピアスのせいなのかな? ちょっとだけキレイだよ】、こんなドラマのセリフのような語りかけ調で始まる「LOVE」(1993年発売『Versus』収録)。

 この一節だけを聴けば、エモい片思いソングかな?……と思うでしょう。けれど実はコレ、自分にカノジョはいるものの、カレシ持ちの女友達がどうにも気になっちゃって仕方ないよ……という、直球ラブに見せかけたクセが強すぎる歌なのです。

【彼になる気もなくて 責任などさらさらさ】と言いつつ、【他の誰かに君を染められるのが気にかかる】とのこと。しかし、やはり【でも“愛してる”とは違ってる】そうで……。

 はい、エゴイズム。

 とは言え、恋愛ソングにおいてこれ以上ないほど直球な「LOVE」という題名を、惜しげもなく採用しておきながら、【燃えるような恋じゃなく ときめきでもない】という、曖昧な感情をブッ込んでくる桜井和寿さんのセンスに脱帽したものでした。

■“陰”があるからこそ“陽”の恋愛ソングが引き立つ

 ぬるっと“非さわやか”。諦観からのジェラシー。叙情的に思考停止。さらっと自己中。……激情ではない穏やかな狂おしさでつむがれる言葉たち。

 今回は個人的に好きな「Over」、「ファスナー」、「UFO」、「LOVE」を紹介しましたが、どれもエグくて哀れな、でも愛おしい男の本質を表現しているんですよね。筆者はこういった“非さわやか”さこそ桜井節の真骨頂だと感じています。

 少なくとも、“非さわやか”な“陰” の具体的恋愛ソングがカウンターになっているからこそ、「抱きしめたい」や「Replay」といった“陽” の具体的恋愛ソングが引き立っているのは確かでしょう。

 最後に余談。抽象的タイプの恋愛ソングも“陽”と“陰”に細分化することができるんです。

 例に挙げていた「名もなき詩」や「NOT FOUND」は“陽”の抽象的恋愛ソングですが、「ジェラシー」(1994年発売『Atomic Heart』収録)や「Brandnew my lover」(1997年発売『BOLERO』収録)といった、ある意味狂気的な“陰”の抽象的恋愛ソングもあり……。これらの曲はもはや“恋愛ソング”という枠組におさまりきらない、裏・桜井節とも言えるハードかつディープな世界観が形成されているんですよね。興味があるかたはぜひ、ご一聴ください。

(堺屋 大地)

関連記事(外部サイト)