「このピンポンの向こうには最強の敵が!」 かっぴーが漫画『チェンソーマン』の予想を諦めたワケ

「このピンポンの向こうには最強の敵が!」 かっぴーが漫画『チェンソーマン』の予想を諦めたワケ

©MBS

 地上波、YouTube、Netflix他、数えきれないプラットフォームが無数のコンテンツを発信している世の中で今、見るべきものは何か。テレビやネットなど、様々なジャンルの垣根を超え活躍するロンドンブーツ1号2号の田村淳が、時代を席巻するクリエイターから、面白いコンテンツを聞く番組「田村淳のコンテンツHolic」より、一部を紹介する。

■“展開を予想することすら諦める”「チェンソーマン」

淳 どうも! 田村淳です。

かっぴー 漫画家のかっぴーと申します。よろしくお願いします。

◆かっぴー(漫画家・漫画原作者)

1985年神奈川生まれ。武蔵野美術大学を卒業後、大手広告代理店のアートディレクターとして働くが、自分が天才ではないと気づき挫折。WEB制作会社のプランナーに転職後、趣味で描いた漫画「フェイスブックポリス」をnoteに掲載し大きな話題となる。2016年に漫画家として独立。広告代理店を舞台にした漫画「左ききのエレン」が大ヒットし、池田エライザと神尾楓珠を主演にドラマ展開もされた。あらゆるメディアで活躍する新時代の漫画家だ。

淳 じゃあ、早速コンテンツの紹介をお願い致します。

かっぴー 最初は大好きな漫画「チェンソーマン」です。

淳 いや知らないです……少年ジャンプですか?

かっぴー 多分漫画好きはみんな知ってて、次にドカンと来るような作品だと思うんで。

◆チェンソーマン

週刊少年ジャンプで2018年から連載されている、藤本たつき作の漫画。

舞台は「悪魔」が日常にいる世界。悪魔を退治するデビルハンターという仕事をしていたデンジが、ある出来事で「チェンソーの悪魔」ポチタと契約を交わしチェンソーマンに変身できる力を手に入れる。そして「公安」という組織に入り、敵の悪魔と戦う。

かっぴー ここまで聞いたらいわゆる少年漫画だなって感じすると思うんですけど、実はすごい大人向けなんですよ。逆に子供付いて来てんのかな?  って思うくらい。

淳 ハハハ!

かっぴー 他の主人公って、海賊王になるとか、家族を殺した鬼を退治するとか、大義があるじゃないですか。でも、「チェンソーマン」の主人公って、恵まれてなさすぎて最初に思い描く夢が「朝飯にパン食いたい」なんですよ。その後に仕事が見つかって、人間らしい暮らしができるようになってくるんです。そしたら次に思い描くのが「胸揉みたい」っていう!

淳 ハハハ!  欲求に正直なんですね。

かっぴー そんな漫画なんですけど、僕がおすすめする理由が、“展開を予想することすら諦めるジェットコースター漫画”だからなんです!

淳 予想をする意味がないということですね。

かっぴー 僕も一応漫画家の端くれなんで、頭の片隅で「この後どうなるんだろうな」って思いながら読んでるところはあるんです。ただ、「チェンソーマン」に関してはもう諦めました。

■Aかな?  Bかな?  と思ったらΩ(オメガ)に行っちゃう

淳 え!?  想像と違うところの展開に行くから?

かっぴー そうなんです! 普通の漫画だったら“Aの選択肢”と“Bの選択肢”があった時に、読者がギリギリ予想できそうで予想できないあたりの A’とかで予想を裏切って話が展開していくっていうのがよくあるパターンだと思うんですけど、「チェンソーマン」はその辺がカオスで、Aかな?  Bかな? それともCかな? と思ったらΩ(オメガ)とかに行っちゃうんですよ。

淳 ハハハ!! あーでもそれは興味出てきましたね。

※以下、「チェンソーマン」の内容に触れた箇所があります。未読の方は注意してご覧ください。

■「俺が思ってる漫画と違う。ギャグ漫画感が入ってるんですか?」

――読者が全く予期できないぶっ飛び展開の例として、かっぴーがあげたのは、デンジの公安での相棒を務めるキャラ「パワー」が起こすある衝撃的シーンだ。パワーもデンジと同様、ぶっ飛んだキャラとして登場するが、その行動から起こる展開がまさにΩの発想だった。主人公とパワーの前に、ある3人が仲間として車に乗って登場する。実はこの中の1人の男の正体は敵で、仲間のふりをして紛れ込んでいたという、ドキドキの場面なのだ。

かっぴー もうやばい状況なんですよ。「この後どんなトラブルが起きるんだろう」と思って読むわけじゃないですか。これがさっきで言うとAかなBかなみたいな所で、気付いたら味方が1人殺されていて……。

淳 段々近いところから殺されていくとかね。

かっぴー そうですそうです。そんなことを想像しながら読者はドキドキして読むと思うんですけど、実は、この仲間に紛れた敵が、数ページ後突然死にます。

淳 え?

かっぴー それが何故かという話なんですけど、では続きを読んでもらっていいですか?

淳 わー!!

かっぴー ハハハハ!

淳 え?  轢いた?  え、 轢いたのパワーちゃんだ!

かっぴー やばくないすか?  敵のスパイを倒す方法が事故死っていう……。ハハハ!

淳 俺が思ってる漫画と違う。ギャグ漫画感が入ってるんですか?

■大袈裟かもしれないけど「でも人生ってそうだよな」って

かっぴー でもね、これギャグじゃないんすよね。マジで死ぬんすよここで。ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれないですけど「でも人生ってそうだよな」って思っちゃって。

淳 フフフ……そうね、次の瞬間何が起こるか分かんないですもんね。

かっぴー この作者さんが、映画が大好きな方で、色んな映画の影響を受けて、映像的に意外な構図だったり、漫画なんだけど映像的なシーンがすごい多くて。で見てほしいのが、第77話 、この回Twitterとかでも「映画みたいだね」と話題になってたんですよ。

淳 へー!

――「映像的に凄い! 」と語るのは、ある最強の敵が登場する回。デンジを殺すため、敵が彼のいるアパートにやってくる。アパートのチャイムが鳴ってから、デンジがドアを開けるまでの恐怖の煽り方が、まるで映画のような臨場感なのだ。

淳 「やばいやばい、このピンポンの向こうにはもう最強の敵がいるよ」っていう状況ですよね?

かっぴー そうなんです。この「ピンポンピンポン」の文字に注目して欲しいんですけど、吹き出しと吹き出しの間が、枠線とかセリフに被ってたりするじゃないですか。「ピンポンうるせえな」って感じしません?

淳 うんうん。

かっぴー これが次のページからもずっと続いてて、まだ主人公達は本当に敵が来たって分かってないんですよ。その背景でずーっとピンポンが鳴り続けてるっていうこの陰影というか、映像を見ているようで。?

淳 なるほどね。

■漫画なのに音響の調整をしてる感じがすごいして

――さらに、恐怖をあおる極め付けは、ピンポンの音が鳴り止むシーンだとかっぴーは語る。

かっぴー パワーちゃんは仲間が帰って来たと思ってるんで、「なあ! アキじゃろ!?」って声かけるシーンがあるんですけど、この文字がここまでで1番大きい文字なんですよ。で、そのあとピンポンピンポン…ポンって止まる。

淳 あーなるほど。

かっぴー 漫画なのに音響の調整をしてる感じがして。

淳 ボリューム感をね。

かっぴー シーーン……てなるきっかけが一番大きい音ってメリハリつくじゃないですか。あーこの人の頭の中では完璧に映像になってんだなって分かって……上手くないすか?

■まだいたんかっていう原始のYouTuber

かっぴー 2つ目はYouTuberです。「チャンネルがーどまん」!

淳 チャンネルがーどまん?

かっぴー がーどまんさんとMY君っていう2人とカメラマンの山ちゃんっていう基本その3人でやってるようなチャンネルなんです。で、淳さんに言うのが怖いんですけど、(淳さんは)芸能界イチのドッキリ仕掛け人じゃないですか?

淳 はいって言うのもおこがましいですけど。

かっぴー このYouTubeチャンネルって毎回、ドッキリをかけ合う内容なんですよ。ただ、淳さんがなさっている企画力のあるドッキリじゃなくて「友達の〇〇壊してみたドッキリ!」とかなんです。

淳 あー!  だからもう実際に壊れちゃうんだ。

かっぴー 壊れちゃうんですよ。冷静に考えるとドッキリじゃないんですよ。

淳 はいはいはい。

◆チャンネルがーどまん
2018年に開設され、登録者数157万人を誇るYouTuber。がーどまんとMYが毎回ドッキリという名の過激ないたずらを互いにしかけ、そのリアクションを見るのが定番になっているチャンネルだ。

淳 ハハハ!

かっぴー ハハハ! このキレ方が(笑)。

淳 この人たちすげーな。

かっぴー 友達にいる感じがするんすよね。プロじゃない、ストリートの輩感がすごいあって。

淳 テレビ的じゃないんですよね。

かっぴー まだいたんかっていう原始のYouTuber。“これぞYouTuber! 漫画には出来ない超絶シンプルなのに笑いの神が降りる動画”で、シンプルに僕、死ぬほど笑った回があるんですよ。

■見終わった後に「マジで10分無駄にしたな」っていう

――かっぴーが爆笑したというアクシデントが起きたのが、MY宅でかくれんぼをする動画。ガードマンがMYの家の壁にハンマーで穴を開け隠れるが、その時に起こった出来事に、かっぴーはどハマりした。

かっぴー ガードマンが2階の壁を破壊して中に入るんですけど、貫通しちゃって、実は階段下から姿が見えているんです。

淳 ハハハ!

かっぴー 隠れてるのに背中丸見えになってるっていう。計算するコンテンツの漫画とかそういうコンテンツでは絶対できないじゃないですか。奇跡が舞い降りている!

かっぴー ハハハ!  壁抜けちゃってるっていう。

淳 くだらねー!

かっぴー やばくないすか? 何の中身もない。

淳 ハハハハハ!!

かっぴー 計算じゃないから面白いし、見終わった後に「マジで10分無駄にしたな」っていう気がするもん。だからこそ本当に純粋にコンテンツとして笑って楽しめるなと思ってます!

■“作り手を知れば魅力が増す! 号泣した私史上最高映画”

かっぴー 続いてのコンテンツは、映画の「ラ・ラ・ランド」です。

淳 アカデミー賞取ったやつでしょ。今までで一番ベタなのが出てきました!

かっぴー そう思うでしょう!僕、そこそこ映画観てる方だと思うんですけど、人生No. 1なんです。

淳 えー!?

◆「 ラ・ラ・ランド 」

2017年2月に公開され、アカデミー賞で6部門を受賞した大ヒット映画。

ハリウッド女優を目指すミアと、ジャズミュージシャンになりたいセブとの恋愛を描いた、ミュージカル映画。しかし、実は「ラ・ラ・ランド」は恋愛映画ではなかった!? 物語を作るクリエイターだからこその視点をかっぴーが語る。

かっぴー これは“作り手を知ればコンテンツの魅力が増す! 号泣した私史上最高映画”です!

淳 俺は泣いてないと思うんだよね。

かっぴー マジすか? 今日帰りに「チェンソーマン」買って、「ラ・ラ・ランド」借りて帰って欲しいです。

淳 ハハハ! もう1回観るんすか??

かっぴー マジでマジで! 説明します。

 まず、作り手を知ればっていうのは言わずもがな監督のことです。チャゼル監督は、そもそも「セッション」という映画を作って、それが売れて注目された勢いで「ラ・ラ・ランド」でも売れたと(いう人がいるが)、それは大きな間違いだと思ってて。実は「ラ・ラ・ランド」の方を先に企画してるんですよ。

淳 へえ!

■監督の分身が主人公に込められている

かっぴー こっから先の話は、物語を作る同業の端くれとしてあくまでそういう目で見てるっていう話です。

淳 うん。

かっぴー 最初に作る作品って、一番自分自身が投影される作品なんですよ。僕が描いてる「左ききのエレン」っていう漫画も、僕は広告代理店で働いてたので、主人公が広告代理店のキャラクターなんですよね。それで、自分が経験した色んな想いとか、後悔とか楽しかったこと辛かったこととか、自分が実際に経験した感情をダイレクトに作品に入れてるんですよ。だから、「ラ・ラ・ランド」が一番最初に作りたい映画だったって聞いたときにピンときたんですよね。これはチャゼル監督の分身が主人公に込められているんだなと思って。

淳 うん。

かっぴー チャゼル監督はジャズミュージシャンになりたかったんですよ。でも、「ジャズミュージシャンの世界は厳しすぎて自分はなれない」って諦めて映画を撮り始めたんですよ!

かっぴー LAにいる人たちで夢見がちな人達のことをスラングでラ・ラ・ランドっていうんですよ。「ラ・ラ・ランド」ってもし意味を汲み取ろうとするならば「夢見がちなおバカさん達」みたいなそういうタイトルだと思うんです。だから結局これはやっぱり夢の話なんだと思ったんです。

 ラスト、セブは夢を叶えてジャズミュージックのバーをやる、そこにたまたま女優として成功したミアがやってきて2人が邂逅し、その時にあったかもしれない未来を走馬灯のように思い描いて笑顔で別れるっていうシーンで終わりますよね。あれが監督の思いだとしたら、映画の中の恋愛要素は、実は表面をコーティングした砂糖菓子みたいな感じなんじゃないかなと。「ラ・ラ・ランド」は、チャゼル監督がジャズミュージシャンへの夢を本当に諦めるための作品だと思ったんですよ。

淳 決別なんだ!  ジャズとの。

かっぴー 「私はこれからハリウッドで頑張ります。でもあなたのこと(ジャズミュージシャンになりたかった夢)は忘れません」っていう物語だと思って。

■「チャゼルは俺だ!」って言いたい

淳 なるほど…おー、鳥肌立ったな! いや、もう1回見たくなった。「え 、ラ・ラ・ランドってベタですね」みたいなこと言ったけど、前言撤回します。

かっぴー 自分を重ねるのはおこがましいんですけど、デザイン業界で僕は「頑張って一廉の人間になるんだ」と思っていた。でも、紆余曲折あって漫画家になれてしまい、今のところ上手くいっているという。だからどっちかっていうとミアの状況というか。

淳 そっか。

かっぴー 「こっから漫画業界で頑張っていくぞ! でもあの時のデザイナーになりたかったっていう思い出は絶対に忘れません」っていう想いで僕は今の「左ききのエレン」描いてるんですよ。

淳 リンクするんだ。

かっぴー そうなんです。すごいなんかリンクしちゃって。こんなこと言ったら世界中の映画ファンに殴られるけど「チャゼルは俺だ!」って言いたい。

淳 ハハハハハ!  最後の熱量!

(田村 淳,かっぴー)

関連記事(外部サイト)