55歳になった本木雅弘 人気俳優の新境地は「高貴さ」と「脆さ」の掛け合わせだ

55歳になった本木雅弘 人気俳優の新境地は「高貴さ」と「脆さ」の掛け合わせだ

本木雅弘 ©文藝春秋

 きょう12月21日は、俳優の本木雅弘の55歳の誕生日である。来年には、1981年にドラマ『2年B組仙八先生』で芸能界にデビューしてから40年を迎える。

 デビューの翌年に布川敏和、薬丸裕英とアイドルグループ・シブがき隊を結成、1988年の「解隊」後は所属していたジャニーズ事務所を退所し、俳優業を中心に活躍を続けてきた。

 俳優としてまず注目されたのは、修行僧となった青年を演じた映画『ファンシイダンス』(1989年)だろう。監督の周防正行によれば、初対面時、まっすぐに人の目を見て話す本木が、永平寺で取材したお坊さんとよく似ており、姿勢もよくて立ち姿も美しく、これなら芝居が下手でも大丈夫だと思ったという。

■浮世離れした高貴なイメージを持つ本木

 いざ撮影が始まると、本木は芝居が下手どころかちゃんとできるうえ、周防のことも事前に調べて、彼が影響を受けた映画監督の小津安二郎のことなども勉強してきた。《それで見事に“小津”してくれちゃうから、僕[周防]が「いや、そこまでしなくていい」って逆に言うぐらい》だったとか(※1)。

 僧侶のようなストイックさ、どこか浮世離れしていて高貴さすら感じさせるイメージは、いまにいたるまで彼につきまとう。撮影には、事前に役について調べるなど十分に準備してのぞむ姿勢も変わらない。

 出演歴を振り返ると、歴史上の実在の人物を演じることも多い。たとえば、1995年にNHKで放送されたドラマ『涙たたえて微笑せよ――明治の息子・島田清次郎』では、作家・島田清次郎に扮した本木のエキセントリックな演技に驚かされた。

 NHKではこのあと、大河ドラマ『徳川慶喜』(1998年)、ドラマスペシャル『聖徳太子』(2001年)でも主演を務めている。いずれも高貴な役どころである。篠田正浩監督の引退作となった映画『スパイ・ゾルゲ』(2003年)では、戦前においてドイツ人ジャーナリストのゾルゲの諜報活動に参加した尾崎秀実(ほつみ)役に起用された。上海でのロケではセリフはすべて英語だったが、本木は見事にこなしてみせた。

 NHKのスペシャルドラマ『坂の上の雲』(2009〜11年)では、主人公のひとりで、日露戦争では連合艦隊参謀として活躍した秋山真之を演じた。

 それにあたっては、広島県江田島の海上自衛隊に2日間体験入隊した。このとき、大きな船艦に乗せてもらい、《この鉄のかたまりで大海原に漕ぎ出したら、どれほど孤独で、どれだけ強くなれるだろう》と想像したという(※2)。

 歴史上の人物に扮した作品にはさらに、戦争末期における昭和天皇を演じた映画『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督、2015年)がある。これは1967年の岡本喜八監督作品のリメイクだが、旧作では歌舞伎役者の八代目松本幸四郎(のちの初代松本白鸚)が天皇を演じたものの、その姿を正面から写すことはなく、キャストクレジットにも明記されなかった。

 それをリメイクでは、天皇の動向もきちんと描くことになった。原田監督からの希望はひとつ、《物真似はしなくていい。“本木”天皇を演じてくれればいいから》というものであった(※3)。これに本木は若干戸惑いつつも、自分なりに文献や映像資料などにもあたりながら考えた末、《昭和天皇の姿をベースに歴代の天皇が受け継いできた和への祈りのようなものを纏い「天皇としての“役割”」を演じようと心掛けることにしました》という(※4)。

■義母・樹木希林が本木に伝えた言葉は…

 昭和天皇の役を引き受けるにあたっては、その役の大きさにさすがに迷ったという。そこで本木が相談したのが、義母である女優の樹木希林だった。このときのことを彼は次のように振り返っている(※4)。

《希林さんは『原田さんがあなたにオファーした理由がわかるような気がする』と言うんです。つまり、あなたの持つ、生活感が見えにくく、何にでも器用に変化できるとも言えない幅の狭い感じをうまく利用すれば、どこか浮世離れした特別な人物が醸し出すものを自然に表現できるんじゃないの? と。実際にはこんなに詳しい説明があったわけではないですが、常々言われていることを総合するとそういうことなのかなと(笑)》

■樹木が言う「幅の狭い人」という言葉の意味

 引用した発言にもあるように、樹木からはとにかく「よくも悪くも、あなたってとても幅の狭い人ね」と言われていたという(※5)。彼が演じてきた役の幅広さを考えると意外な指摘である。

 しかし、プライベートの本木は《幼い娘に着せた服が似合っているのか、三歩下がってじっと見る……とか、テレビ台の下に敷いたカーペットの僅かなヨレが気になって、いつまでも直しているとか》いった「つまらないこだわり」を持っており、そこから樹木は「幅の狭い人」と見たらしい(※5)。

 樹木からは、茶人の千利休の役でもやれば、そういうつまらないこだわりも活かせると言われたこともあるという。彼いわく《千利休は、自分の美意識の一点を高めて、ある種の「狭さ」を持って茶道を極めた人ですよね。そこに似た「狭さ」が僕にもあると言うんですね》(※5)。慧眼で知られた樹木、しかも同業者にして家族だけに、これはかなり彼の本質を突いているのだろう。

『日本のいちばん長い日』の翌年、2016年に出演した西川美和監督の映画『永い言い訳』では、高貴な役から一転してダメさも弱さもたくさん持った小説家・衣笠幸夫(ペンネームは津村啓)を演じた。

 冒頭からいきなり妻に当たり散らすその役をオファーされたとき、《初めて身の丈に合った役柄が巡ってきたと思った》という(※6)。

《脚本を読めば、幸夫は自分にも通じるような捻れた自意識、当惑、混乱、自虐、と人間の脆さ満載だし。さらに、結果この主人公は自力では変っていけず、周囲の人間たちとの関わりによって、わずかに差した光のようなものに気づかされていくという、そのへんの情けないリアル感がなかなか到達しない感じも、まさに今の自分の身の丈にあっているなと思ったんです》(※6)

 ここから撮影には、素の自分の嫌な部分を総動員して晒しまくる覚悟でのぞんだ。ただ、西川監督からは、そういう演技をするたびに、「いまのはやりすぎです」とセーブされたとか(※6)。それでも、周囲の人たちからは口をそろえて「酷似してる」と言われたというから(※7)、幸夫と本木には近い部分がかなりあったようだ。

 今年は、NHKの大河ドラマでは『徳川慶喜』以来22年ぶりの出演作となる『麒麟がくる』で戦国武将・斎藤道三を演じた。「まむし」や「梟雄(きょうゆう)」と呼ばれ恐れられた道三だが、本木は自分なりにこんなふうに演技プランを立てた。

《私は、どちらかといえば感情の発露が少ないタイプですし、抑制をしてしまいますが、道三役では、ここぞというときはあえてタガを外してみようと思っています。ちょっと恥ずかしいのですが(笑)》(※8)

 この言葉どおり、本木の演じる道三は、ときに脇目もふらずに嗚咽するなど喜怒哀楽が豊かだった。また案外ケチだったり、かと思えば、娘婿に毒を入れた茶を勧めて殺害したりと、俗っぽさも近寄りがたさも併せ持った人物となっていた。

 樹木希林からは、「当たり前でいることがどうもうまくできない人ね」「それはいち役者の持ち味としては稀少だけど、もう少し自由なところへ自分を解放しないと苦しいわよね」というようなことも言われていたという。

■“高貴さ”と“等身大の役柄”の掛け合わせという新境地

『永い言い訳』公開時のインタビューでは、樹木の言葉を受けて《いちおう私ももう50ですが、この世代の役者に見るその年齢なりの佇まいとか男の渋みみたいなものを出せるタイプでもないので無理がある。かといって、役者としていつまでも青年病みたいなものに罹り続けているというのもやっぱり虚しいので、別の色合いを発掘しなければならない》と語り、年齢なりの年の重ね方はできなくても、それが魅力となるような俳優像を模索していた(※6)。

 それから約5年。50代も半ばに入った本木雅弘が演じた道三は、浮世離れした高貴な役柄に、『永い言い訳』で演じたような時々脆さも見せる等身大の役柄を掛け合わせたものともいえそうだ。そこにはどこか余裕もうかがえる。これを機に彼は俳優として新たな扉を開きつつあるのかもしれない。

※1 武藤起一編『シネマでヒーロー[監督篇]』(ちくま文庫、1996年)
※2 『プレジデント』2009年12月14日号
※3 『キネマ旬報』2015年8月増刊号
※4 『文藝春秋』2015年7月号
※5 『文藝春秋』2020年1月号
※6 『キネマ旬報』2016年10月下旬号
※7 『AERA』2016年10月17日増大号
※8 『厚生労働』2020年1月号

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)