長澤まさみ、綾瀬はるか、結婚発表したあの女優も…「00年デビュー組」を振り返る

長澤まさみ、綾瀬はるか、結婚発表したあの女優も…「00年デビュー組」を振り返る

長澤まさみ ©?getty

【祝20周年】加護亜依、倖田來未、水樹奈々…2000年デビューの歌姫は“波乱万丈”だった から続く

 2000年は、今も第一線で活躍する女優たちが数多くデビューした年でもある。そんな年にデビューした芸能人たちの“あの頃”を振り返ってみた。(常田裕/清談社)(前後編の後編/ 前編 を読む)

■同じ『セカチュー』ヒロインでブレイク 長澤まさみ・綾瀬はるか

 2000年にデビューした一人が、同年の「東宝シンデレラオーディション」でグランプリを獲得し、女優デビューを飾った長澤まさみ。

 NHK朝ドラや映画『ゴジラ』の出演など、女優として大切に育てられた長澤は、04年公開の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』でブレイクする。白血病の役のためにスキンヘッドにしたことも話題になったが、当時のインタビューでは「役のためならヌードも辞さない」という趣旨の発言をするなど、女優としての覚悟は筋金入りだった。

 同じ年には綾瀬はるかもデビューしている。もっとも大切に育てられた長澤とは対照的に、デビュー当初の綾瀬は嫌というほど下積みの苦労を味わっていた。

 伝統ある「ホリプロスカウトキャラバン」の審査員特別賞を受賞して芸能界入りした綾瀬だが、当初は女優の仕事よりもグラビアでの露出が多かった。しかもデビュー後のストレスで8sも激太りしてしまい、ホリプロの大先輩・和田アキ子がMCを務めていたバラエティ番組『B.C. ビューティー・コロシアム』で、「痩せなければ引退」というダイエット企画に挑戦させられる“崖っぷちアイドル”だった。

 転機は19歳になった04年。奇しくも長澤と同じ『世界の中心で、愛をさけぶ』のテレビドラマ版のヒロインに抜擢されてトップ女優の仲間入りを果たす。以降は数々の映画やドラマで主演を務め、NHK大河ドラマ『八重の桜』の主演や紅白歌合戦の司会にも起用される“国民的女優”に成長した。

■子役・美少女から?“人妻”となった戸田恵梨香、上戸彩

 他にも、小学生から子役として活動していた戸田恵梨香や、1997年の国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞していた上戸彩が女優デビューを果たしたのもこの年だ。このうち上戸は12年にEXILEのHIROと結婚しており、戸田も先日、俳優の松坂桃李と結婚を発表したばかり。独身を続けている長澤、綾瀬にも注目が集まっている。

 この時代の特徴として、ファッション誌の人気専属モデルだった山田優(CanCam)や香里奈(Ray)が続々と女優業に進出するなど、「モデルから女優」というデビューが目立ちはじめたことも挙げられる。後に北川景子、蛯原友里や押切もえなどが続き、読者モデルも含めれば、今や芸能界デビューへの王道コースとなっている。

■氷川きよしと“21世紀の裕次郎”

 テレビではSMAPが絶頂期を迎えており、ドラマ『ビューティフルライフ』や『池袋ウエストゲートパーク』などが大ヒット。99年にはジャニーズから嵐がデビューしている(現在のような人気を集めるのはもう少し先のこと)。ただ、全般的に見て男性芸能人は停滞気味で、90年代バンドブームの流れから盛り上がっていたビジュアル系バンドの人気も下火になりつつあった。

 そこにデビューしたのが演歌歌手の氷川きよし。演歌はすでに斜陽のジャンルと見られていたが、ビジュアル系のように派手な衣装と確かな歌唱力を備えた売り出し方は、新たなファン層を開拓することになった。

 当時、よく語られたのがビートたけしが氷川の芸名を命名したというエピソード。ただし、これは所属事務所の長良じゅん社長がたけしに頼み込んだ話題作りだったことが後に明かされている。

 演歌界のプリンスとして長く活躍してきた氷川だが、ここ数年の“限界突破”ぶりは周知のとおり。「自分らしく」フェミニンな衣装を堂々と着こなし、演歌の枠を飛び越えてハードロックやアニソンを熱唱する姿は、若い世代からも好意的に受け入れられている。

 ゼロ年の「デビュー」を語るうえで外せないのが賞金総額1億円、応募総数5万人超という破格の規模で開催された「21世紀の石原裕次郎を探せ!」なる新人オーディションでグランプリを獲って華々しく芸能界入りした徳重聡だろう。ちなみにこのオーディションには、後に総理大臣に就任する小泉純一郎の長男・小泉孝太郎も応募しており、二次審査で落ちたものの、これがきっかけで芸能プロにスカウトされ俳優となっている。

 前途洋々と思われた徳重だが、大々的に売り出されるはずだったスペシャルドラマ『西部警察2003』が、撮影中に起きた人身事故によって制作中止に追い込まれてしまう。その後は石原軍団の若手として『弟』『マグロ』などのドラマで経験を積み、近年は『下町ロケット』の演技などで、味のあるバイプレイヤーとして注目されるようになっている。

 今年8月には石原軍団を率いてきた渡哲也が死去。石原プロモーションの解散も発表されており、徳重も他事務所に移って新しいスタートを切る予定だ。

■オードリー、ナイツ、南キャン……実は大豊作だったお笑い芸人

 バラエティ全盛の現在から見れば、当時のお笑いシーンはお寒い状況だった。80年代から一線に君臨し続けるお笑いビッグ3や、90年代に天下を獲ったダウンタウン、ウッチャンナンチャンは健在だったものの、お笑いのネタ番組は数えるほどしかなかった。

 芸人を目指す若手にとっては厳しい時代だったが、実はこの年にデビューした芸人はオードリー、ナイツ、ウーマンラッシュアワー、流れ星、南海キャンディーズの山里亮太と大豊作。後にこのメンバーを集めた『ミレニアムズ』という深夜番組が作られたほど(番組は1年で終わってしまうが)。

 この世代は吉本の芸人学校・NSCでいえば大阪22期、東京では5期となり、他にも西野亮廣と梶原雄太のキングコング、ダイアン、とろサーモンの久保田かずのぶ、又吉直樹と綾部祐二のピース、平成ノブシコブシなどがいる。

 01年に始まった『はねるのトびら』ですぐにブレイクしたキングコングを除けば、いずれもそれなりの下積み時代を経験しているのだが、時代は彼らに味方した。島田紳助の発案で「M−1グランプリ」が始まったのは、彼らがデビューした翌年のこと。ここからお笑いバラエティが再び盛り上がり、多くの芸人たちが世に出ることになった。

(清談社)

関連記事(外部サイト)