「声優志望者も業界も『アイドル』を求めてる」ジブリに愛された声優・島本須美さんの“危惧”

「声優志望者も業界も『アイドル』を求めてる」ジブリに愛された声優・島本須美さんの“危惧”

島本須美さん

セリフのリテイクを20回も…「ジブリに愛された声優」が語る“『もののけ姫』で一番苦労したこと” から続く

 国民的映画として愛されてきた『風の谷のナウシカ』が2020年12月25日に「金曜ロードSHOW!」で放送される。

 同作でナウシカ役を演じたのは、『ルパン三世 カリオストロの城』クラリス役や『もののけ姫』トキ役など数々の宮崎駿作品に出演し「ジブリに愛された声優」と呼ばれる島本須美さん。現在はS&S声優コースの講師として声優の卵たちの指導にもあたっている。

 声優業界における変化や、業界に対する問題意識について聞いた。(#1〜#3の#3/ #1 から読む)

◆◆◆

■同業者に「上手かった」と褒められて考え込んだ

――メイキングDVD『「もののけ姫」はこうして生まれた。』を観ると、『もののけ姫』が宮崎監督のボイスキャストに対する考え方の分岐点になっているのを改めて感じます。“演じている声”や“演技慣れしている声”との決別といいますか。

島本 同業者の方に「『もののけ姫』では、須美さんが上手かった。すごい演技力だった」と言われて考え込んだことがあるんです。

 いわゆる舞台や映画での俳優というのは姿が見えている。それを踏まえてのセリフなので、そこに演技力のすべてを込める必要がないわけじゃないですか。姿が見えるということは、他のところでも演技ができるから。

 でも、声優さんは姿じゃなくて声にすべてを懸けようとするから、入りすぎちゃう、やりすぎちゃう可能性があるんですよ。だから、他の方たちはやりすぎない芝居をされているか、私が声だけで表現しきれちゃう芝居をしちゃったので『もののけ姫』では逆浮きしているんじゃないかなと。

 これは自分で自分をうまいと褒めているわけじゃなく、同業者に褒められたことで、「そうか。だから、『もののけ姫』以降は声優さんをあんまり使わなくなったのかな」と思ったりもしたんです。

 姿に頼ってセリフを言っている俳優さんたちは、わりとセリフがスカスカになってしまう可能性がある。私たちからすると「なんで心を込めないのかな」と捉えてしまいがちになる。でも、そこは姿ありきの演技と声にすべてを込める演技との違いなわけです。だから、一概にどちらがいいとは言い切れないんじゃないかな。

――島本さんが考える上手い“声の演技”とは、どういうものでしょう?

島本 「こんなかわいい声で私はしゃべれるのよ」っていう演技は、わりと誰でもできちゃうんです。ただ、それゆえに誰かと似てしまう。そうじゃなくて、普通にしゃべっている声のままで役をきちんとこなせるようになるのが一番かなって。

 最近、私はセリフには聞こえないようにセリフを言うことをポリシーにしています。リアリティーのある、日常会話に近いような、声優さんの存在が見えてこないしゃべり方にしようと心掛けています。『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』に呼んでいただいて演じた津村容莉枝役は、やりやすかったかもしれません。

■宮崎駿監督は、新鮮な演技を求めていたのではないか

――『もののけ姫』以降の宮崎作品は俳優中心のキャスティングに移行しますが、オーディションに呼ばれることは?

島本 ないです。そのあたりの事情は分からないですけど、だんだんとシフトしてきている感じではありましたよね。メインキャストに、ひとり、ふたりと俳優さんが入ってきてという。『紅の豚』もそうでしたし、『ナウシカ』でアスベル役を演じた松田洋治君も子役さんとして頑張ってらっしゃっているなかで、声の仕事にチャレンジしたわけですし。『となりのトトロ』だと糸井重里さんがお父さん役をやったりね。

 新鮮な演技を求めていたんだと思います。『風立ちぬ』で庵野秀明監督が出演されているくらいですものね。

――宮崎監督が島本さんにクラリスとナウシカを演じてもらいたいと考えたのも、声の魅力に加えて初々しさや新鮮さを求めていたところがあったのではないでしょうか。島本さんも当時、青年座の俳優としても活動されていたわけですし。

島本 そうだったのかもしれないですね。声優声優していない芝居でしたものね。

――クラリスとナウシカを演じられたわけですけど、若い声優さんから当時のことを訊かれたりするものですか。

島本 まったくないです。だって、もう私なんて知らない人はいっぱいいるし。「一生に一度は、映画館でジブリを。」っていうキャンペーンを映画館が仕掛けたので、初めて『風の谷のナウシカ』を観ました、っていう方もいらっしゃるぐらい。「映画館で観ると、やっぱり『ナウシカ』ってすごいんですね」とか「ジブリの最高作です」といった感想はいただいたりしているみたいだけど。たぶん、若い声優さんにとっては昔の世界なんでしょうね。

■今の若い俳優は「アイドル性を求められている」

――S&S声優コースの講師として声優志望の方々にレッスンもされていますが、最近はどういうスタンスで声優を目指している方が多いですか?

島本 華やかな部分に憧れている人が多いですね。歌えるか、踊れるか、イベントに参加できるかみたいな項目が書いてあるシートがあって、それをキャスティングの際に用いるらしいです。「歌えません」とか「条件によってはイベントも参加可能」といった項目に、バツとかマルとか三角をつけてキャスティングするみたい。要するに、アイドル性が求められている部分が強いんです。

 でも、映画にしても、歌の世界にしても、アイドルって短期のものじゃないですか。いつまでもアイドルではいられないわけで。声優界がアイドル探しみたいな状況になっているからこそ、アイドルになった後先のことを考えないと。女優さんに転身するとか、レポーターになるとか、作家になるとか、いろいろと道はあるとは思うんだけれども、そこを上手に進まないと駄目だなって。

 女性の声優だったらお母さんになって終わりとか、アイドル時代が終わったら「次の仕事はどうしよう?」と慌てて考えなきゃいけない人が出てきちゃうんじゃないかなと思っています。

――そういった風潮があると、業界の多様性の幅も狭まっていきそうです。

島本 アイドルに憧れている、アイドルを目指している人が声優になっていくので、業界的にちょっとした飽和状態になっている気がして。どうしたって主役の座は、数が限られているんですよ。自分に近いところで、キャラクター作りをしていかないと。

 可愛い声を出すことは誰でもできることだし、そういう声で主役を目指しても競争相手が多いわけだから道は遠い。だから、自分の声に合う、演技の仕方が自分に合うキャラを見つけていくことが大事な気がします。

■声優の仕事は、いい声の人たちばかりで成り立ってはいない

――そこが個性となって、得難い存在の声優になれると。

島本 声優の仕事って、いい声の人たちばかりで成り立っているわけではなくて、ちゃんと脇をしっかり固めてくれる素敵な人もいるからこそ、みんなの力が合わさってひとつの作品が出来上がる。

 自分の声と感覚に合ったお芝居をしている声優さんやキャラクターを見つけたら、その人について調べて取り込めるものをどんどん取り込んでいく、そして、その人の後進的存在になることのほうが、声優になれる、声優としてやっていくことの近道になるんだよって指導はするんですけどね……あまりピンとこないみたい。

 素敵なサブキャラクター、それを演じられる人って、やっぱり必要とされているんです。そういう人は主役からサブキャラに落ちたんじゃなくて、最初からしっかりとサブキャラができる人。サブキャラをやっていた人が、作品の“芯”になれることもありますから。

■声も大事だけど、それだけじゃない

――声優志望者も職業としての声優というより、スターとしての声優に目が向いている、業界としてもそこを推進しているところがある、という感じなのですかね。

島本 それはありますね。「水樹奈々さんに憧れています」と言われて、「歌は上手?」と訊くと「歌は下手ですね」「それじゃ、駄目じゃん」って。水樹さんを目指して歌を頑張っているわけでもなく、紅白に出たとか歌が上手いとか水樹さんのアイドル性に憧れているだけで終わっちゃっている。声を作って演じているアイドルが声優みたいな捉え方。

 もちろん声は大事ですけど、読解力なども大事なんです。だけど、台本をそんなには読み込まず、とりあえず映像に合わせるみたいな感覚になっている。でも、現場にいくと絵に色がまったく付いていない状態だったり、絵が動かない状態だったりすることもあるんですね。

 そうなると台本を読んで頭の中で映像を動かさなきゃいけないのに、動かせないから演じられなくなっちゃう。もちろん、若い方で上手な人もいっぱいいます。いま、30代以上で生き残っている人たちは頑張ってきた方々だと思います。

■今後も声優業界が存続するためには

――このまま声優の偏りが進むと、一種の人材不足になりますね。

島本 まぁ、業界が消滅するというか。劇場用作品で俳優さんがキャスティングされることが多くなっちゃったでしょう。それが良いか悪いかは別として、俳優さんばかりになってしまうと作品の脇が薄くなるというか。あんまりこういうこと言うと、私もキャスティングから外されるかな(笑)。

――最後になりますが、島本さんにとって宮崎監督との出会いにはどんな意味がありますか?

島本 いまも声優として残っていられるのは、宮崎さんとの出会いがあったからだと思います。出会っていなかったら、声の世界ベッタリにならなかったんじゃないかなと思います。売れない俳優生活を続けていたかもしれないです。

写真=鈴木七絵/文藝春秋

【参考文献】
▽「映画 風の谷のナウシカ GUIDE BOOK 復刻版」徳間書店 2010年
▽「島本須美 これからの私」徳間書店 1984年
▽責任編集・養老孟司「キネ旬ムック フィルムメーカーズ 宮崎駿」キネマ旬報社 1999年
▽浦谷年良「『もののけ姫』はこうして生まれた。」徳間書店 1998年

(平田 裕介)

関連記事(外部サイト)