桂浜水族館・コツメカワウソ誕生お祝い「授乳が始まると、お父さんはどうしていいかわからず…」

桂浜水族館・コツメカワウソ誕生お祝い「授乳が始まると、お父さんはどうしていいかわからず…」

©?桂浜水族館

 2020年9月28日に、高知県高知市の桂浜水族館で4頭のコツメカワウソの赤ちゃんが誕生した。その愛くるしい様子で、桂浜水族館の公式SNSも大人気だ。一般公開は2021年1月2日を予定している。小さな命の誕生を記念して、公式Twitterの「おとどちゃん」( @katurahama_aq )に、エッセイを寄せてもらった。

 ◆◆◆

■虹の橋を渡ったコウメ

 アパートやマンションの窓を見るのが好きだ。ベランダに溢れ出る生活感、プランターひとつにもそこで暮らす人の色彩が垣間見える。建物の中にいくつものいのちがあって、窓の奥にそれぞれの時間が存在している。そこには確かに人生がある。手繰り寄せるいのちの集積。いつかその場所が空き地になった時、そこになにがあったか思い出せなくならないように、柔らかい風に頬を撫でられたから、もう少し歩こう。

 令和2年9月28日、コツメカワウソの王子と桜の間に4頭の赤ちゃんが生まれた。王子は大分マリーンパレス水族館「うみたまご」から桂浜水族館にやってきたオスのカワウソで、桜と出会う少し前までコウメというカワウソとともに暮らしていた。王子もコウメも子どもを作りにくい身体をしていて、2頭は子宝に恵まれることがなかった。

 夏が深まる令和1年7月のこと、コウメは老衰のためこの世を去った。彼女が天国へと旅立った日は、これから抱く寂寥を騒ぎ立てるように朝から蝉時雨が空を叩いていた。寄せては返す波が薫る昼下がり、彼女は静かに息を引き取り、ここでのいのちの更新を終え、天国で生きることを選んだ。17歳だった。

 コウメが亡くなってからしばらく、王子はひとり精彩を欠きいつも寂しそうに鳴いていた。カワウソ舎に立ち寄ってみると「コウメは? コウメはどこに行ったの?」と無垢な瞳で見つめてくる。心許無い声で鳴いて、彼女の名を呼び続ける姿に何度も胸を締め付けられた。

■桜がやってきた

 桜が桂浜水族館にやってきたのは、令和2年2月25日のことだった。福岡市動植物園から王子のパートナーとしてやってきた桜は、搬入直後こそ少し緊張している様子だったが、麻袋から顔を出してこちらの様子を窺ったり隠れたりを繰り返した後、すぐにエサを食べ「結構肝が据わってるな」と飼育員たちを笑わせた。

 王子と桜はすぐに打ち解けた。飼育員の手により人工保育で育った王子は、親から泳ぎ方を教わっていないために足がつかない水場が苦手で、桜と出会うまでは浅いプールを泳ぐことすらあまり積極的ではなかった。しかし彼女と出会い、コウメの死を乗り越えた頃から、彼は桜の泳ぎを真似て水を張った桶で泳ぐようになった。カワウソ舎に立ち寄るたびに、桶の中を遊泳していた王子がひょっこりと水面から顔を出して、誇らしげな表情をして見せるのがどうにもいじらしくて愛しい。

■お腹が膨れ、体重が増えているけれど……

 初めて2頭が交尾をしているところを見た日は、飼育員たちが皆歓喜した。その後も何度か仲睦まじい様子を確認し、そのたびに飼育員たちはふたりの間に奇跡が起きることを祈った。しばらくすると桜のお腹が大きくなりだし体重も増えてきた。しかしこの頃はまだ飼育員も桜が本当に妊娠しているか判断しかねていた。ただ単に環境に慣れて食欲が増し、よく食べるからお腹が膨れ体重が増えているだけかもしれない。給餌の際に桜のお腹に触れて確認してみるも、まだ誰もコツメカワウソの妊娠と出産に立ち会ったことがなかったために断定できず、勝算は5分5分といったところだった。しかし数カ月が経つ頃には、桜のお腹もすっかり大きくなり、はっきりと妊娠の兆候が見えてきた。飼育員たちは赤ちゃんがいつ生まれてもいいように誕生に向けて準備を始め、夕方のミーティングでは「もしかしたら明日かもしれないね」と赤ちゃんが生まれるのを心待ちにする声が飛び交った。

■赤ちゃんの誕生!

 そうして迎えた待望の赤ちゃん誕生日。午前4時前に宿直から海獣班のリーダーに連絡が入った。

「カワウソ舎の奥から微かに赤ちゃんの鳴き声のようなものが聞こえる」 

 連絡を受けた飼育員が直ちに水族館へと向かい、カワウソ舎の裏に併設してある寝室の前で耳を澄ませると「ピィピィ」と小さくも力強く鳴く赤ちゃんの声が聞こえたそうだ。

 その日の朝、水族館に着いて1階の事務所に行くと、海獣班のリーダーがチケット売り場の椅子に座り、腕を組んで口を噤んでいた。

「――……生まれた」

 なぜか少し怪訝そうな表情だったが、その裏に隠れた喜びを感じた。彼に誘われてカワウソ舎へと向かう。王子と桜に給餌する様子を背中越しにそっと覗き込むと、小さないのちがひとつ見えた。湿った産毛を纏った身体を震わせながら懸命に鳴いている。給餌時、桜は飼育員が差し出した魚の切り身やキャットフードを食べながら2頭目を出産した。そうして彼女は1頭目の出産から約10時間かけて4頭の赤ちゃんを産んでくれた。

 王子と桜にとって妊娠や出産は初めてのことだったが、それは桂浜水族館の飼育員たちにとっても初めてのことだった。

「ピィピィ、ピィピィ」と一生懸命大きな声を出して鳴く姿に生命を感じ、喉の奥がじわりと熱くなる。

 桜、ありがとう。いのちを分けてくれて。

■初めての子育てにおろおろする王子

 2頭にとって初めての妊娠、出産、子育て。カワウソは子育てを両親で行う生きものらしいが、人工保育で育った王子にとって自分が受けていない「子育て」をわが子に施すのは不思議の連続なのだろう。飼育員が給餌時に近づくと、王子は生まれたての子どもを咥えてこちらに連れてきた。人工保育で育った個体にとってはわりと普通の行動なのだそうだ。

「王子、ええで。わかったわかった。赤ちゃんな、大丈夫。桜ちゃんに返してあげて」と飼育員が王子を宥める。王子が適当に地面に落とした赤ちゃんを、桜が少し息を荒げて迎えに行き、首を咥えて寝床に戻す。桜にシャッと怒られて王子は一瞬身を引くも、どうしていいかわからずまた子どもを咥えて飼育員に見せようとする。しばらくそんなやりとりを繰り返し、王子の行動に辟易しつつ彼を制してなんとか食事を終えた桜は、すぐにベッドである衣装ケースの中で横になると、赤ちゃんたちを抱きかかえ授乳の体勢に入った。王子は自分が何をしていいかわからず、タオルを引っ張ったり、桜から赤ちゃんを引き剥がしたりし、また余計なことをするなと桜に咎められていた。

 生まれたばかりの頃は体長約17センチ、体重60グラムほどだった4つのいのちは順調に育ち、10月10日には薄っすらと目が開き始め、生後1カ月を過ぎた辺りにはみんなしっかりと目が開いた。

 どうか初めて見た空が優しい色でありますように――。

■「俺もいつか子どもできたら」

 目が開いた赤ちゃんたちはさまざまなものに興味を持ちはじめ、首が据わるとよく動きまわるようになった。毎朝行う体重測定では、立ち上がりバケツの縁に手をかけて飛び出ようとするので、飼育員たちも気が気ではなくなった。赤ちゃんたちの体重は少しの減少を挟みながらも日に日に増えていき、すぐに最初に使っていたバケツには収まりきらなくなった。バケツの大きさを変えてみるも、元気に動きまわるために測定器の上でぐらぐらとバケツが動いて倒れそうになる。毎朝なんとか4頭の体重を測る日々。もはや飼育員と赤ちゃんとの戦いだ。

「俺もいつか子どもできたらこんな風に毎日大変なんやろうな」

 海獣班のリーダーがそんなことをぽつりと溢した。その横顔は慈愛に満ちていて、いのちにとても真摯だった。

■鯖やワカサギの味

 カワウソは約3カ月の授乳期間を要するそうで、飼育員たちは生後2カ月を過ぎた頃から赤ちゃんたちの離乳に向けて準備を始めた。ふやかしたキャットフードや細かく切った鯖、ワカサギを口に入れてみる。生まれて初めての感覚や味に戸惑っているのだろう、赤ちゃんたちは口に入れられた固形物をすぐに吐き出して皆ピィピィと大きな声で鳴きながら手足をバタつかせた。しかし何度か繰り返すうちに味を覚えたのか口に入れても吐き出さずに小さな歯でちゃんと咀嚼して飲み込むようになり、次第にそれらを「おいしいもの」だと認識すると、口の前に差し出すだけで自ら顔を寄せて食べるようになった。飼育員たちはそんな赤ちゃんたちの成長に「おお! 上手だねえ。すごいねえ。おいしいねえ」と口元を緩め顔を綻ばせた。固形物を食べさせることができるようになれば、母体任せだった体重をこちらでコントロールできるようになる。女の子の赤ちゃんは母親譲りの性格からか肝が据わっているようで、はじめこそ嫌がったもののすぐに食事に慣れ、細切れの魚を口の前に持っていくと、早い段階で積極的に食べるようになった。男の子の方は父親譲りの性格なのかしばらく駄々をこね続け、飼育員たちが一番クセが強いという身体が大きな男の子は硬く口を噤んで頑なに拒絶した。そうしているうちに歯も生えそろい、飼育員が赤ちゃんの口に魚を入れる際に指を噛まれるとちゃんと血が出るほどになった。手足の力も強くなり、掃除や給餌の時間に部屋から出すために使う移動用の籠も随分と手狭になってきた。

■日に日に成長する4つの命

 いのちは儚くて、生命は逞しい。ピィピィと鳴く声が日を重ねるごとに大きくなる。これから次第に顔も性格もそれぞれのかたちを形成していくのだろう。小さないのちたちもそれぞれの色彩を纏ってそれぞれの時間を生きていく。4つの個性を生きていく。

 ここで紡がれるすべてのいのちの声にずっと耳を傾けていたい。そんな日々に栞を挟むようにシャッターを切って明日を描こう。

 衣装ケースの中で寝ていた赤ちゃんたちが、飼育員の手によって日溜まりのもとにやってきた。籠の中で身を寄せ合い丸まってすやすやと眠っている。柔らかないのちに向かってキラキラと降り積もる太陽の光が海雪のように見えた。ゆっくりと瞼をもち上げた一頭と目が合ったが、眩しそうにしてからまたすぐに目を閉じた。

■未来へ……

 いのちとともに生きるということは、彼らがその更新を終える瞬間に立ち会うことも約束しなくてはならない。桂浜水族館でもカリフォルニアアシカの「リサ」が天国へと旅立ってからまだ間もなく、その後を追うようにコツメカワウソの「コウメ」「ソラ」がここでのいのちの更新を終えた。重なった最愛の生きものたちとの別れ。その悲しみが癒えないうちに突如世界中に蔓延しだした新型コロナウイルス。感染拡大を受けての戦後初の長期休館。その最中にさえ避けられなかったもうひとつの別れ。先が見えない暗いトンネルの中に差した一筋の光。亡くしたいのちたちが天国から手繰り寄せてくれた奇跡。赤ちゃんの誕生は、この浜辺の小さな水族館をきっと未来へと繋いでくれる。

「生まれてきてくれて、ありがとう」

 小さな浜辺の水族館に降り積もるいのちの耀き、その海雪に傘を差せば。

(おとど)

関連記事(外部サイト)