「年上男性の“昭和な攻め”は可愛い」フォロワー500万人突破のAV女優・三上悠亜が草食男子を斬る

「年上男性の“昭和な攻め”は可愛い」フォロワー500万人突破のAV女優・三上悠亜が草食男子を斬る

©文藝春秋

 いま飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を集めているAV女優がいる。2015年6月、国民的アイドルグループの名古屋支部からアダルト業界に異例の転身をした三上悠亜(27)だ。三上は「Princess Peach」(MUTEKI)でAV女優としてデビュー後、一気にブレイク。「DMM.R18アダルトアワード」「スカパー!アダルト放送大賞」「このAV女優がすごい!」などの各賞を総なめにしてきた。さらに三上はAVだけでなく、K-POPアイドルグループ「HONEY POPCORN」でセンターを務めたり、アパレルブランド「miyour’s」をプロデ'ースするなどその活動は多岐にわたっている。男性ばかりでなく、女性からの支持も高く、TwitterやInstagramなどSNSのフォロワーは計500万人を超えた。

 そんな三上が「文春オンライン」特集班の独占インタビューに答えた。AV女優としての心境の変化から、自身の恋愛・結婚、元アイドルとしての追想まで。AV女優としては“センター”を掴んだともいえる三上が語る“現在地”とは――。

(全3回のインタビューのうちの第1回)

◆◆◆

■世間の見方が変わったのかな

――2015年にデビューしてから5年半が経ちました。この間大きく変化したことはありますか?

「明確に変わったのは、デビュー時から比べて女の子のファンが大幅に増えたことです。私が入った頃は本当に女の子のファンが非常に少ない業界だったので、世間の見方が少しだけでも変わったのかなって思います。

 今年に入って、アパレルブランドをリニューアルしたりだとか、女性誌の連載を頂いたりだとか、あとは、女性用のドレスのモデルや下着のモデルをやらせて頂いたりだとか。女性を相手にした仕事も増えました。AVの撮影の仕事は月に2日あるんですが、その2日間以外は服を着た仕事をしています。脱ぐことが本当に減りましたね」

■女の子とAVは、絶対に交わることがないと思われていた

――デビュー当時からそうしたいと思っていたんですか?

「もともとアダルト業界全体を変えていきたいという大きい夢を持ってたわけじゃないんです。でも、確かに女の子に認めてもらいたいとか、支持されたいっていうのは、目標にしていた部分があります。当時、女の子とAVは、絶対に交わることがないと思われていたので、そこを突破したいという気持ちはありましたね。

 デビューした時にはもう女性にも見てもらいたいなっていう気持ちを持っていました。そこで、女の子でも親しんでもらえるようにInstagramを中心に、自分の好きなお洋服とかコスメとか、普段使ってるものを載せるようにしました。AV女優さんが自分の私生活を紹介してるのってあんまり見なかったので。そうしたら、ファッションやメイクを真似したいっていう女の子が徐々に増えてきたんです。私の女性ファン層は20代が多いんですが、今は高校生や大学生のファンもちらほら見かけます。だからInstagramはあまり過激にならないように気をつけてます」

■SNSの投稿は最優先事項で大事にしています

――三上さんのSNSのフォロワーはTwitterやInstagramなどあわせて500万人を超えました。ファンを獲得するために意図的に実践していることはありますか?

「えー! 全然ないですね。気づいたら増えてた(笑)。もちろんフォロワーさんを増やしたいって気持ちはあったんですけど、今は見てくださってる方に楽しんでいただけたらいいなという感じなので。

 でも昔も今も、SNSの投稿は最優先事項で大事にしています。Twitterは主に情報発信のために重宝してます。告知ツイートとかめちゃくちゃ考えますね。文章の内容や意味が明快かどうかも考えるし、何時に投稿するのがいいかとか考えます。私のファンの場合は、一番見てくれるコアタイムは午後8時ぐらいだから、その時間に投稿しようとか。告知ツイートを考えてるときはマネジャーさんの話とか全然耳に入らないです。

 それから、写真は絶対にあった方がいいですね。男性ファンだとエロ目的で見にきてる人もたくさんいるので、胸の谷間が見えてる写真のインパクトでひきつけて、ついでに告知の文章も見てもらえたらいいな、とか。写真は1つの投稿につき100枚くらいは撮影します。そのなかで使うのは1、2枚なので、私のiPhoneのカメラロールは自分の写真ばっかりで気持ち悪いんですよ(笑)」

■女性ファンがAVを買ってくれるようになった

――2020年10月には自身のブランドをリニューアルしました。プレオープン後わずか10分で1500万円を売り上げたと。女性のファッションアイコンとしても認知されつつありますが、女性ファンはやっぱり三上さんのファッションに興味があって増えているのでしょうか。

「確かに、最初はアパレルやSNSから好きになってくれる女の子のファンは多いんですが、嬉しいことに彼女たちは私のAV作品も見てくれてるみたいなんですよ。『勇気が出なくて今まで買えなかったんですけど、どの作品が女性にもおすすめですか?』ってメッセージが結構来るんです。それで、私のお勧めを伝えたあと、『見ました!』『すごい世界でした!』って感想も送られてくる(笑)。それはすごく嬉しいですね。女性ファンの方は、AVや写真集を、私への支援の一環だと思って買ってくれる方が多い印象です。

■女性ファンから「性の相談」を受けることも

 あと面白かったのは、彼女たちはAVを性欲を満たすために見ているのではなく、イメージビデオみたいに見ているんですよ。エロさが重要なんじゃなくて、画面に映る女優の顔とか身体を見ているらしい。行為中のメイクとか、表情とか、細かいところを参考にして、彼氏との行為に活かしてくれているそうです」

――それを聞いてどう思いましたか。

「超焦りました(笑)。全然そんなふうに見てもらえてるとは思っていなかったので。そういう需要に応えようとすると、撮られ方も変えなきゃいけないのかなと思うこともあるんですが、毎回撮影の時は夢中で忘れちゃいますね(笑)。ただ、私の出演するAV自体は基本男性向けで、男性によく見られたいものだと思っているので、そこは変わらずに意識してつくっていますね」

――ファンから性の相談を受けることはあるんでしょうか。

「あります。カップルで私を応援してくれてるファンもいるんですけど、その彼氏の方から、『彼女に浮気されました』って相談がきたことがありますね。『浮気されてもう立ち直れません。どうしたらいいですか』『彼女を問いただしたら、何が悪いの? と逆切れされました』とか、ありましたね。

 あとは似た業界で、風俗とかのお仕事をされている方から接客の相談とかもらうこともあります。私は専門外なので全然良いアドバイスができないんですけど、みんな相談してきてくれる」

■男子の記憶って、美化されるんだなって

――女性がSNSを利用していると、昔付き合っていた男性からダイレクトメッセージ(DM)が来るという話をよく聞きます。

「確かにきました! 5、6年前に付き合ってた人から急に連絡がきたりとか。多分下心があっての連絡なんだと思いますが、絶対にそういうエロい雰囲気にはしたくないですね(笑)。

 元カレのひとりがキャバクラでいろいろ私の話をしているという噂を聞いたことがあります。『三上悠亜はすごくいい子だった』って絶賛してるらしいから、まあいっかと思いましたけど(笑)。その男性に対して、私の記憶では全然いい子だったつもりはないので、男子の記憶って、美化されるんだなって思いました」

――ほかにファンからはどんなメッセージが届きますか。

「応援のメッセージも多くて、ありがたいんですけど、後は『エッチしよう!』とか『高校生です。筆おろししてください』っていうDMが来たりもしますね。本気ですか? と思いますけど(笑)」

■年上男性たちの行為はもっとねっとりしてる

――若者の性に対する関心が薄れているという報道がよくありますが、三上さんの周りはそんなこと全然なさそうですね。

「はい。というか、薄れてるんですか、性への関心? 私のDMにはそういう内容のものが、たくさん来ているので、世間の変化に全く気づかなかったです」

――三上さんが感じる最近の若い男性と、年上男性の違いはなんですか。

「若い方のほうが行為が淡白かもしれないです。自分のやりたいことを全部試す、というよりはマニュアル通りのことをとりあえずサラッとなぞるみたいな。『こんなもんでしょ』みたいな。年上男性たちの行為はもっとねっとりしてる気がします。昭和な感じというか。『オレはこれがしたいんだ!』という欲が伝わってきて、可愛いなって思いますね(笑)。

 若い男の子たちは、人にどう見られるかを気にしすぎなんじゃないでしょうか。嫌われたくないとか、こう思われたくないみたいな、そういう気持ちが行為の仕方に表われてるのかもしれない。これは勝手な偏見かもしれませんが、多分そういう人たちって、AVを見た事ない人が多い気がする。性欲はあって困るものではないですし。若い方、もっと堂々とAVを見てください!」

( #2 につづく)

撮影=山元茂樹/文藝春秋

「トイレで迫られる女性側のホンネ」トップAV女優・三上悠亜が告白する結婚願望と身バレの恐怖 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)