《シューズで見る箱根駅伝》ナイキ一強はどこまで続く? そしてついにアシックスが箱根路から消えた!

【箱根駅伝】ランナー全210人のうち201人、96%の選手がナイキ アシックスはゼロに

記事まとめ

  • 駒澤大学が優勝した第97回箱根駅伝では、全210人のうち201人、96%の選手がナイキ使用
  • 数年前まで大きなシェアを誇っていたアシックスを履いた選手がついにゼロになった
  • 「この区間はヴェイパー、この走りならアルファフライ」とナイキで履き分ける時代に

《シューズで見る箱根駅伝》ナイキ一強はどこまで続く? そしてついにアシックスが箱根路から消えた!

《シューズで見る箱根駅伝》ナイキ一強はどこまで続く? そしてついにアシックスが箱根路から消えた!

1区を走るランナーたち。その足元はほとんどがナイキのシューズだ ©AFLO

 超高速レースになるかと思われていた第97回箱根駅伝も、終わってみれば優勝した駒澤大学の総合タイムは10時間56分4秒。

 昨年、青山学院大学が優勝した時のタイムが10時間45分23秒であったから10分以上もの差ができた格好だ。また、7つもの区間新記録が誕生した昨年に比べて、今年は東京国際大学のイェゴン・ヴィンセントが打ち立てた1つのみ。 

 ナイキの厚底シューズの影響もあり、年々レースが高速化していたが、今季の箱根では選手の足元にどんな変化があったのだろう。 

 様々な大会で選手の足元をチェックしている駅伝マニア集団「EKIDEN News」( @EKIDEN_News )の西本武司氏が、箱根駅伝から最新シューズ事情を読み解く。

◆◆◆

 今年はなんと出走したランナー全210人のうち201人、実に96%の選手がナイキを選ぶ事態になりました。その一方で、「ナイキのどのモデルを履くのか」という選択については、選手ごとに違った選択が見られました。

 大きく分けると「ヴェイパー派」と「アルファ派」に二分された。「ヴェイパー」とは、カーボンプレートが入った厚底シューズの三代目「ヴェイパーフライ ネクスト%」のこと。一方、アルファフライとはヴェイパーフライの上位モデルとなる四代目の最新型で、エリウド・キプチョゲが世界初のフルマラソン2時間切りを達成した靴でもあります。

 また、ナイキ以外のメーカーでは、数年前まで大きなシェアを誇っていたアシックスを履いた選手がついにゼロになるという「大事件」も起きました。

■「ナイキ一強」はいつまで続く? 一方で変化も…

 日本のランニングシューズ界では新興ブランドの印象が強かったナイキですが、今では「信頼と実績のナイキ」というイメージへと変化しました。革新派だったナイキが保守派に、逆にミズノなどが挑戦する立場になってきている。ナイキが「自民党」になったことで、数年続いていた技術の進化は、ある程度臨界点に達したと言えるかもしれません。

 では大きな変化はないかというと、そんなことはありません。早速ですが、こちらが今年の各選手が履いていたシューズメーカー一覧です。

 最大の変化は「どの靴がどんな風にいいのか」という情報が選手に行き渡ったということです。

 シューズ占有率はナイキ一強で変わりませんが、「この区間はヴェイパー、この走りならアルファフライ」のようにランナーの好みや適性で同じナイキでも履くシューズを変えるようになってきた。「どのメーカーを選ぶか」という時代は終わり、「ナイキの靴をどう使い分けるか」というフェーズに入ってきたと言えるでしょう。

■「最新型=良いもの」という考え方が変わりつつある

 さて、普通なら最新型の方がいいのでは? と考えますが、そうはなりません。

 今年の箱根駅伝では、特に5区の山上りではアルファフライでなく、ネクスト%を選んだ選手が多かった。

 厚底か薄底かという表層的な違いではなく、自分がどの区間をどんな風に走るのかを考えて、自分に合うシューズを選ぶようになったのでしょう。

 同じヴェイパーでも、カラーリングがバラバラだったのも印象的でした。これまでならメーカー側が「今年はこの色だ!」と一色に染め上げていたけれど、昔のカラーを履いていたり、山梨学院大で10区を走った渡邊晶紀選手は、オーダーメイドでシューズのカラーリングを変えられるナイキiDというシステムを使って、大学のカラーであるプルシアンブルーのヴェイパーフライをオーダーしていた。これは箱根駅伝に限った話ではありません。

?

 現在、SGホールディングスに在籍する、元青山学院大の鈴木塁人選手は「アルファフライは浮きすぎる」とネクスト%を履いていますし、クイーンズ駅伝ではヤマダ電機の筒井咲帆選手が、本来はジョグ用に使うアルファフライの汎用モデルであるナイキ ズームテンポで出走していました。

 選手たちは盲目的にナイキを履くのではなく、自分の走りにあったカーボンプレートシューズを選ぶというフェーズに入ってきたといえるでしょう。

 これはナイキだけの話ではありません。

 昨年10区で区間記録を達成し、今年も4区で首位に踊り出た創価大学の嶋津雄大選手は昨年、区間賞を獲得した選手の中で唯一、ナイキではなくミズノの新シューズのプロトタイプを履いていたと注目を集めました。

 この快挙にミズノも「いける!」と手応えを感じたはずです。「本気の反撃」と題して、そのプロトタイプをアップデートしたウエーブデュエルNEOを販売し、大々的なプロモーションも行った。おかげでランナーへの認知度も上がりました。

■最新モデルを履かない選手たちも活躍

 ところが、今年、嶋津選手の足元を見ると、最新型の赤のウエーブデュエルNEO SPではなく、去年と同じ白いモデルを履いている。拓殖大10区の工藤翼選手も同じく白。帝京大3区の遠藤大地選手に至っては、ウエーブクルーズのカスタムモデルを履いていました。

 東京国際大の7区で区間賞を獲得した佐伯涼選手が履いていたのは、ニューバランスのフューエルセル5280。これは箱根のような長い距離を走るための靴ではなく、女子の1500m・3000mの日本記録を持つ田中希実選手が履いていたシューズ。もともとは中距離走者が1マイル(1.6km)をスパイクのような感覚で走るために開発されたシューズです。

■今の選手はシンプルな白が好き 

 もはやメーカーが提案する距離や、履き方の設定は関係ない。「新しいものがいいものだ」という昭和から平成の価値観も変わってきているのかもしれません。

 ちなみにミズノのウエーブデュエルNEOのプロトタイプも、ニューバランスのフューエルセル5280も、真っ白でシンプルなデザイン。メーカーはいろいろな色でデコって特徴を出そうとしがちですが、今どきのランナーは、むしろシンプルさを追求した方が好まれるのではないでしょうか。

 アディダスは今シーズンのイメージカラーに蛍光イエローを採用しましたが、なんとナイキもアルファフライに蛍光イエローを採用。希少なアディダスランナーがナイキに埋没してしまうという悲劇も起きました。

■流通を制するものがシューズ戦争を制す

 もうひとつは流通です。コロナの影響もあり、選手だけでなく、市民ランナーも、店舗に行って感染リスクを上げるよりも、オンラインで買った方が、サイズやモデルが豊富にあって便利だということに気づいた。

 この面においてもナイキは手ぬかりがなく、サイトは見やすいし、外出自粛期間中は、大幅値引きまで行っていて、これが本当に安かった! 届いたシューズのサイズが合わなければ、すぐに取り替えてくれるなど、オンライン対応もしっかりとできていました。

 一方、他のメーカーは、オンライン上で買えるモデルが限られていたりとEコマースの面でも劣っていた。今後のシューズ戦争は「機能」に加えて、Eコマースをはじめとした「流通」面も大きな要素になってくると思います。

■ついにアシックスを履いた選手がゼロに…

 そして今大会では、忘れてはいけない大きなニュースがありました。

 それは、冒頭で言ったようにアシックスを履いている選手がついにゼロになったということ。2017年の箱根駅伝では第一党だったアシックスがわずか4年でゼロになったのです! アシックスは世界陸連と日本陸連の大スポンサーでもあります。それが日本最大の注目を集める陸上競技イベントである箱根駅伝から姿を消した。これは大変なことだと思います。

 そんな状況を考えると、今後もしばらくはナイキの独占状態は変わらないでしょう。その中で各メーカーはどんな提案をしてくるのか。選手はどんな視点で選んでくるのか――。楽しみに見守りたいと思います。

構成/林田順子(モオ)、表作成/ポール(EKIDEN news)

(EKIDEN News)

関連記事(外部サイト)