“元AKB神7”板野友美(29)が電撃婚 6歳年下“ツバメ男”をフライングゲットした“ヤクルト合コン”の中身とは?

“元AKB神7”板野友美(29)が電撃婚 6歳年下“ツバメ男”をフライングゲットした“ヤクルト合コン”の中身とは?

板野友美 ©文藝春秋

《いつも応援してくれるファンの皆さまへ大切なお知らせがあります。私事で大変恐縮ではございますが、本日1月5日、東京ヤクルトスワローズの高橋奎二選手と入籍致しましたことをご報告させていただきます。奎二さんとは共通の友人を通じて出会い、1年半真剣に交際させていただき、この度結婚する運びとなりました》

 1月5日、元AKB48の板野友美(29)が自身のインスタグラムなどで、東京ヤクルトスワローズ所属のプロ野球選手・高橋奎二(23)と結婚したことを報告した。

■秋元康氏が証人としてサイン。驚きの声も

「2人は5日朝、一緒に都内の区役所へ行き、ヤクルトの高津臣吾監督(52)とAKBのプロデューサーである秋元康氏(62)が、証人の欄にサインした婚姻届を提出したそうです。午前9時にそれぞれのインスタグラムにおそろいのパーカーを着たツーショット写真をアップし、結婚を正式に発表、互いへの思いをつづりました」(芸能デスク)

 かつてAKB48の「神7」の1人として活躍した元トップアイドルが、将来有望とはいえ、まだ1軍にも定着していない6歳下のプロ野球選手とわずか交際1年半の「電撃婚」を果たしたことに祝福と共に驚きの声が上がった。

■「AKBのおしゃれ番長」としてグループを牽引

 板野といえば2005年12月8日にAKB48の1期生として活動を開始。グループ在籍中には女性ファッション雑誌の専属モデルを務め、様々なブランドとタイアップしたことも。雑誌のイメージモデルを任されることもあり、「AKBのおしゃれ番長」と称されることもあった。「ともちん」の愛称で、女性ファンからも慕われ、人気絶頂のAKBを牽引し、13年にAKB48を卒業。卒業後は、アーティスト、タレント、女優、モデルとして、幅広い活動を続けていた。

 そんな板野のハートを射止めた高橋は、高校時代、京都の名門・龍谷大学付属平安高等学校のエースとして、3度の甲子園出場を果たしている。2年春の選抜大会では4試合に先発し、同校初のセンバツ制覇に貢献した。高校卒業後はヤクルトにドラフト3位指名で入団。プロ4年目の2019年シーズンは先発で4勝をあげたものの、2020年シーズンは故障の影響もあり、1勝のみの成績にとどまった。

 高橋の知人が明かす。

■遠征先のホテルに板野が訪れ、叱咤激励することもあった

「ともちんは思うようにいかずに苦しんでいた高橋を献身的に支え続けていたんです。神宮球場で高橋が先発登板する試合がある時は、できる限り観戦に行っていたようです。1軍選手が宿泊している遠征先のホテルにともちんが訪れ、高橋さんを叱咤激励することもあったそうで、ヤクルトの選手の間では、2人が交際していることは“公然の秘密”だった。

 2人が同棲を始めたのは2020年のシーズンが終了した11月より後。それまで高橋はヤクルトの選手寮に住んでいたので、ともちんが高橋の部屋に行くわけにもいかない。高橋はオフの日などにともちんの家に足しげく通っていた。ともちんはそんな高橋に手料理を振る舞うなどして愛を育んでいたそうです」

■“恋多き女”板野の恋愛遍歴

 板野はAKB48在籍時から “恋多き女”として知られてきた。2012年にはEXILEのメンバーTAKAHIROとの同棲愛を「週刊文春」(4月5日号)が報じている。2018年には人気デザイナー・宮崎泰成氏との熱愛を「FRIDAY」(10月12日号)が報道。報道後ほどなくして破局した2人だが、その理由のひとつに「結婚観のズレ」があったという。

 当時の2人の関係を知る人物が明かす。

「もともと友人関係だった宮崎さんと板野さんですが、お付き合いを始めたのは2018年の春頃でした。順調な関係だったのですが、板野さんは結婚を急いでいた。同じ年の7月末に、前田敦子さんが勝地涼さんと結婚したことも影響していたのかもしれませんね。板野さんは宮崎さんに『結婚するか別れるか選んでほしい』と迫ったそうです。しかし、宮崎さんはその思いに応えなかった。それで2人は別れを選んだそうです」

■板野が育んできた“ヤクルト人脈”

 そんな板野が最終的に結婚相手に選んだのは6歳年下の「若いツバメ軍団の男」だった。交際のきっかけについて、「共通の友人を通じて出会った」と板野はSNSで報告したが、その背景には彼女が独自に育んできた“ヤクルト人脈”があったという。

「実は、板野さんは高橋さんと交際するずいぶん前からヤクルトの選手たちとの交流があり、その人脈を生かしてヤクルトの若手選手との飲み会を幾度も開いていたのです。高橋と付き合う前には、その飲み会で知り合った、山田哲人選手(28)と板野さんの関係が噂されたこともありました。その若手選手との飲み会で、板野さんは高橋さんと出会ったのです」(板野を知る人物)

■高橋が先発した試合で応援グッズを身に付けた板野の姿が

 昨年の8月26日、神宮球場で行われた「ヤクルトvs巨人」戦。高橋が先発した試合に、板野が実際に足を運んでいる姿も目撃されている。

「板野さんは所属事務所であるホリプロの役員と思われる男性と一緒に観客席に来ていました。板野さんは私服の上からヤクルトのユニフォームを着て、キャップを被り、メガホンなどの応援グッズも身に付けていました。板野さん自身が『山田哲人〜!』と声を出して応援してました。コロナ禍のため、大声を出しての応援は禁止されているのに、ずいぶん気合が入っているなと思ったので、すごく印象に残っています」(観戦していたヤクルトファン)

■次々とゴールインする同期の姿が電撃婚への後押しに

 2019年10月22日に放送された「志村でナイト」(フジテレビ系)では、「結婚願望はある?」と聞かれて、「30歳くらいで結婚できたらな」と思いを告白していた板野。実際、29歳でのゴールインとなったわけだが、彼女が結婚にこだわったのには、かつての神7メンバーからの影響もあるのだという。

「AKB同期でもある前田敦子や高橋みなみ、篠田麻里子が次々結婚したことも、板野の今回の電撃婚への後押しになったようです。特に19年2月、3歳年下の一般人男性とゴールインした篠田の結婚式に出席した時は、板野は人一倍感動したようです。まだ高橋と交際をスタートさせたばかりだったのですが、幸せそうな篠田の姿を見て、結婚に対してより強い憧れを抱くようになった」(スポーツ紙記者)

《彼の仕事に対する姿勢に私も日々刺激をもらっています。私も、精一杯彼をサポートできるよう精進してまいりたいと思います》

 5日の「結婚報告」ではこうも綴っていた板野。オシャレ番長のサポートを経て、高橋は今年、「6年目の飛躍」を遂げることができるだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)