1年間で220泊した私が選んだ「本当によかったホテル&旅館」50選(2020年9月〜12月編)

1年間で220泊した私が選んだ「本当によかったホテル&旅館」50選(2020年9月〜12月編)

©瀧澤信秋

1年間で220泊した私が選んだ「本当によかったホテル&旅館」50選(2020年5月〜8月編) から続く

 ホテル評論家として2020年の1年間でホテル・旅館に宿泊したのは約220泊。コロナ禍という状況で、「泊まってよかった」といえるホテルの条件は変化したのだろうか――。「 1月〜4月編 」、「 5月〜8月編 」、「9月〜12月編」と3回に分けてお届けするこの企画。9月〜12月編の今回、9月から始めよう。

■■09月08日(火)カフー リゾート フチャク コンド・ホテル(沖縄県恩納村)

https://www.kafuu-okinawa.jp/

 このホテルの魅力は贅沢空間と超絶海眺望。海を染めるオレンジ色の夕陽がキレイなホテルとしても全国区の人気だ。リゾートオフィスにすら早変わりしそうな広々バルコニーも嬉しい限り。ベッドや調度品のクオリティも高いが、照明スイッチの表記など利用者目線にも感心。

 ハイレベルな広々ベッドメイクは感動的だが、一般的に専門会社からの派遣も多いハウスキーパーさんを自社雇用していると聞いて納得。ディナーは「Wine & Dining The Orange」がオススメ。シェフの気遣い溢れる一皿一皿には、五感に訴えるストーリーがある。

■■09月14日(月)レフ大宮byベッセルホテルズ(さいたま市大宮区)

https://www.vessel-hotel.jp/ref/omiya/

 最近注目しつつ様々な施設へ出向いているベッセルホテルだが、大宮駅至近にサブブランドホテルとして新規開業したとのことで出向いた。同サブブランドは熊本に続く2軒目だが、精度がアップしていて唸るところ多し。客室テーブル&チェアは全てジャストサイズで、コンセントのポジションもニクい。新しいホテルだけにネットスピードも秀逸だ。

 フリードリンクのロビーラウンジも各テーブルにコンセント完備。仕事を持ち込んでも客室で原稿を書いて時にラウンジへ移動、サウナ&冷え冷え水風呂など気分転換のできるホテルとしても秀逸。ポテンシャルの高いテレワーク・リモートワーク向きホテルといえる。

■■09月16日(水)唐津 網元の宿 汐湯凪の音(佐賀県唐津市)

? https://shioyu-naginoto.jp/

 唐津の海岸にある素敵な旅館は客室もモダン。あいにくの雨だったが海岸旅館の庭園と雨音はまるでタイムマシンのよう。露天風呂自慢の貸切風呂にはなんとサウナ、そして内風呂が。当然内風呂には冷水を張る。

 夕食は呼子の活イカ、のどぐろのしゃぶしゃぶそして地酒に唸る。そんな夕食でとても素敵なスタッフの方に出会う。その場の空気を変えてしまうようなゲストを笑顔にするサービスは、旅を豊かな時間にしてくれる。

■■09月17日(木)THE BASICS FUKUOKA(福岡市博多区)

https://www.thebasics.jp/

 従前のハイアットリージェンシー福岡からリブランドしたホテル。ホテルを象徴するのが約5000冊の書物を収納したロビーライブラリーだ。高さ約42mの吹き抜けにそびえる12本の円柱を利用し、高さ約8mの書架6本が設置された。収められた書物は客室やロビーやレストランなどで自由に読書ができる。

 客室は全20タイプ238室で、それぞれに「Chapter チャプター(章)」「Episode エピソード(挿話)」「Story ストーリー(物語)」とロビーライブラリーにちなんだ名称が付けられている。また、1階フロントロビーには「Episode」または「Story」の宿泊ゲスト専用ラウンジが設けられた。

■■09月22日(火)箱根・翠松園(神奈川県箱根町)

https://www.hakonesuishoen.jp/

 評論家になるずっと前からリピートしていた箱根・翠松園へ久々の訪問。奥行き感に癒やされる広大な敷地には、お風呂帰りに客室へ戻るべく階段を降りていくとすぅ〜と秋風が吹き抜ける。ホテル・旅館ステイの悦楽の瞬間は、偶然が重なりあって突如訪れる。

 翠松園のディナーはとっておきの時間だ。かつて三井財閥の別荘として建てられた登録有形文化財である三井翠松園が、いまは料亭として建築の美とオーラを受け継ぎ伝え続けている。記憶は常に消えいく運命にあるとはいえ、かれこれ10年以上前に出向いた夕食がいまでも鮮明に残っているのは、特別な空間に身を置いた時間に食と美が融合したからだろうかと思いを馳せる。

■■09月24日(木)大江戸温泉物語 ホテル鬼怒川御苑(栃木県日光市)

https://kinugawa-gyoen.ooedoonsen.jp/

 渓谷に沿うような鬼怒川温泉の街並み、温泉宿から望む絶景は何よりの魅力だ。大江戸温泉物語の人気施設も鬼怒川の清流を望む宿として人気。ホテルは「淡雪の館」「月光の館」「百花の館」という3棟で構成される。迷わないように各館にはイメージカラーを設定。淡雪の館は“紫”、月光の館は“黄”、百花の館は“桃”とわかりやすい。温泉もそれぞれ特徴的だ。

 ディナーは常時約80種のメニューが並ぶバイキング。ライブキッチンでは揚げたてサクサクの天ぷら、焼きたてジューシーな本格宇都宮餃子にはじまり、握りたてお寿司や刺身も好きなだけという贅沢さ。また、地元名産の日光湯波をはじめとした郷土料理もふんだんに提供されている。

■■09月25日(金)ふふ 日光(栃木県日光市)

https://www.fufunikko.jp/

 ラグジュアリーリゾートシーンを牽引してきたふふシリーズが日光に開業したと聞き訪問。クラシックとラグジュアリー温泉リゾートの融合が見事。全室異なるデザインの24室はハンドメイド感溢れる設え。旅慣れた余裕ある大人が納得できるサンクチュアリとして愛されていくことだろう。

 ディナーの鉄板焼きはゆったりとした別世界の時間。鉄板焼きの〆といえば白いご飯かガーリックライスというパターンだが、こちら最後までワクワクさせてくれる。阿寒湖エクルビス(ウチダザリガニ)の釜炊きご飯におもてなしのこころを感じる。

■■10月09日(金)東京ベイ潮見プリンスホテル(東京都江東区)

https://www.princehotels.co.jp/shiomi/

 プリンスホテルとしては異色のライフスタイルホテル。江戸のアートに彩られた、色鮮やかな非日常空間が演出されている。スタイリッシュでアーティスティックなホテルだ。客室は全605室で29.7〜42.9平方mと広めにとられている。

 ホテルのご自慢が天井高5メートルの大浴場「潮の湯 (うしおのゆ)」。巨大な風呂のサイズに合わせたかのような広々サウナに水風呂も設置されている。ロッカーのデザインもライフスタイルホテル的だ。

■■10月14日(水)ホテルモントレ ル・フレール大阪(大阪市北区)

https://www.hotelmonterey.co.jp/lefrere_osaka/

 曾根崎新地1丁目、いわゆるキタといわれるエリアの中心地に立地。大都会の中心にありながら隠れ家のように落ち着きあるホテルは、日本の伝統的な「文様」と「あかり」をテーマに、落ち着きのあるハイグレードな和をコンセプトにしている。

 高層階からの眺望は最高で、キタの夜景を独り占めできる気分になる。ホテルの大きな魅力が3Fにあるサウナ付の温浴施設「トリニテ」だ。宿泊者専用で1日の疲れを取りつつ心地よい癒しのひとときが過ごせる。男性浴室にはドライサウナ、女性浴室にはミストサウナを設けている。

■■10月25日(日)ベッセルホテルカンパーナ名古屋(名古屋市中村区)

https://www.vessel-hotel.jp/campana/nagoya/

 ベッセルホテルの泊まり比べも多くなってきたが、アッパーブランドである「カンパーナ」はそれぞれ個性があって楽しい。名古屋の特徴としては、駅近でこれだけの平面パーキングがあるところは希有という点だ。

 客室の窓からは名駅ビル群が望める。ベッセルホテルズは大浴場を設ける施設が多いが、チェーン全般の特徴として高めのサウナ温度に加え、低温の水風呂が統一されていることが挙げられるだろう。サウナ好きなら比較するのも楽しいかもしれない。朝食では、尾張の純系名古屋コーチン生卵かけご飯は必食だ。

■■11月02日(月)ヒルトン東京お台場(東京都港区)

https://www.hiltonodaiba.jp/

 都心の人気観光スポットに立地する有名ホテルだが、人気の秘密は全室に設置されたバルコニーからのレインボーブリッジビューといえる。風が吹き抜けるような(実際吹き抜ける)客室は“停滞しない空気”というイメージもあいまって、このご時世に支持されているが、何より秀逸なのは外気による室温調整が優れている点。全館空調に辟易としている身としては欣喜雀躍だ。

 そんなホテルの真骨頂はテラスジャグジー付きスイートだろう。夕闇が迫る頃お湯を張りはじめるのがグッドタイミング。都心で手軽にリゾートステイが愉しめるという点ではポテンシャルの高いホテルだ。

■■11月07日(土)クインテッサホテル札幌すすきの(札幌市中央区)

https://quintessahotels.com/susukino/

 札幌ススキノ南6西4交差点「かに本家」並びのホテルと聞けば、わかる人にはわかる。“ここにホテルが?”というかなり攻めてる立地だ。夜遅くまでススキノを満喫するのには申し分ない場所であることは間違いない。

 こちらも攻めてるロビーから客室へ入ると一転、クインテッサらしいウッディを基調とした落ち着いた雰囲気。照明がはめ込まれたライティングデスクは、独立した空間のような仕上がりでデスクワークに集中できる。

■■11月13日(金)hotel MONday 浅草(東京都台東区)

https://hotel-monday.com/asakusa/

 宿泊特化型タイプのホテルといえばダイニングを持たないが、一方で有名ダイニングとコラボするケースもある。このホテルは銘店「浅草今半」が堪能出来るプランがあり、出向いてみた。特別なダイニングの後に、歩いてホテルまで向かえるのは何よりだ。

 客室に入ると限られたスペースゆえテーブルがないなぁと思っていると、ソファの脇に折りたたみテーブルを発見した。これがサイズも高さもジャスト。こんなちょっとしたこともホテルライフで幸せを感じる瞬間である。

■■11月23日(月)横浜テクノタワーホテル(横浜市金沢区)

http://www.technotower.jp/

 横浜・八景島シーパラダイスに近いホテルとして知られる。ハイフロアで眺望は抜群にして使いやすい客室やロビーのコンビニエンスストアゾーンなど、ステイしてわかる利便性の高いホテルである。

 ホテルのご自慢が18Fの「鉄板焼レストラン 八景」だ。市中の鉄板焼きレストランと比較すると、リーズナブルにホテルクオリティの味が堪能出来ると人気。至極個人的にはシェフオリジナルのチリソースがツボ。これに勝るソースには未だ出合っていない。

■■11月24日(火)プリンス スマート イン 恵比寿(東京都渋谷区)

https://www.princehotels.co.jp/psi/ebisu/

 最新技術が導入されているホテル。スマホのアプリでの予約が可能で、スマートフォンがルームキーとして使用できる。ロビーでは、サービスロボットがゲストと障害物を回避しながら掃除するなど、新たなトライが数多く見られる。

 ロビーに置かれたアメニティは有料に見えるが、実はフリー。ワゴンにどさっと入ったアメニティバーはよく見かけるが、1人分ずつ紙袋に入っているだけで手作り感や特別感がある。丸いシールの色で男女を分けているのも◎。きっと余分に持って行かれないし、感染予防にもなる。ITなど最新技術を駆使して省人力化を図るホテルだけに、余計に温もりが伝わってくる。

■■11月27日(金)ザ・プリンス 京都宝ヶ池(京都市左京区)

https://www.princehotels.co.jp/kyoto/

 同じブランドでもホテルによる差を知ることはホテル評論家として大切にしているが、今月は偶然にも異なるサブブランドのプリンスホテルを3軒取材できた。それぞれ個性的であるが、やはりフラッグシップ的なアッパーブランドはホテルとしての格式を感じる。グランドプリンスからザ・プリンスへリブランド、同時にオートグラフ コレクションへも加盟したホテルへ。

 向かいには国際会館という立地だけにMICE等の取り込みという点からも、オートグラフ コレクションへの加盟は功を奏すか否か。早速、「これは外国人にフックするなぁ〜」と感じる敷地内の日本庭園を散策。秋の深くも凜とした空気に深呼吸しつつ、茶寮の紅葉を目の当たりにした瞬間、「おぉ〜秋の京都にいるぞ」と自宅からワープした感覚になった。

■■11月29日(日)湯の山 素粋居(三重県菰野町)

https://sosuikyo.com/

 全て異なるコンセプトである12棟の離れで構成された宿。離れに車を横付けできチェックインも客室なので、パブリックスペースを一切経ることなく、大袈裟にいうと自宅玄関から宿の客室へダイレクトアクセスできるプライベート感が嬉しい。全離れに客室露天風呂が付いている。

 ディナーは断然「?(HINOMORI)」がオススメ。薪や炭の匂いと共に荘厳な雰囲気に包まれたダイニング。数少ないゲストが囲む巨大なアイランドはまさにステージだ。ドクターコートに身を包む料理人に矜持を感じる。薪や炭などの直火を使った料理は、炎が消えて熾火になる瞬間の素材を芯からじっくりと熱する薪火や炭火で調理がなされる。

■■12月03日(木)ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(沖縄県石垣市)

https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/ja/

 新たに誕生したクラブインターコンチネンタルの肝いりが“1棟まるごとクラブインターコンチネンタル”だ。棟へのアクセス権が専用キーゆえに、建物にいるゲストは全てクラブインターコンチネンタルのゲスト。そのためラグジュアリー感満点のクラブラウンジもいい意味で特別感がない=滞在全般にラグジュアリー訴求、シームレスでストレスフリーもテーマだ。

 全客室バルコニー付きオーシャンビュー(プレミアムガーデンルーム5室を除く)。分かりやすいスイッチ表示やテーブルの高さとソファのバランスなど、ポイントポイントでゲスト目線と使い勝手の良さを押さえている。ラウンジ朝食は、たっぷりの野菜やフルーツが嬉しいプリフィックススタイルで、メインはいろいろセレクトできる。和食はおにぎりと豚汁というたまらないセットだ。

■■12月07日(月)クインテッサホテル福岡天神南(福岡市中央区)

https://quintessahotels.com/fukuoka-tenjin-minami/

 お気に入りのホテルブランドへリピートするという人は多いだろう。一方、同じブランドでもホテルごとの個性には興味を惹かれるもの。先月の札幌に続くクインテッサステイは福岡へ。天神エリアに立地。デスクにもなるソファコーナーにも嬉々とする。

 ドアノブからリモコン、スイッチまで各所に貼られた消毒済みシールは印象的だ。スタイリッシュなラウンジでのホテル朝食では、水炊き&とんこつラーメンにググッとハートを掴まれた。基本ホテルにおり、福岡滞在中にとんこつラーメンも水炊きも食べていなかったので何だか得した気分。ビジネスホテル朝食に限らず、ご当地メニュー豊富で進化続ける中にあって、ホテル朝食はもはやグルメ観光の様相すら呈している。

■■12月11日(金)オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県浦安市)

https://www.oriental-hotel.co.jp/

 クリスマス下の東京ディズニーランドのゲスト動向、ベビーズ&キディスイートの取材に加え、GoToトラベルでのチェックイン行列対策等の取材も兼ねたステイ。まず印象的な光景がロビーに面して設置された大きなプロジェクションマッピング。前に立つと自分がそこへ入っているかのように映像が動くので、子どもたちは大喜び。チェックインの待ち時間も苦にならない様子。

 夕刻、ホテルとデッキで直結する新浦安駅周辺を探索してみた。アトレやファッションビルやイオンなど充実のラインナップ。ホテルステイにショッピングゾーンは大いに役立つ。これなら客室での夕食を調達できそうだ。

■■12月20日(日)ホテルバー グランティオス別邸(東京都大田区)

https://grantios-bettei.com/

 年内にどうしても訪れたかった大森駅前のお気に入りホテルへ久々に。こんなご時世で消毒などへの気遣いも大変だろうが、客室に欲しいものがこんなに揃っているホテルはやっぱり希有だ。

 このホテルの愉しみが「和とBAR?月の小路」。ホテル名の通りバーがある。握りたての寿司を楽しむカウンターと、日本酒やワインにウイスキーなど日本ゆかりのお酒が揃うバーカウンターが対になっていて、ひとつの店に二つの愉しみが向かい合う。静かなダイニングバーが賑わう日が1日も早く来ることを願う。

◆◆◆

 以上、2020年のホテルステイを「1月〜4月編(13施設)」、「5月〜8月編」(16施設)」、「9月〜12月編(21施設)」と3回に分けて紹介した。施設数に偏りがあるのは緊急事態宣言が発せられた2020年ならではであり、特に下半期の宿泊が多くなった。

 2020年は過去に経験のないホテルステイが続いたが、感染症対策を施しつつのステイそのものはもとより、アクセスや動線への気遣いも特異な経験となった。ホテルへ向かう際はできる限り自宅から自家用車を利用、北海道や沖縄は無理としても関西辺りまでならばほぼ車で向かった。

 ホテルでも基本的には客室にいるわけだが、パブリックスペースでは特別な配慮が必要なのは言わずもがな。一方で、各ホテルの感染症対策を知る機会にもなった。何より深く印象に残っているのは、歴史上これほどまでに宿泊施設が除菌・消毒され、清潔さが保たれた時はないのだろうかということ。厳しい状況に置かれると成長するのは人もホテルも同じだ。

 1月7日には1都3県を対象に緊急事態宣言が出された。旅行業界やホテル業界にとって2021年がどのような年になるのか、まだ先は見えないが、1日も早く気兼ねなく旅ができる日が到来することを心から願いたい。

写真=瀧澤信秋

(瀧澤 信秋)

関連記事(外部サイト)