『呪術廻戦』、『君の名は。』…人気アニメの「地方」の描写がどこか引っかかるワケ

『呪術廻戦』、『君の名は。』…人気アニメの「地方」の描写がどこか引っかかるワケ

『呪術廻戦』公式HPより

*以下の記事では、『君の名は。』や『天気の子』、『おもひでぽろぽろ』、『マイマイ新子と千年の魔法』の内容と結末が述べられていますのでご注意ください。

 『週刊少年ジャンプ』に人気連載中で、アニメ化もされて「ポスト鬼滅」の呼び声の高い『呪術廻戦』であるが、私はあまり重要にも思えない細部が気になっている。主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の出身地が宮城県仙台市であり、都立呪術高専の1年生として同級生となる釘崎野薔薇(くぎさきのばら)が岩手(本人の言うところでは「盛岡まで4時間かかるクソ田舎」)である、という事実である。?

 これは、作者の芥見下々の出身地が岩手と仙台の両方の説があり、岩手生まれで仙台育ちである可能性がある、という単純な事実によって説明ができるし、私としてもそれ以上に、彼らの出身地が作品のテーマに深く関わるとは考えていない。?

 ただ、『呪術廻戦』においてある程度のリアリティを持って描かれる空間が、一方では仙台の虎杖が通う高校であり、もう一方では「東京」を記号的に示す場としての「渋谷」(渋谷事変編)とせいぜい「原宿」であること(そして主人公たちの通う都立呪術高専は漠然と「郊外」と呼ばれる山あいにあること)は、日本における漫画やアニメ作品の地理的想像力のある種の典型となっているように思われる。?

 今、「アニメにおける地方」を論じようとすると「いや、アニメは現在、さまざまな現実の場所を舞台としており、それが『聖地巡礼』というファン行動となって、当該地域に経済効果をもたらしている」という反応がありそうだ。?

 私はむしろ、そのようなアニメの新たな消費──地方を「盛り上げている」からすばらしいのではないかと言われそうな消費──の影で、「東京とそれ以外」という地理的な想像力の前提となる都市による地方の「搾取」や、アニメがその「搾取」を再び産んでいるかもしれないということを問題としたい。「聖地巡礼」的な盛り上がりは、そういった事実を覆いかくすものであるとさえ言えるかもしれないのだ。?

■新海誠と「田舎」の搾取?

 この主題でまず論じなければならないのは新海誠作品だろう。それは彼の『君の名は。』(2016年)が上記の「聖地巡礼」的な消費の火付け役のひとつだったからだけではない。新海作品においては、「風景」がもう一人の登場人物なのだ。細密に描かれた風景が醸し出す場所の感覚、これを抜きに新海作品は語れないだろう。?

 『君の名は。』は二つの場所、つまり東京と岐阜県飛騨地方に設定された架空の町糸守町を舞台とする。物語は東京の高校生、立花瀧と糸守の高校生、宮水三葉の意識が「入れ替わる」という現象から始まる。同じ時間を共有しつつ入れ替わっていたと思いこんでいた瀧と三葉だったが、実は糸守は3年前の彗星の落下により消滅し、三葉を含む500人が犠牲になっていたことが明らかになる。瀧は時を超えた「入れ替わり」を利用して糸守の悲劇を回避しようとする。

? この映画は公開のタイミングとその内容があいまって、2011年の東日本大震災を想起させざるを得なかった。その人気は確実に、よく言えば震災の傷が癒えつつあった、悪く言えば(住む場所を失って避難生活を続けていた人びとがいたにもかかわらず)震災を忘却しつつあった社会の雰囲気を要因としていただろう。

■『君の名は。』は「歴史の修正」の物語だが…

 自然災害であるはずの震災が、そして福島の原発メルトダウンが浮き彫りにしたのは、常に存在してきた「田舎と都会」のあいだの被搾取・搾取関係だっただろう。東京の電力を生み出すために、住む場所が放射能に汚染されて失われた人びと。?

『君の名は。』はそのような関係の抹消と忘却のための儀式だった。いわば「歴史の修正」が『君の名は。』の物語の本体であるわけだが、その修正によって想像的に消し去られたのはフィクションの中での災害だけではなく、当時まだ、そして今もなお日本社会に存在する現実の被災者だったし、被災者を生み出した「田舎と都会」の構造だった。

(もちろん、忘却は『君の名は。』の重要なモチーフだ。瀧と三葉がお互いを忘却しつつ、それでも記憶しているということだけではない。そのような「忘却の乗り越え」の裏では、「現在」の東京に暮らす瀧たちが、たった3年前の惨劇を忘却しているという不思議が取り残されている。)?

■『天気の子』では「東京=セカイ」が描かれる

 では、『天気の子』(2019年)は災害を地方ではなく東京にもたらしたという意味で、そのような構造への反省であったと言えるだろうか。

 この作品では、天気をコントロールする能力を持った天野陽菜という少女が、その力を濫用してしまった反動で消失してしまう。神津島から家出してきた主人公の少年森嶋帆高は、陽菜がその力を得た廃ビルの屋上の不思議な鳥居をくぐって、陽菜を救出する。その代償で東京ではその後2年半にわたって雨が降り続け、東京の多くの部分が水没してしまう。?

 確かに『天気の子』は東京に災害をもたらし、その危機の想像的な解消のための場として田舎を搾取するようなことはない。というより、それ以前に、この作品には東京の外部が存在しない(神津島は東京都である、という以上に、何らか意味のある「場」としての役割を果たしていない)。東京は「世界=セカイ」なのである。

 この作品は、気候変動という「社会問題」を扱う身振りをしながらも、プロットの基本構造はいわゆる「セカイ系」への回帰である(これについては 『現代ビジネス』掲載の拙論 を参照。)東京を「セカイ」と見立てて、「きみとぼく」の物語を成立させるために、東京の外側への想像力がシャットダウンされていると言った方がいいだろう。?

 東京に降ったという雨は、それ以外の場所に降ったのか? 海面上昇は世界にも影響を及ぼしたのか? そのような疑問を完全に無効化したところに、「きみとぼく」の物語は成立している。その想像力は、グローバルな気候変動を問題にするような地理的想像力とは、実は正反対のものだ。だとすれば、『天気の子』は『君の名は。』への反省というよりは、『君の名は。』の問題に蓋をしたと言った方がいいだろう。?

■細田守が描く「田舎による救済」?

 田舎と都会の構造をその想像力の重要なエンジンとしているもう一人のアニメ作家は細田守である。ここでは『サマーウォーズ』(2009年)と『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)を見てみよう。?

 細田作品について興味深いのは、「田舎と都会」という構造が、文字通りの田舎と都会ではなく、社会学用語ではゲマインシャフト(有機的な共同体)とゲゼルシャフト(近代的な疎外された社会)との対立という原理へと抽象化された上で別のものへと具体化されていることだ。?

 具体的には『サマーウォーズ』の「田舎と都会」は、長野の陣内家を中心とする親類コミュニティと、ネット上の仮想世界OZ(オズ)との対立へとずらされている。物語は、OZの暴走を田舎のコミュニティの協力が解決するというものであり、ここに見られる図式(疎外された都会の問題を田舎という理想的な場が解決する)は、細田監督作品で繰り返されるパターンである。?

 そのパターンがもっとも明確に表現されたのが『おおかみこどもの雨と雪』だろう。この作品の二つの「場」は東京都国立市と富山県中新川郡上市町である。「おおかみ人間」である「男」の子供を産んだ主人公の花は、「男」の死後、おおかみ人間である子供たちを育てることができなくなり、富山の山あいの古民家に移住し、そこで農業をしながら暮らしていく。ここでは一見、都会での苦難が田舎によって解決されているように見える。?

 だがこの作品は(詳しくは拙著『 戦う姫、働く少女 』で論じたが)、「おおかみ人間」のモチーフを取りのぞいてみた場合、配偶者が「過労死」してしまったシングルマザーが都会での福祉からこぼれおち、田舎で暮らしていく話になる。これが一体現実的なのかどうかは真剣に考えてもいいだろう。?


 そのように見た場合、この作品は貧困の問題やセーフティーネットの機能不全の問題を問う作品として評価することができる。だが、そのような問題は都会だけのものなのか? 田舎のゲマインシャフトは、機能不全を起こしたセーフティーネットの代替物になってくれるのか? それはあるまい。

 そのような現実と照らし合わせてみたときに、『おおかみこども』における田舎の機能は、かなり理想的=想像的だと言わざるを得ない。そしてなによりも、理想的な田舎(『おおかみこども』の田舎にコンフリクトがないわけではないが、プロットの解決の「場」としてはやはり理想的なのだ)の存在は、都会におけるセーフティーネットの不全という新自由主義的な問題を不問に付して隠蔽してしまう。

 その結果、つきつめてみればこの作品は上記のような「社会問題」を社会問題として扱うことを回避している。その回避にあたって「理想的な解決の場としての田舎」の機能が不可欠なのであり、その限りで田舎は「利用」されているといえる。?

■高畑勲による田舎の搾取への「批判」?

 ここまで見てきた「田舎と都会」の構造は、高畑勲監督の『おもひでぽろぽろ』(1991年)が、前もって批判していた。主人公は27歳のOL岡島タエ子。東京生まれの彼女は小学生の頃から、帰省する田舎の存在に憧れを感じて、それが高じて現在は休暇を取って山形の姉の夫の親類の農家に行き、ベニバナ収穫の農業手伝いをする。田舎の美しい風景を理想化するタエ子は、その幻想を批判されていく。?

 印象的なのは、姉の配偶者の又従兄弟にあたるトシオが、田舎の「自然」の風景を賞賛するタエ子に対して、その風景は手つかずのものではなく、ここで農業を行ってきた人間たちの働きかけで出来上がっていると指摘する場面だ。?

 ここには、宮崎駿の『となりのトトロ』(1988年)が「里山」を理想化し、それへのノスタルジーを喚起してしまったことへの批判があったかもしれない(「里山」のイデオロギーと実践、そしてその表象に関しては小野俊太郎『「里山」を宮崎駿で読み直す』(春秋社)を参照)。

 そしてタエ子は、トシオと結婚してこの田舎での労働の生活に入る覚悟があるかどうかの選択肢に直面することになる。彼女はそれによって、自分が田舎の生活がどんなものであるかを理解していなかったと気づき、動揺する。?

 もちろん私は、たとえば『おおかみこども』のような作品が、高畑の批判的な視点に対して完全に無意識だとは思わない。実際『おおかみこども』では、田舎で農業をして暮らそうとする花の「甘さ」が一通り強調されてはいる。

 だがそこでの力点は前節で見たとおり、現実の田舎での苦難への対峙ではなく、物語の矛盾を解決する機能的な「場」としての田舎に収斂していく。その意味で『おもひでぽろぽろ』と『おおかみこども』は似たようなモチーフを持ちながらも、正反対の構造を持っている。?

 しかしそれでは、高畑が批判的に描く「田舎と都会」の構造を離れたところで、いかにして地方や田舎を物語創造のためのモチーフにしうるのだろうか。?

■片渕須直の「田舎」の描写が一線を画す理由?

 地方を重要な「場」としつつ、ここまで見たのとは異質な作品創造をしてきたアニメ作家は、片渕須直である。とりわけその『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年)、そして『この世界の片隅に』(2016年)にその傾向があらわれている。?

 この二つの作品はいずれも地方(前者は山口県防府市、後者は広島県広島市と呉市)を舞台とする。そして、片渕作品において重要なのは、それらの地方が「内的な差異」をともなって描かれているということだ。?

 『この世界』は、広島市から軍港都市である呉市の北條家に嫁いだ浦野すずの生活と人生、そして戦争がその日常にもたらす悲劇を語る。この物語においては、この広島市と呉市への移動(それは地理的だけでなく、北條家という別の文化への移住も意味する)だけでなく、その呉の中でもすずの暮らす、軍港を見下ろす地区と、軍港で栄える平野部との差異、その間での登場人物の移動が重要な役割を果たしている。?

 『マイマイ新子』も同様である。新子は平野部にある防府市の中でも、山に近い、麦畑の広がる田園地帯に暮らす。そんな新子は、東京から来た転校生、島津貴伊子と友人となり、彼女の孤独を癒す。

 貴伊子の父は、おそらく防府市の湾岸地域の埋め立て地で操業していた紡績工場(カネボウ)についている医者である。新子が暮らす田園地帯と、貴伊子が暮らす、人工的で洋風の「社宅」が立ち並ぶ埋め立て地。この差異は彼女たちの生活の差異でもあるのだが、それらの差異を超えて行き来することが物語の本体である。

 また、物語のクライマックスをなす、新子らの友人タツヨシの自殺した父の「敵討ち」をするために繁華街のバーに新子とタツヨシが乗り込む場面においても、これら二つの地域の間の移動が重要な役割を果たしている。そして物語は、新子の防府からの旅立ちで締めくくられる。?

 実は私は防府市の隣の山口市出身であり、防府市には親戚が多くいたのでよく訪れた。時代は1950年代に設定されているものの、『マイマイ新子』は防府市の土地の雰囲気、そして山の手と港湾地域の雰囲気の違いを、空気感としか言いようのない形で見事に描写している。?

■住む人びとの差異、生活や階級の差異を描き分ける

 これらの作品が本稿で論じてきた「田舎と都会」の構造から逃れられているのは、地方の空間の中における「内的な差異」を繊細に描き得ているからだ。『マイマイ新子』で見たように、その差異とは地理的差異だけではなく、そこに住む人びとの差異、生活や階級の差異でもある。

 それは地方の空間を抽象化し、物語のニーズに従属させるのとはまったく逆のベクトルだろう。むしろ空間は具体化され、空間の必然性のもとに物語は紡がれる。それは「田舎と都会」の抽象化と機能化に抵抗する。?

 最後に、冒頭に述べた『呪術廻戦』には、この『マイマイ新子』を彷彿とさせる(そして対立的でもある)エピソードが含まれていることを指摘したい。岩手出身の釘崎野薔薇は、小1のころに東京から転校してきた友人の「沙織ちゃん」を、村の人びとが排斥したというエピソードを語り、野薔薇が呪術高専に来たのは「田舎が嫌で東京に住みたかったから」だと言う。

 田舎から排斥された「沙織ちゃん」と、防府に居場所を見いだした貴伊子。彼女たちの暮らす「田舎」の差異についてここでは診断を示すことはしないが、二人の運命の差はどこから生じたのかと考えざるを得ない。

 新型コロナウイルス禍において都市に暮らすことや地方に移住することがあらためてクローズアップされている今、今後のアニメ作品がいかにして「田舎と都会」の構造を脱するのか(それとも再生産するのか)注目してもいいだろう。?

(河野 真太郎)

関連記事(外部サイト)