「少年隊はクオリティが異常だった」格差が生まれた“本当の理由”と再結成の布石となる“超高額商品”

「少年隊はクオリティが異常だった」格差が生まれた“本当の理由”と再結成の布石となる“超高額商品”

植草克秀(本人のインスタグラムより)

 少年隊の植草克秀(54)が新会社「2Steps」を設立したことを発表した。会社設立について「立ち止まっていても何もはじまらないので 一歩ずつでも前に進んでいけたらと思っています」などのコメントを日本語、英語、中国語で公式サイトにアップ。これまで以上に大きなフィールドでの活動を見据えているようだ。

 昨年末、嵐の活動休止の陰で、錦織一清(55)と植草克秀がジャニーズ事務所を退所した。配信やグッズで売り上げ3000億円ともいわれる“嵐ロスビジネス”をよそに、コンサートも配信も行うことなく静かに幕を下ろしたのだ。

「退所する2人としては、ジャニーズ事務所に対して言いたいこともあったろうが、立つ鳥跡を濁さず。いままでには手越祐也(33)のように散々迷惑をかけて辞めたクセに、YouTubeでテレビに出られなくなった理由を『忖度(そんたく)がある』と語る元ジャニもいますが、ニッキとカッちゃんは、そんなことはしませんでした」(アイドル誌編集者)

 錦織は「この年になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけた」。植草も「酸いも甘いも経験した上で、来年1月よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦して行きたいという思いから卒業を決意致しました」とコメントを発表している。

■「少年隊は自分の最高傑作」

 少年隊は1981年に「Bチーム」という名前で錦織、植草、松原康行の3人で結成された。1982年に松原の代わりに東山紀之(54)が加入して少年隊となり、田原俊彦(59)や近藤真彦(56)のバックダンサーとして活動。そして満を持して、1985年12月12日に「仮面舞踏会」でデビューした。翌年のレコード大賞最優秀新人賞に輝き、紅白歌合戦では白組キャプテンの加山雄三が「仮面ライダー」と紹介したハプニングもおなじみだ。

「一昨年亡くなったジャニーさんは、デビュー前から少年隊をフジテレビの『夜のヒットスタジオ』に出演させたり、ロサンゼルスでレッスンを受けさせるなど、すごく力を入れていた。当時のジャニーさんはまだ50代で、少年隊は自分の最高傑作だと自信をみなぎらせていました」(音楽関係者)

 少年隊もジャニー氏の期待に応えた。デビュー曲の「仮面舞踏会」から「デカメロン伝説」「ダイヤモンド・アイズ」「バラードのように眠れ」「stripe blue」「君だけに」「ABC」とヒットを連発した。だが、それも1989年6月発売の「まいったネ 今夜」までだった。

■時代は光GENJIからSMAPへ

「平成に入って、急激に失速した感は否めませんでした。その後に目立った楽曲は1998年の『湾岸スキーヤー』くらい。3人そろっての活動は、毎年夏に行われる『PLAYZONE』に限られてきました」(スポーツ紙芸能デスク)

 少年隊失速の一因になったのが、1987年8月に「STAR?LIGHT」でデビューした後輩の光GENJIの存在だ。光GENJIは「ガラスの十代」「パラダイス銀河」とスーパーヒットを連発して大ブームを巻き起こす。

「中高生の女の子には完成度が高く芸術的な少年隊より、ローラースケートを履いて悪ガキっぽい光GENJIの方が受けました。しかし光GENJIもデビュー3年くらいで失速して、1995年に解散。時代はSMAPへと移っていきます」(女性誌編集者)

 光GENJIがブームを巻き起こし、SMAPが頂点を極めるなか、少年隊は変わらなかった。ジャニーズ事務所随一のクオリティを誇る歌と踊りを毎年「PLAYZONE」の舞台で披露し続けた。その舞台で共演した後輩たちは、その後ジャニーズ事務所を支える大きな力になっている。

■くっきりとわかれていった少年隊内の明暗

「TOKIOの城島茂(50)や嵐の大野智(40)などが少年隊に憧れてジャニーズに入り、少年隊の薫陶を受けてスターの階段を昇っていきました。TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、NEWS、Kis-My-Ft2のメンバーたちも、『PLAYZONE』で少年隊を間近に見ることで成長していったんです。しかし2008年8月の『PLAYZONE』終了後はKis-My-Ft2らに受け継がれ、少年隊が揃って活動する機会は、その後12年以上もありませんでした」(テレビ関係者)

 それ以降、少年隊内の明暗は日を追うごとにくっきりとわかれていった。

「東山は俳優、そして司会者、キャスターと幅を広げていきました。一方で錦織は俳優、舞台演出家として、植草は俳優として活動していましたが、活動はどんどん縮小していった。格差が目立ってしまいましたが、それは仕方ないこと。少年隊は人数が少なすぎたんです。

 光GENJI以降は多人数アイドルグループの時代。4人以上のグループなら、1人だけ売れても他のメンバーの連帯は崩れないし、1人くらい落ちこぼれても大勢に影響はない。でも少年隊は3人。1人が売れても突出するし、1人だけ売れなくなっても目立ってしまいます。少年隊は3人そろった時のクオリティーが異常に高かっただけに、格差がはっきりしてきた30代以降はグループとしてのテンションをキープするのが難しかったと思います」(テレビ関係者)

■7万円超え...高価なアルバムとDVDも売れ行き好調で完売

 しかし、そんな少年隊のひたむきな姿を応援してきたファンの熱量は高い。

「少年隊のファンは他のジャニーズグループのファンと比べて、ファン歴が長く、思いも強いことで有名です。ファンに支えられ、少年隊デビュー35周年当日である2020年12月12日に発売されたベストアルバム『少年隊 35th Anniversary BEST』の売れ行きはかなり好調ですよ」

 CD3枚の通常盤は3000円(税別)と普通の値段だが、完全受注生産の限定盤はCD5枚にDVD7枚でファンクラブ会員2万5000円、一般2万8000円と超高額。受注生産の限定盤で発売された、ミュージカル「PLAYZONE(プレゾン)」の22枚組DVDボックス「少年隊 35th Anniversary―PLAYZONE BOX 1986〜2008」もファンクラブ会員3万2000円、一般3万5000円だ。一般のファンが限定盤のベストアルバムとDVDボックスを買うと、税や送料込みでなんと7万円を超える。

「非常に高価なアルバムとDVDでしたが、売れ行き好調で完売。特にアルバムは1999年の『Prism』以来21年ぶり、ベストアルバムということでは、名作の呼び声も高い1988年3月発売の『BEST OF 少年隊』以来のリリースとあって、フリマアプリなどでもプレミア価格がついている。アルバムとDVDボックスはセットで25万円の高値が付けられました。それでも買い手がついています」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 

 ベストアルバムは当然のごとくチャートのデーリー1位、週間でも4位を記録した。

 だが、その一方で、思わぬ騒動も勃発していた。完全受注生産の申込期間が昨年9月23日から10月9日までと短く、申し込みに間に合わなかったファンから再生産の声が上がった。

「加えて22枚組のDVDにバグが見つかったんです。しかも商品不備による交換が10日間に限定されていたため非難が殺到しました。『10日間で22枚のDVDをチェックするのは無理!』という声を受けて、この制限は後に撤回されました」(レコード会社宣伝マン)

■果たして少年隊再結成はあるのか

 予期せぬトラブルに見舞われながらも、少年隊の面々は泰然としているようにみえる。

 植草はジャニーズの公式サイトで「みなさんに気持ちが届いた、そんなベスト盤になったんじゃないか」と、東山は「僕らの青春を是非、楽しんでいただきたい」とコメント。受注盤のブックレットでは音楽ユニット、ノーナ・リーヴスのメンバーで、錦織と親交のある西寺郷太(47)が聞き手を務めて、3人が収録曲に対する思いを語っている。

「最後までプロフェッショナルな仕事をしようという少年隊ならではですよね。ジャニーズ事務所は嵐の活動休止でいっぱいいっぱいでしたが、少年隊は自分たちで有終の美を飾りました。錦織、植草は金銭的な待遇の面でジャニーズ事務所に不満はあったでしょうが、事務所に残る東山に対しては敬愛の念を持っています」(女性誌編集者)

 アルバムとDVDのこの売り上げは、少年隊の今後にどんな影響を及ぼすだろうか。

「これだけのコアファンの存在は、少年隊再結成のいい布石になるでしょうね。例えば東山のディナーショーに錦織と植草がゲストとして出演して一緒に歌うとか。近藤真彦が不倫問題で謹慎を余儀なくされている中で、藤島ジュリー景子社長、滝沢秀明副社長共に東山に頼るところは大きい。すぐにとは言いませんが、東山が決断すれば可能でしょう。派手なバク転はもうできないでしょうが、『君だけに』をしっとりと歌い上げてほしいですね」(前出・テレビ関係者)

 名前とは裏腹に、本物の“大人ジャニーズ”を見せられるグループ。少年隊が3人揃う日はいつになるのだろうか。

(川田 南雲/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)