「練習して上達する」楽しさ 『電車でGO!!』開発者が語るリアル運転ゲームの未来とは

「練習して上達する」楽しさ 『電車でGO!!』開発者が語るリアル運転ゲームの未来とは

スクウェア・エニックスの野本遼プロデューサー

「うわっ、電車の中にいる」VRヘッドセットを装着して山手線を運転してみた から続く

 2020年12月3日、列車運転ゲームの定番ブランド『電車でGO!』シリーズの最新作『電車でGO!! はしろう山手線』がプレイステーション4向けに発売された。リアルな運転感覚を楽しむゲームだが、もはやリアルな運転を再現できていない。現実の電車が進化しすぎたからだ。

 リアル運転ゲームの行き先について、スクウェア・エニックスの野本遼プロデューサーと尾崎義規ディレクターにお話をうかがった。

■山手線は進化はシリーズの根幹を揺るがす大事件

 前作『電車でGO! 特別編 復活!昭和の山手線』から10年。現実の山手線は進化し、運転はラクになった。ただし、それは『電車でGO』シリーズの根幹を揺るがす大事件だ。

 なにしろ、現実の山手線は自動的にピッタリとホームドアに合わせて停まる。この装置をTASC(Train Automatic Stop-position Controller)という。駅に近づくと自動的にブレーキをかけて、定位置にピタッと停めくれる。『電車でGO』の「定刻通りに正しい位置で電車を停める」という要素が自動化されてしまうとゲームにならない。

「このゲーム自体のコンセプトとして、鉄道にそれほど詳しくない方でも遊んでもらいたい。それも、できるだけ難しく思われないようにしたい。山手線が選ばれた理由も、みんなが知っているっていうところです。一番知名度があって親しみやすい。

 鉄道のことを全然知らない人も、『これ面白そう』っていう印象はありますよね。ふだんできないことを体験できる。しかもファンタジーRPGではない、剣と魔法の世界じゃない遊び。電車を運転したいと思ってもできないけれど、でもゲームならみんなができる」

 実在物を再現するゲームの難しさは、ゲーム性と現実性のバランスだ。速度超過で作動するATS(自動列車停止装置)や運転席に速度指示を出すATC(自動列車制御装置)はゲームのルールとして採用できる。しかしTASCは再現しない。ここがゲームとシミュレーターの境界線だ。飛行機でも実際の旅客機は、緯度経度を入力すれば自動的に到達してくれる。PC用ソフト「Microsoft Flight Simulator」もオートパイロットモードがある。リアリティを楽しみたい人に向けたマニアックなモードだ。

■「練習すると上手くなる喜び」が本質

「『電車でGO』の面白さは、練習すると成果が出るっていうところですね。最初は難しいと思うけれども、何度かやっていくうちにだんだん上手くなります。操作形態がいくつか用意してあって、チュートリアルでは簡単に操作してもらえるようなシンプルな操作方法になります」

 チュートリアルでは、ナビゲーター役の二葉ちゃんが運転手順をアドバイスしてくれる。チュートリアル含めデフォルトの設定ではのアクセル操作は左スティックを前に倒すと進み、手前に倒すとブレーキとなる。これは実際の操作とは逆だけど、オプション設定で変更できる。鉄道に詳しくないゲームプレイヤーにとって、「前に倒せば前に進む」が正しい感覚だ。

 戸閉灯の確認はゲームセンターだとタッチパネルを触る。しかしテレビにタッチパネルはないからボタン操作になった。なお、3月18日に発売予定のニンテンドーSwitch版はタッチパネルも使えるという。

「ゲームセンターだと大型筐体で3画面なんですけれども、家庭用ゲームなのでひとつの画面に収まるようにデザインを再設計しています」

■新路線は? 専用コントローラーは?

 山手線の内回りを運転したら、外回りも運転したい。ゲームセンター版では大阪や名古屋の路線もある。山手線内回りを発売した直後で恐縮しつつ、次なる展開もきいてみた。

「外回り運転の開発予定は今のところないです。内回り用のデータを使って外回りを作ると、単純に景色が裏返ってしまいますので……。外回りを始め、他の路線をやりたいというご要望が多いことも存じております。個人的には大阪環状線もやりたいし、中央本線で東京から名古屋までとか、相当長いですけど(笑)」

 第2弾の制作は今作の売り上げ次第、ということらしい。ただビックリマークひとつの『電車でGO!』は好調で、多くの路線が作られた。期待したいところだ。

 ところで、専用コントローラーはどうか。かなりマニアックだから高価でも売れそうだ。

「作りたいという話は出たんですけれども、コロナ禍で打ち合わせができないとか、部品がもう手に入らないとか、タイミングが合いませんでした」

 これも売れ行き次第ということか。ネットのウワサでは自作している方もいらっしゃるようだ。そういえばタイトーブランドから『電車でGO! PLUG&PLAY』が2018年に発売されていた。運転台コントローラーとテレビを接続すれば『電車でGO! FINAL』を遊べる。この仕組みでコントローラーやコントローラー内蔵版が出たらいいな、と期待する。

■電車に詳しくない人がハマる様子の動画が面白い

「鉄道に詳しくなくても、電車に興味がある人ならハマる」そんな触れ込みを疑う人もいるだろう。それを証明する動画がアップされている。YouTubeの「スクウェア・エニックス公式チャンネル」内の「カンストTV」カテゴリーで、同社の松田洋祐社長を始め、『FFXIV』の吉田直樹氏、「サガ」シリーズ 総合ディレクターの河津秋敏氏など、名作タイトルの開発プロデューサーがチャレンジした動画が公開されている。

 鉄道ファンではない「ゲーム好き」のオジサンたちが真剣に遊ぶ表情が面白いし、解説役の『電車でGO!! はしろう山手線』の野本プロデューサーの豆知識も楽しい。

■「東京の綺麗な街並みを眺めるだけでも楽しいゲームです」

「電車に詳しくないと楽しくないんじゃないかな、と思うかもしれませんが、実際にはこの東京の綺麗な街並みを眺めるだけでも楽しいゲームです。極論すれば前に進んで停まるだけ、バックもできません。だからゲーム操作としてはかなり簡単です。しかも、何度も遊んでいくうちに自分の技術が向上していきます。

 二葉ちゃんに褒めてもらえて励みになります。だから、むしろ、普段ゲームしない人には入りやすい、シンプルな遊びです。景色の方もこだわって作っているので、電車ではない何かに引っかかって興味を持っていただければ嬉しいです」

写真=杉山秀樹/文藝春秋

(杉山 淳一)

関連記事(外部サイト)