《球春到来》長嶋・王VSジャイアント馬場、松坂の「影武者」…プロ野球キャンプで生まれた「伝説」

《球春到来》長嶋・王VSジャイアント馬場、松坂の「影武者」…プロ野球キャンプで生まれた「伝説」

「知り合いがいなくてグラウンドでぽつんと一人だった」長嶋茂雄のルーキー時代 ©文藝春秋

 2月1日、プロ野球12球団は一斉にキャンプインを迎える。新型コロナウイルスの感染拡大によって例年よりも1カ所でまとまらず「分散キャンプ」を強化する球団も出ており、12球団の1軍はすべて無観客でのスタートになるなど、異例のスタートとなっている。

「球春到来」とも形容されるキャンプシーズン。これまでにも様々な「伝説」が生まれてきた。スポーツライターの広尾晃氏がその歴史を紐解く――。

◆ ◆ ◆

 普段は観客席から眺めることしかできないプロ野球選手だが、春季キャンプでは手の届く近さで見ることができる。運がよければ言葉を交わすこともできる。プロ野球キャンプの魅力はプロ野球選手の「人柄」に触れることに尽きるのだ。キャンプにまつわる「人」のエピソードをいくつか紹介しよう。

■長嶋茂雄、王貞治にプロの洗礼を浴びせた“巨人”

 1958年2月17日、国鉄明石駅は駅舎の外にまで人があふれかえっていた。この日、立教大学の卒業試験を終えたゴールデンルーキー長嶋茂雄が巨人軍のキャンプに合流するのだ。長嶋は前年、東京六大学の本塁打記録を「8」に塗り替えた。当時の六大学はプロ野球と肩を並べる人気で、始まったばかりの民放テレビでも試合中継があった。

 長嶋が姿を現すと、ファンは色めき立った。長嶋が歩き出すとファンはお城下の県営明石球場までぞろぞろと付いて歩いた。ファンの中には、育英高校の野球部でのちに長嶋のチームメイトになる土井正三も交じっていた。授業をさぼって長嶋を観に行った土井たち野球部員は、あとで教師から大目玉を食らった。「あの時の長嶋さんは、まだ知り合いがいなくてグラウンドでぽつんと一人だったな」土井は語っている。

 柔軟体操をする段になって、長嶋は見たこともないような巨大な選手と組むことになった。馬場正平、のちのジャイアント馬場だ。馬場は長嶋より2学年下だったが、新潟の三条実業高校を中退して3年前に巨人の選手になっていた。柔軟が終わるとキャッチボール。投手だった馬場はボールをわしづかみにして投げていた。ナックルのように無回転で重いボールが長嶋のグラブにずしりと収まった。「プロはすごい」長嶋は思った。

 馬場正平はその時点ですでに「窓際」扱いで、この年は1軍に呼ばれなかったが、翌1959年、春の甲子園の優勝投手だった王貞治が宮崎球場でキャンプインする際にも、最初の打撃投手を務めている。「ボールが重くて前に飛ばなかった」王は語っている。

 この年限りで馬場は巨人を退団し、翌年力道山の門を叩きプロレスラーになっている。

 奇しくもONがプロ入りする際に最初に立ちはだかったのは、“巨人”ジャイアント馬場だったのだ。

■甲子園のアイドルが連れてきた「試合以上の観客」

 1969年夏の甲子園で延長戦の末に敗れた三沢高校の太田幸司は、その甘いマスクで甲子園アイドルの先駆けとなった。この年ドラフト1位で近鉄に入団。

 翌1970年2月1日、藤井寺球場でのキャンプイン、10時半始動の30分前に太田は球場に姿を現したが、早朝から球場に詰め掛けた女性ファンが「キャーっ」と歓声を浴びせかけた。ランニングする太田の背中めがけて「キャーっ」キャッチボールをすると「キャーっ」、太田はベースランニングではぎごちないスライディングを見せて先輩選手たちの失笑を買ったが、その頭上からものすごい歓声が降り注いだ。藤井寺球場の内野席は続々とお客が詰めかけ1000人をオーバーした。

「去年は試合をしても(藤井寺球場に)150人しか来んこともあったのに」三原脩監督は詠嘆した。

 このキャンプ中に太田幸司は「グリコアーモンドチョコレート」のCMを撮影している。近鉄バファローズの選手が全国版のCMに出るのは初めてのことだった。

■キャンプ地に向かう途中にトレードを告げられたエース

 1979年1月31日の正午過ぎ、羽田空港のチェックインカウンター前には、翌日からの宮崎キャンプに臨む巨人軍ナインが集結していた。突然、球団職員がその中に割って入り、エースの小林繁と何事か話し始めた。不審げな表情の小林は、選手の群れから外れて車に乗り込んだ。

 巨人は前年「空白の1日」を主張して法政大学卒の江川卓の入団を強行しようとしたが金子鋭コミッショナーによって否定された。ドラフトで江川は阪神に1位指名されたが、金子コミッショナーの裁定で巨人とのトレードが画策され1月30日に阪神がそれに応じた。阪神は江川のトレードの相手として小林繁を指名。そこで急遽、キャンプに出発する直前の小林が呼び戻されることとなったのだ。

 都内のホテルの一室で、巨人の長谷川実雄代表らが小林を説得したが、小林はなかなか首を縦に振らなかった。精根尽きて小林が移籍を了承したのは夜11時半を回っていた。

 巨人と阪神は日付が変わった2月1日午前0時17分に読売新聞本社で江川と小林のトレードを正式に発表した。

 翌日の新聞は江川卓の巨人入団と小林繁の移籍を1面で報じた。読売新聞以外のメディアは巨人、読売の横暴を責め立てた。

 小林、江川のキャンプインはともに2月7日と報じられたが、巨人は現場の混乱を恐れて江川をキャンプに参加させなかった。江川は矢沢正トレーナーと自主トレをする。

 小林が高知県安芸の阪神キャンプに合流したのは2月11日のことだ。縦じまのユニフォームでグラウンドに姿を現すと、スタンドから「巨人の(ユニフォーム)より似合ってるで」と声がかかった。十分にトレーニングを積んでいた小林の身体は引き締まり、初日からブルペンで捕手のミットに快音を響かせた。この日は初の紅白戦が行われたが、観客席は1万人の大入り満員だった。

 江川の初キャンプは翌年になった。2月1日に宮崎でキャンプイン。他の若手選手とともに始動した。王貞治ら主力組は2月7日に合流したが、江川は打撃投手として回転の良い球を投げて、王を驚かせた。メディアの数はすさまじく、江川は常に付きまとわれる。初めての休日に散髪をするとあるスポーツ紙は1面で「江川洗脳」と大きな見出しを掲げた。

■7歳年上の「影武者」が現れた松坂大輔

 1998年の夏の甲子園でノーヒットノーランの快投を見せた横浜高校の松坂大輔は、ドラフト1位で西武に入団。

 翌春、高知県春野町の県立総合運動公園野球場の西武春季キャンプにも多くの人が詰めかけた。キャンプインした松坂大輔は

「朝は7時10分に起きた。早起きは苦手だけど、決められた時間に起きるのは大丈夫。地獄のキャンプが始まったという感じですね」

 東尾修監督は大事に育てる意向で「俺がうんと言うまでは、松坂はブルペンに入れない」と語った。

 その松坂が初めてブルペンに入ったのは2月6日、1000人のファンがブルペンを取り囲んだ。2月14日、バレンタインデーには1万4000人ものファンが駆け付け、松坂に届けられたチョコレートは1200個に上った。宿舎やメイングラウンドに移動するときは、ファンが周囲を取り巻いた。他の選手の移動にも支障が出たので、球団側は背格好が似た谷中真二に「18」のグラウンドコートを着せて「影武者」を演じさせた。7歳年上の谷中は「悔しい気持ちはある。野球で見返したい」と語っていた。

■ファンとキャンプ 次の「球春」は…

 今年の春季キャンプは「無観客」で、厳重な感染症対策を施して行われる。ファンがいなくてもトレーニングや技術の習得には大きな支障はないのかもしれないが、一方で、失われてしまうものも少なくないのではないか……と、長年取材した私自身は思っている。

 2018年の宮崎、巨人キャンプ。昼下がり、メイングラウンドでは、ぽかぽか陽気の中、1軍の打撃練習が行われていた。小林誠司がケージに入るとスタンドから「こばやしー、せめて250(打率.250の意味)は打ってくれよな!」と大きなヤジ。場内はどっと沸いた。

 小林は観客席をちらっと見上げ、睨んでいるように見えた。小林は2016年(打率.204)、2017年(.206)と打撃ランキングの最下位。守備やリードはともかく、打撃では正捕手のポジションを譲られた大捕手、阿部慎之助の足元にも及ばないのだから仕方がない。さぞや悔しかっただろうが、言い返すことができない成績ではあった。

 このヤジに発奮したのか、この年の小林は開幕から安打を量産。4月末の時点で、一時は打率.357でリーグ3位。最終的には.219に終わったが、それでもその時点までの小林のキャリアハイだった。

 同じ2018年の石垣島でのロッテキャンプ。前年ソフトバンクを戦力外になった大隣憲司は、2月16日になってロッテ入団が決まった。その翌日、キャンプ地に姿を現した大隣は、芝生の広場でさっそくファンにサイン。ファンから「良かったねー! 入団できて」と言われて本当にうれしそうに笑った。

 春季キャンプは選手にとってもファンのことばを直接聞き、励ましを受ける数少ない機会なのだ。選手のモチベーションにも、少なくない影響を与えている。ファンとの交流で起こる選手の「化学変化」を見るのも春季キャンプの楽しみなのだ。

 今年の春は寂しい。来年にはわくわくする「球春」が戻ってくることを心から望む。

(広尾 晃)

関連記事(外部サイト)

×