本当に行ってよかった「ビジホ×ひとり飯」 ホテル評論家が唸った日本全国20選〈東日本編〉

本当に行ってよかった「ビジホ×ひとり飯」 ホテル評論家が唸った日本全国20選〈東日本編〉

おたる旬魚 しば田

 ホテル評論家である筆者が、実際に行ったことのあるお気に入りビジネスホテル&ひとり飯を紹介したい。ひとり出張やひとりレジャーで居心地のよいビジネスホテルに宿泊し、ひとり飯をいただくのは無上の喜び。今回はラーメン店やご当地感の少ない全国チェーンの飲食店は除き、ホテルから徒歩圏内(概ね10分以内が目安だが一部例外もあり)で、アウェイの場所でも落ち着くことができ、可能であればテイクアウトもできるお店をセレクトした。おひとり様なのでカウンター店中心だが、テーブル店でもひとりで違和感のないお店を選んだつもりだ。

 前編を「東日本編」、後編を「西日本編」として日本列島を北から南へ縦断していく。セレクトはあくまでも筆者の独断であり、お店のデータや写真は訪ねた当時のもの。また、コロナ禍で営業形態については変更されている可能性があり、実際に訪ねる際は公式サイトなどで確認していただきたい。では「東日本編」からスタート。

■【天然温泉 神威の湯 ドーミーイン旭川×居酒屋 天金】(北海道旭川市)カウンター有り

 温泉ビジホとして名高いドーミーインのお風呂でまったりしたら、大通りを繁華街方面へ。天金は地元で人気の居酒屋。おひとり様は入り口近くのカウンター、テレビ前がおすすめだ。

 こちらのお店でお気に入りはデミグラスたっぷりのカニクリームコロッケ。もちろんラムもアスパラも北海道クオリティ。寿司折りも素晴らしい。カウンターでひとりまったりできる、安くて美味しい地元密着系居酒屋は貴重。

■【ベッセルホテルカンパーナすすきの×おたる旬魚 しば田】(札幌市中央区)カウンター有り

 すすきのエリアの西側にあるハイクラスビジホ。狸小路西5丁目にある「しば田」へも好アクセス。ちょっと古めの地元密着系居酒屋だがお通しの海老を見て期待大。ズワイ蟹1800円、根室平山商店の生雲丹折3000円など嬉しすぎる価格設定。

 メニューは煤けた紙だが、全て壁に貼られているので安心だ。〆は新鮮いくらが層になって盛られたいくら丼を。思わずウニのっけしてしまう。

■【センチュリーマリーナ函館×ハセガワストア】(北海道函館市)イートインコーナー

 函館ベイエリアにある、もはや高級リゾートホテルクオリティにして宿泊特化型タイプのホテル。函館のご当地グルメといえばラッキーピエロのハンバーガーも有名だが、無性に食べたくなるのがハセガワストア、通称ハセストのやきとり弁当。

 基本はテイクアウトだが、店内で食べることもできる。ラッキーピエロ、ハセストともにホテルから徒歩圏内のベイエリアにあるのでハシゴも有りだ。

■【グランパークホテル パネックスいわき×のんべえ】(福島県いわき市)カウンター有り

 いわきの個性派ホテルはカラフルで楽しい。大浴場でまったりしたら駅前を通り過ぎ、イワシ料理と串揚げが自慢の居酒屋「のんべえ」へ。店自慢のイワシ刺身が最高だ。たっぷりにんにくとショウガも嬉しい。

 寒い夜であれば、牡蠣や白子、冬の味覚に熱燗もすすむが、100円と150円均一がうれしい串揚げにはやっぱりビールだ。地元のお客様で大盛況。良いお店には良い空気が流れている。

■【ドーミーインEXPRESS郡山×味堂ほるもん焼】(福島県郡山市)テーブル

 郡山の人気ビジホから向かったのは、雰囲気のある佇まいにして食材、価格、サービスどれをとっても文句なしのホルモンのお店。キュウリに見えたお通しが実はズッキーニというのが意外で嬉しい。

 ジンギスカンが何より安い。こんなに美味い生ラムは久しぶりだ。地元の常連さんも、みなさんジンギスカンを頼んでいる。馬刺しも文句なしの一品。

■【レフ大宮byベッセルホテルズ×いづみや】(さいたま市大宮区)カウンター有り

 筆者は自宅が東京郊外ゆえ、都心の人気大衆居酒屋でせんべろしてからの満員電車帰宅はツラい。そのまま近くのホテルで寝られたらという儚い希望が大宮で叶った。駅至近に開業した大浴場サウナ付きの今っぽいホテルからすぐの人気大衆居酒屋でベロンベロンになるまで飲む。

 少ない予算でこれだけ楽しめるとはさすがの老舗大衆酒場。ビールに熱燗、つまみ各種、〆のラーメン490円もいい。居酒屋で食べる焼きそばも美味い!

■【ホテル ココ・グラン北千住×天婦羅いもや】(東京都足立区)カウンター有り

 北千住駅近くのホテルは大浴場も完備。汗を流したらふらっと街グルメ。街中華や大衆寿司大好き人間からするとあまり目に入らない大衆天ぷらだが、町の大衆グルメに共通した魅力は、値段を気にせず思いのまま楽しめることに加え、独特の脱力感があること。

 夜でもみなさん定食や丼をオーダーしささっと食べて帰って行くが、個人的にいい大衆天ぷら屋の条件はリーズナブルな刺身。となれば天ぷらもお好みでいただく。

■【hotel MONday 浅草×大黒家天麩羅 本店】(東京都台東区)テーブル

 魅力的なおひとり様店密集エリア、浅草はビジホもたくさん。ホテルからお店まで多少離れていても散歩がてら歩くのも楽しい。ホッピー通りの誘惑を振り切って有名天ぷら店へ。

 つまみ代わりの刺身とお酒とくれば、〆は迫力の天丼だ。丼とはいえ、つゆが濃くて酒の肴にもなる。浅草門前町と老舗天ぷら屋、きっと忘れられないひとり旅のひとコマになるはずだ。

■【クインテッサホテル東京銀座×ナイルレストラン】(東京都中央区)テーブル

 東銀座歌舞伎座裏という立地で、ひとり飯の選択肢は豊富だ。ここはあえて全国区の人気を誇る有名店をセレクト。激うまインドビールをおかわり、からのワインがいけるのもホテルの近さゆえだ。

 テレビでもお馴染みナイル善己さんの絶品料理の数々はひとりでも盛り上がり必至。絶対オーダーしたいのがムルギーランチ。時にひとり旅&ひとり飯にはピリッとスパイスも必要だ。

■【ホテルメルパルク横浜×三郎寿司あまね】(横浜市中区)カウンター有り

 山下公園目の前にある安心価格のホテルにステイ。グルメ候補は泣く子も黙る中華街になるわけだが、あえて外して元町方面の寿司屋へ。しかもアーティストが個展を開催するギャラリーにある寿司カウンターだ。

 なんといってもひとりでふらっと入りやすい。人気の助六と鯛の押し寿司のテイクアウトも候補だが、ここは鉄火丼にビールでまったりと。地元に愛される元町「三郎寿司」のご子息のお店という。本家も訪問したいところ。

※掲載の情報は訪問時のものであり、実際の利用に際してはメニューや料金をはじめ、営業日、営業時間、休業、廃業などの情報を公式サイトなどでご確認ください。

◆ ◆ ◆

「 西日本編 」へ続く

写真=瀧澤信秋

本当に行ってよかった「ビジホ×ひとり飯」 ホテル評論家が唸った日本全国20選〈西日本編〉 へ続く

(瀧澤 信秋)

関連記事(外部サイト)

×