なぜ、この色気をガチャガチャに?「謎のセクシーガチャ」ベスト50…潜望鏡、水着姿の峰不二子、くちびる、吉岡美穂の…

なぜ、この色気をガチャガチャに?「謎のセクシーガチャ」ベスト50…潜望鏡、水着姿の峰不二子、くちびる、吉岡美穂の…

ワッキー貝山氏提供

なぜ、あのアイドルをガチャガチャに?「謎のタレントガチャ」ベスト50 志村けんの髪、セイコのウンチ、MEGUMI覗き見、宮崎美子の… から続く

 カプセルから“意外な商品”が飛び出すのがガチャガチャの魅力。その中でも、大人っぽい「セクシーなガチャ」が出てくることもある。

『 昭和レトロガチャ 最強コレクション 』の著者で、10万点のガチャガチャ・コレクションを持つ仙台拠点のタレント、ワッキー貝山氏(50)に、ちょっと大人っぽい「『謎のセクシーガチャ』ベスト50」を選んでもらった。

?

◆◆◆

■50位「ちょいメタボなドロンジョ様消し」

「『ヤッターマン』(フジテレビ系、1977年〜1979年)の悪役ヒロイン、ドロンジョのガチャです。公式設定によると身長は173センチで24歳なのだそうですが、このガチャはメタボ気味で、そうは見えないのが難点です。それでも人気があり、当時の子どもたちはドロンジョだけではなく、ボヤッキーやトンズラーなどコンプを目指してガチャを回していました」(ワッキー貝山氏、以下同)1977年、20円、今野産業製

■49位「LOVE鍵」

「南京錠に『LOVE』と刻印されているだけのガチャ。おしゃれアイテムの一つだったのでしょう。これをカバンなどに下げて、恋人たちとの絆を強くしようとしたのかも…」1983年、50円、コスモス製

■48位「手錠 あれこれ」

「手錠がアクセサリー感覚でキーホルダーにもなるというガチャです。簡単に外れるため、松田優作さんのテレビドラマ『探偵物語』(日本テレビ系、1979年〜1980年)ごっこやルパン三世ごっこなどをする時に使いました」1980年、20円、コスモス製

■47位「小便小僧の水鉄砲」

「なぜかピンク色の小便小僧。堂々とした姿で放尿する男児から水が出てくる仕組み。水が出てくるチューブが丸見えです」1981年、20円、ビュー製

■46位「一輪車スタンプ台紙のレオタード女子」

「ガチャは見た通りの商品ですが、台紙のイラストは高千穂遙さんのSF小説のアニメ化『ダーティペア』(日テレ系、1985年)で、女子プロレスのビューティ・ペアから着想を得たそうです」1980年代前半、コスモス製

45位「エリマキトカゲ 夜の女王下敷き」

「1984年に自動車メーカーのCMが放送され、エリマキトカゲは一大ブームになりました。このガチャはその便乗商品の一つですが、今でも見かける電話ボックスのピンクチラシを真似したのでしょうね。裏面は履歴書ですが、内容が意味深です」1984年、50円、コスモス製

■44位「セーラー服CLUB MATATABI メンバーズカード」

「いろんなガチャが登場したなめ猫ですが、このセーラー服姿のホステス指名カードも、その一種です。この頃になると、風俗嬢の年齢層が下がり、セーラー服を着ても、あまり違和感のない女性が現れました。そんな世相を反映したガチャかもしれません」1980年、20円、コスモス製

■43位「バトルフィーバーJ ミスアメリカ消し」

「ミスアメリカは東映のスーパー戦隊シリーズの第3作『バトルフィーバーJ』(テレビ朝日系、1979年〜1980年)のヒロインです。アメリカのマーベル・コミックと提携した本作は、このミスアメリカのみ、本場のコミックを参考にして生み出されました。なぜかディスコダンスを踊りながら戦います」1979年、20円、ポピー製

■42位「どっきりインク」

「これは困った商品。ペンなどにインクを仕込んで、それを女の子の衣服などにかけてドッキリを仕掛けるグッズなのですが、本来なら色は時間とともに消えるインクが、時々消えないことがあるんですよ。ガチャにありがちな展開です」1981年、20円、コスモス製

■41位「びっくりトイレ」

「レバーを押すとうんこが飛び出してくるというガチャです。前回にも似たようなガチャを紹介したと思いますが、この業界では、うんこは正義なのです。この坊やのイラストもなかなか味があります」1980年、20円、今野産業製

■40位「鉄腕アトム ウランちゃん消し」

「1980年に『鉄腕アトム』(日テレ系)がリメイクされ、その時に作られたガチャです。手塚治虫の女性キャラは、身体のラインが妙にエロちっくで、手塚マンガが『ヰタ・セクスアリス』になった人も多いのではないでしょうか」1980年、20円、コスモス製

■39位「うんち人形?&うんちする姿消し」

「このガチャと同時期に作られた映画『パンツの穴』は、全編うんこまみれでストーリーが展開します。うんこは下品だけど、その分、笑いを誘発するんですよね。ドリフの笑いも、それに通じるものがあります」1984年、50円・100円、コスモス製

■38位「ど根性ガエル ヨシコ先生消し」

「『ど根性ガエル』は2度アニメ化されています。このガチャは、年代的に2度目のアニメ化の時に作られたものだと思います。グラマーなヨシコ先生はモテモテのキャラクターで、戸田恵子さんが声を担当していました」1981年、20円、今野産業製

■37位「人魚姫フェルト人形」

「フェルト製の人魚に、アイドル風の顔が印刷されている紙を貼り付けたものです。これをどこで手に入れたかは忘れましたが、あまりにも手作り風なので、もしかしたらお店のおばちゃんの手作りフィギュアを店頭のガチャに忍ばせたものかもしれません」製造年・会社不明、20円

■36位「カメラ望遠鏡」

「そのものズバリ、望遠レンズを付けたカメラの模型です。刑事ドラマの張り込みのように、いかにもこの望遠レンズでこっそり覗けますよという雰囲気ですが、あくまで模型です」1883年、100円、コスモス製

■35位「手」

「よく見るとセクシーな美女の手に見えませんか? 少々こじつけですが、なんとも言えぬ生々しさに、ちょっと色気があるような……」1980年、20円、コスモス製

■34位「潜望鏡・ホロスコープ」

「スパイグッズの一種ですが、使い方は様々です。僕は推奨しませんが、覗きにも使えるのかもしれません。とはいえ、伸ばしても全長約30センチ程度ですので、実用的ではありません」1981年、20円、コスモス製

■33位「ビー・バップ・ハイスクール 三原山順子消し」

「1985年に第1作の映画が公開された『ビー・バップ・ハイスクール』のガチャです。三原山順子(このネーミングもガチャっぽい)を演じていたのは、宮崎ますみ(現・萬純)さんですが、これは原作漫画のフィギュアと思われます。当時のヤンキーファッションの定番、ロングスカートをまとっています。造形が甘く判別は不可能ですが、片手にはぺちゃんこの学生鞄を持っているようです」1985年、100円、今野産業製

■32位「香水の女の子」

「台紙にもあるように『香りは恋のキューピット』ということで、香水やにおい玉など香りが売りのガチャも各種ありました。これらは、一つは『ベルばら』がモチーフだと思うんですが、微妙に変えてあります。その他は、何からパクったのか、ご存知の方は教えてください」1980年代前半、コスモス製

■31位「びっくり水鉄砲 カメラ・ミニ銃・動物の水鉄砲」

「濡れたTシャツにビキニというのは、今でもグラビア界の定番ですが、それには水鉄砲が必需品。あらぬ妄想を掻き立てるガチャです」1981年、20円、コスモス製(カメラ)/1989年、100円、ブラボー製(ミニ銃・動物)

■30位「ポップなバッジ」

「当時の流行言葉をバッジ化したものです。80年代のアイドル映画を見ると、『やるっきゃない』という言葉をよく耳にします。今や死語と化していますけど」1984年、50円、コスモス製

■29位「サウンドロップ お色気シーンの音」

「テレビ番組で、色っぽい場面になると、よく聞く『ワーオ』という効果音をガチャ化したものです。パーティーグッズの一種でしょうが、他にも『正解音』『不正解音』『刀で斬る音』『おばさんの笑い声』など全8種類がありました」2007年、200円、バンダイ製

■28位「チョコレート娘(ガングロギャル)ミニBOOKとストラップ」

「前世紀末、今では理解不可能なものが流行り始めました。その一つがガングロファッションです。渋谷や池袋を中心に、若い女性たちが髪の毛を金髪かオレンジ色に脱色し、肌を黒くして街を闊歩していました。それをガチャ化したのですが、意外とおしゃれな雰囲気なので、ギャルたちにも人気があったのではないかと思います」1998年、100円、共同製

■27位「4面サングラス」

「チラ見をしてもバレませんよ、というトリック系のガチャです。露出度の高い服を着た女性を見たいという欲望は、男性なら誰もが持っている欲望ですが、これはその欲望を満たしてくれる……はずです」1978年、20円、コスモス製

■26位「ワンダーウーマン&バットガール ミニペンシルキャップ」

「DC公認のガチャです。この頃、『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』(フジ系、1977年〜1978年)の放送が始まり、1979年には映画『スーパーマン』が公開されるなど、最初のアメコミブームが起きました。その時に作られたガチャです。ちなみに昨年末に公開された『ワンダーウーマン』の最新作には、このテレビ版のヒロイン、リンダ・カーターが特別出演していました」1977年、20円、今野産業製

■25位「ファミコンシール アテナ」

「1986年に発売されたビデオゲーム『アテナ』のシールです。100円で5枚入りなのでお得といえばお得なのですが、複写を重ねて、画像が粗くなっているのが一目でわかります。裏面には『ビックリマンシール』を真似してオリジナルの解説文が印刷されています」1986年、100円、コスモス製

■24位「セクシーキーホルダー」

「ガチャ業界は英単語をキーホルダーにする傾向があります。これもその一種です。他にも『LOVE』などがありました。しかし、あくまで子ども向けのガチャなので、このケバケバしいキーホルダーを持ち運ぶことに抵抗があったはずです」1984年、50円、コスモス製

■23位「ピンク・レディー ミニ写真集」

「グラビア写真がアコーディオンのように開くというガチャ。裏面にはヒット曲の歌詞が印刷されています。大人になって、改めて彼女らを見ると、隣のお姉さん的な要素があり、当時の子どもたちはそんな所にも惹かれたのではないでしょうか。ちなみに僕はミーちゃん派でした」1977年、20円、コスモス製

■22位「マジック・チアガール」

「マジックイラストは要するにタトゥーシールの一種です。と言っても動物や花のイラストをワンポイント的に身体に入れるほんのお遊び程度のもの。サッカーボールは、チアガールが足を上げ過ぎて……」1980年、20円、今野産業製

■21位「スターの香り小泉」

「これは前回に紹介した『スターの香り近藤』と同じシリーズのガチャです。ここでも何故か“小泉今日子”や“キョンキョン”と呼びません。香りは柑橘系でした。キョンキョンは、この翌年に『なんてったってアイドル』で、初めてレコードチャートの1位になりました」1984年、50円、コスモス製

■20位「吉岡美穂 キュートムービーコレクション ミニムービー」

「吉岡美穂のグラビアアイドル時代のガチャです。当時は癒し系の代表格だった彼女のお宝写真が拝めるとあって、人気がありました。台紙にはYUJINと印刷されていますが、同社はのちにタカラトミーに吸収されました」2004年、200円、YUJIN製

■19位「ウルトラハンド」

「昨年、亡くなった宅八郎さんが持っていたアイテムの中に、マジックハンドがありましたが、これはその小型版です。言わずと知れたアイテムですが、伸ばしても約20センチぐらいですから、スカートめくりはできません」1982年、50円、コスモス製

■18位「モンドリップ Kiss Me バルーン」

「このようなデザインのバルーンアートが出始めた頃で、流行に敏感なガチャ業界が、早速取り入れたのではないかと思います。本家はヘリウムを入れて、浮かせることができますが、これは素材的に浮かせることは無理だったようです」1984年、50円、コスモス製

■17位「愛しのボッチャー バニーガール姿の美女消し」

「悪役プロレスラー、アブドーラ・ザ・ブッチャーをモデルにしたギャグマンガ『愛しのボッチャー』の登場人物をガチャ化したもの。このバニーガールはボッチャーに振り回されている美人マネージャーです」1979年、20円、コスモス製

■16位「プレイボーイ キャラクターGOODS」

「1975年に『月刊プレイボーイ』の日本版が創刊され、その流れでこの世界的に有名なうさぎのロゴがガチャ化されました。今回、紹介するのは、その一部です」1977年、20円、コスモス製

■15位「銀河鉄道999(メーテル、クレア)&宇宙戦艦ヤマト(森雪)消し」

「空前のアニメブームが起きた1970年代後半、商魂たくましいガチャ業界は、ヤマトや999のキャラクターを次から次へと商品化しました。松本零士のキャラクターを3次元化するという困難にあえてチャレンジしたガチャですが、物の見事に撃沈。特にガラスのクレアは、経年劣化も手伝って、まるでお化けです」1979年、20円、ポピー製(メーテル、クレア)/コスモス製(森雪)

■14位「スパイマイク」

「これは台紙の通りの実用的なグッズです。私も密かに両親の会話を盗聴したことがあります。今では笑い話かもしれませんが、置くところによっては警察に捕まりますので注意してください」1992年、100円、ビュー製

■13位「検ビンシリーズ 牧瀬○○の光るうんち」

「うんちグッズはガチャの定番。これは蛍光塗料を混ぜたうんことカルテがセットになっていたものです。昨日食べたものが納豆というのが、何気に臭いを想起させます。台紙によれば、○○りえ、○○ありさの他に○○邦子があるみたいです」1992年、100円、ユウ

■12位「くちびるヒューヒュー」

「このソフトプラスチック製の唇は、底にある2つのボタンを同時に触れると『ヒュゥゥゥゥー』と口笛が鳴ります。真っ赤な唇が子ども心に大人の女を感じさせて、戸惑いを覚えました。と言っても若い女性ではなく、どちらかと言えばケバいおばちゃんを連想させる商品でした」1983年、100円、コスモス製

■11位「星の砂」

「地方のお土産屋さんに行くと願いの叶う星の砂が売っていますが、これはその砂を着色して、香りを付けたものです。台紙の女性のイラストが何とも艶めかしくて、今回選出させていただきました」1980年、100円、コスモス製

■10位「セーラーマーズ実写版 北川景子フィギュア」

「『美少女戦士セーラームーン』はテレビアニメの他に、実写版(TBS系、2003年〜2004年)もありました。北川景子さんの女優デビュー作で、セーラーマーズを演じていました。この時代になると造形もまあまあなんですが、北川景子さんかと言われると……」2003年、200円、バンダイ製

■9位「うる星やつら ラムちゃん」

「『少年サンデー』で連載されていたマンガ『うる星やつら』は、1981年にアニメ化され、爆発的な人気を博しました。とりわけラムちゃんは、派手なコスチュームとは裏腹に、諸星あたるへの一途な想いが受け、アニメ雑誌の人気投票でも常に上位にランクされていました。そのラムちゃんのガチャなんですが、造形はともかく何とも塗りが甘く、オタクたちの食指が動いたかどうかは疑問です」1981年、20円、ポピー製

■8位「JUICY HONEY 蒼井そらボイス サウンドロップ」

「ボタンを押すと、セクシーアイドルの蒼井そらさんの声で『帰りたくないよ』『やぁだぁ』『おねがい! いっしょに』などと甘く囁いてくれます。他にハッピー編、ラブラブ編など全5種類が揃っていました。ラインナップには、麻美ゆまさんのものも。ちなみに、これらは18歳未満は購入不可。まあ、店頭で監視はされていないと思いますが、やっぱり子どもは買いませんよね」2008年、400円、ミント製

■7位「東京の女の子 乃木坂」

「乃木坂は、今でこそ東京ミッドタウンがあり、その地名を冠したグループ『乃木坂46』が存在するなど、若者が集うおしゃれなスポットですが、40年前は『別れても好きな人』で歌われていたように、大人の街というイメージでした。しかし、このガチャの頃になると、少し背伸びした女の子が遊ぶ街として知られるようになりました。だからこそ『東京の女の子』なのかもしれません」1982年、20円、今野産業製

■6位「浅倉南ちゃんビキニBOOK消し&大ぶり南ちゃん」

「80年代の『少年サンデー』誌上で、9位のラムちゃんと人気を二分したヒロイン、浅倉南ちゃんのガチャ。これらはオフィシャルな商品なのですが、フィギュアはやはり造形が甘い。よく見ると南ちゃんが彼女自身のイラストが描かれているTシャツを着ています。世界観がよくわかりません」1985年、100円、今野産業製

■5位「平凡パンチ ミニBOOK消し」

「書籍を模したプラケースに、複写した雑誌のシールを貼った消しゴムガチャ。1964年に創刊された『平凡パンチ』は若者のバイブルとして、時代を先取りした先鋭的な雑誌でしたが、80年代の頃はどちらかと言えば、ヌードグラビアが売りになりました。それでも、吉本隆明氏の名前が表紙にあるのは、時代に対する反骨心を感じずにはいられません」1982年、20円、今野産業製

■4位「お尻うんちスライム」

「キャップを開けて、スライム状のうんちを中に入れて、お尻の穴からひねり出すというガチャ。41位や39位でも、うんちの商品を紹介しましたが、このタイプは各社それぞれ作っていました。その中でも、これが最も無機質で、かつエロい商品。お尻の造形も妙にプリッとしていて生々しいです」1982年、100円、製造会社不明

■3位「パイパイ人形」

「何をヒントにして作ったのかは不明ですが、何とも愛くるしい表情のガチャです。ロリータフェイスなのに、発育が良いというのは、当時の流行りだったのでしょうか? それともクリエイターの願望だったのでしょうか? とは言え、これを引き当てた当時の私の気分は、言うまでもなく『トホホ』でした」1978年、20円、コスモス製

■2位「ミニ下着」

「大きさは広げても15センチぐらいですが、子ども心に『いけないものをガチャで引き当てた』と思いました。友達にも自慢できずに密かに家に持ち帰り、今日に至ります。もちろん親にも言えませんでした。今回が40年目にして初めての告白です。本当に罪作りなガチャです」1983年、100円、コスモス製

■1位「ビキニ姿の峰不二子」

「日本アニメ史上最もセクシーなヒロイン、峰不二子(B:99.9センチ、W:55.5センチ、H:88.8センチ)のガチャが今回の1位です。製造したポピーはバンダイ系列のメーカーで、これはオフィシャル商品なのですが、アニメに比べ、全体的にムチムチしています。当時の成形技術ではこれが精一杯だったんでしょう。また顔の造形はアニメの峰不二子とは若干違って、どことなくモンキー・パンチ先生の原作のタッチに寄せているような気がしますね」1979年、20円、ポピー製

(構成:矢野維之)

※記事内でご紹介した「謎のセクシーガチャ」ベスト50の写真は、 こちら よりまとめてご覧いただけます。

※毎日ガチャ動画を配信するワッキー貝山氏公式Youtube「ワッキーガチャンネル」は こちら

(ワッキー貝山/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)