「沢村賞」の由来になった怪物 ベーブ・ルースも打てなかった甲子園のエースが行きたかった「六大学のあの名門」

「沢村賞」の由来になった怪物 ベーブ・ルースも打てなかった甲子園のエースが行きたかった「六大学のあの名門」

巨人軍結成メンバーのサインボール。沢村栄治の名前も ©?文藝春秋

「日本野球史上、最高の投手は?」という質問は、どの時代もファンの間で話題になる。1990年代以降は野茂英雄、松坂大輔、上原浩治、ダルビッシュ有、田中将大などメジャーリーガーたちを相手にする投手も続々と現れ、海外の強打者たちとの対戦が連日に渡ってくり広げられたことで、ますます議論の幅は広がった。

 ここで上がった投手たち全員が受賞しているのが、その年の日本プロ野球で最も活躍した先発完投型投手を対象として贈られる特別賞「沢村賞」。その由来になっているのが、伝説の速球投手・沢村栄治だ。

 NPB史上初の最多勝利・MVPを獲得し、史上初のノーヒット・ノーランも達成。1934年には日米野球にも出場し、ベーブ・ルースらレジェンド選手を擁するメジャーリーグ選抜チームを8回1失点におさえた。一方で、その後、度重なる徴兵で肩を壊し、3度目の軍隊生活で27歳にして戦死した悲運のエースでもある。

 そんな沢村栄治の生涯を追った『 沢村栄治―裏切られたエース 』(文春新書)より、彼の全盛期が始まろうとするまさにその瞬間を引用して抜粋する。

◆◆◆

 1931(昭和6)年秋、京都商業の2年生で14歳になった栄治は、内野手としての練習に汗を流していた。

 この年の11月、読売新聞が主催した第1回日米野球が全国を転戦して開催され、関西でも名古屋の鳴海球場と甲子園球場で試合が行われた。対戦したのは全慶大、全早大、そして関西大だったが、力の差は歴然でほとんど試合にならなかった。

 この3年後に行われる第2回の日米野球で17歳の栄治が快投を演じることになるのだが、京都商業という平安中の壁に阻まれてまだ一度も甲子園出場を果たしていない無名の中学校、その投手板にも立てていない栄治にとって、大リーグ選抜軍、ルー・ゲーリッグ、レフティ・グローブなどの名は、あまりにも遠い存在だっただろう。

■“京都商業に浮き上がるような速球を投げる怪投手がいる”

 1932年、京都商業3年になった栄治は、ようやくチームのエースとして対外試合で投げるようになった。小学校で全国大会で活躍した投手でありながら、なぜか京都商業では2年間マウンドから遠ざけられていた栄治は、打撃投手をしながら制球を学ぶなどして蓄えてきた力を一気に解き放った。

 “京都商業に浮き上がるような速球を投げる怪投手がいる”。デビュー戦となる同志社との練習試合で好投し、その後も快投を続けた栄治の評判は、1年を戦ううちに京都から次第に関西へと拡がっていった。

■ある日現れた「監督」

 来年こそは、平安中学や急速に力をつけてきた京都師範といった地区のライバルたちを破って甲子園に――。栄治が手ごたえを持って冬季の練習に励んでいたある日、京都商業のグラウンドに丸眼鏡をかけた恰幅のよい壮年の紳士が姿を現した。これが、投手・沢村栄治の最初の本格的な指導者となる慶応大学野球部監督・腰本寿(1967年野球殿堂入り)だった。

 腰本は、ハワイ生まれという異例の経歴を持つ野球人だ。13歳のとき、ハワイに遠征してきた慶応大学野球部の関係者の目に留まって来日し、学費などの援助を受けながら慶応義塾普通部から慶応大学に進み、二塁手として神宮で活躍した。

 卒業後は、慶応義塾普通部を率いて第2回全国中等学校優勝野球大会(夏の甲子園大会の前身)で優勝。その手腕を買われて、31歳にして慶応大学野球部初の専任監督に就任するや、理論的な指導と奇策縦横の采配でたちまち優勝を重ね、9年間で7度優勝という慶応大学の黄金期を築いた名監督だった。

 この頃の腰本は、中学の好選手のスカウトに意を用いていた。それは、ハワイ遠征で自分を見いだして育成し、慶応の監督にまで引き上げてくれた慶応のスカウト力に深く感謝していたことと無関係ではあるまい。特に、宮武三郎、水原茂といった慶応大学の主力選手を輩出している香川の高松商業とは好関係にあり、シーズンオフに長期の指導に出向くのが恒例化していたのだった。

■実は打撃フォームも美しかった沢村栄治

 高松に出向く途中、突然京都商業に立ち寄ったのは、好選手を探す腰本のアンテナに、既に栄治の存在が認識されていたことを示すものだ。栄治の投球を目の当たりにした腰本は、高松商業行きをしばらく延期して京都商業のグラウンドに連日足を運び、付ききりで栄治の指導に当たったという。

 栄治の打者としての素質をも見抜いた腰本は、それまで右打ちだった栄治を左打ちに転向させた。栄治は長打力はあまりないが、ミートがうまく俊足だった。左打者になれば、その2つの長所を生かして好打者になれる。腰本は、そう考えたのだろう。後に栄治は、職業野球で代打としても起用されるほどの美しいフォームを持つ左打者になる。

■「慶応に行くはずだった」

 まぶしい慶応のユニフォームを身にまとって手取り足取り指導してくれる日本一の監督・腰本の姿を仰ぎ見るうちに、栄治の心に慶応大学に入ってこの人の指導を受けたい、この監督のチームの一員として日本中を熱狂させる早慶戦で投げてみたいと夢見る想いが芽生えるのは自然な流れだっただろう。そして、腰本もまた、卒業後の慶応への進学を念頭に置いての指導だったことは容易に想像できる。職業野球入りした後に栄治は、

「わしは慶応が好きやで慶応に行くはずだったのや」そう鈴木惣太郎に語ったという。

■“ミスター・タイガース”との対決

 よき指導者を得てめきめきと力をつけた栄治は、1933年、京都商業4年生の春、京都の強豪4校による京都選抜大会で、京都一商を3対0、前年春夏の甲子園に出場した京都師範を7対1で破って、ついに京都商業開校以来初となる春の選抜出場を決めたのだった。

 初めて甲子園のマウンドに立った栄治は、1回戦の関西学院中学を13奪三振と圧倒して、そのホップする速球と三振奪取率の高さで注目された。

 2回戦は、後に“初代ミスター・タイガース”の称号を得る藤村富美男(1974年野球殿堂入り)をエースに押し立てた大正中学とぶつかり、これを3対2で撃破した。栄治は、強豪校打線を5安打、15奪三振に封じて、三振のとれる快速球投手の名を更に高めた。

 続く準々決勝で、栄治はついに、甲子園史上最強投手の呼び声高い明石中学の楠本保と激突した。この試合で栄治は三振を9個奪い、優勝候補筆頭の明石中打線を2点に封じたが、京商打線も楠本に4安打、10奪三振、1得点に封じられ、1対2で惜敗したのだった。

■「スピード、制球は及ばぬながら…」

 京商打線は二線級の投手は打てても、楠本のような好投手には沈黙した。地元の強豪平安中学に進まなかった栄治は、この後も常に味方の貧打に泣かされることになる。

 大会後の総評で栄治は、

〈スピードで楠本(のち慶大)に及ばず、制球において吉田(中京商、のち明大)に及ばぬながら、そのスピードとアウトコースに決まるドロップはブレーキ鋭く威力があった〉そう記録され、楠本、吉田とともに大会優秀選手に選ばれた。

 楠本保は、春夏計6回甲子園に出場。トルネード投法から繰り出す豪速球で、甲子園通算15勝、ノーヒット・ノーラン1回、奪三振203個という現在でも“甲子園史上最強投手”の呼び声高い剛腕投手だ。

 一方の吉田正男は、夏の甲子園3連覇を達成する制球天下第一と賞された怪腕で、歴史に残る明石中との延長25回1対0の激闘を1人で投げ切り、その翌日の決勝戦にも先発して平安中を1点に抑えて優勝という超人的な鉄腕の持ち主だった。甲子園通算23勝は、いまだに史上最多記録である。

 明石中・楠本の打者を威圧する豪速球、中京商・吉田の自在の制球と疲れを知らぬスタミナ。甲子園の歴史に残る2人の大投手から、栄治は多くのものを学んだに違いない。

■沢村栄治、その最大の特徴

 因みに、この二大投手との比較で言えば、1年後に栄治が職業野球入りする際の読売新聞の紹介記事の中でこう記されている。

「楠本にしろ、吉田にしろ球は素晴らしいが投球モーションにはなんとなく固さがある。柔らかさに乏しいのである。そこにゆくと沢村の投球モーションは実に滑らかでのびのびした見事なフォームで(中略)沢村がその剛球と共に前途に多大の嘱望をされている所以はここにある」

 栄治の最大の特徴は、その美しくしなやかな投球フォームにあったのである。

 こうして、翌1934年に17歳、京都商業の最終学年となる沢村栄治の短い、しかし強烈な光を放つ全盛期が始まろうとしていた。

(太田 俊明/文春新書)

関連記事(外部サイト)

×