東横線中目黒駅に28店舗が集積する商業施設「中目黒高架下」が11月開業

東横線中目黒駅に28店舗が集積する商業施設「中目黒高架下」が11月開業

@DIME アットダイム

東急電鉄は東京地下鉄と共同で手がける中目黒駅高架下開発計画の施設名称を「中目黒高架下」に決定。ロゴ、および出店する全28店舗が発表された。「中目黒高架下」は、東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間を約700mを線状に開発するもので、11月の開業予定。ロゴについては、『中目黒高架下』の6文字をあしらい、施設の特徴である6本の高架橋脚を表現した。

主な店舗としては、中目黒で事業をスタートし、人気の炉端屋「なかめのてっぺん」を創業したMUGENが新たに展開する、のどぐろ・牡蠣・日本酒バル「NODOGUROYA KAKIEMON」や、本社が中目黒にあり、「スープストックトーキョー」を企画したスマイルズが新たに手掛ける、窯焼き料理とワインの専門店「PAVILION」など、14店舗が新業態として登場。カルチュア・コンビニエンス・クラブが、書籍販売を中心にカフェを併設する「蔦屋書店」や、トランジットジェネラルオフィスが関東に初出店する、九州で人気のうどん居酒屋「二○加屋長介」など、個性豊かな店舗が出店する。

『中目黒高架下』は、開発コンセプトとして“SHARE”を掲げており、全長約700mに渡る高架橋をひとつの屋根に見立て、個性あるさまざまな店舗が空間を“SHARE”していく。東急電鉄では「中目黒らしい街の楽しみ方」ができる新しい商店街として、中目黒の新たなカルチャー発信地となることを目指す、とコメントしている。

関連情報

http://www.nakamegurokoukashita.jp/

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)