口コミ評価の高い「標高1000m以上の高原宿」10選

口コミ評価の高い「標高1000m以上の高原宿」10選

@DIME アットダイム

 残暑が終わると、本格的な秋がやってくる。そうなると、山や高原に旅に出かける人も少しずつ減っていくわけだが、高地にある宿に泊まるチャンスはまだある。旅行口コミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーは昨年、ユーザーの口コミの評価をもとにした「旅行者が選ぶ 標高1000メートル以上の高原宿トップ10」を発表した。このランキングは国内にある宿の中で、標高1000メートルを超える高地にある宿泊施設のうち、車やバスなどでアクセスできるものを対象にしたもので、徒歩のみのアクセスとなる山小屋は含まれていない。

 調査結果をみると、1位に選ばれたのは、長野県松本市、日本百名山に数えられる美ヶ原の山頂に佇む、雲上の一軒宿「美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル」。標高およそ2000メートルから、南北アルプスをはじめ41もの山々が連なる大パノラマを見渡せる人気ホテル。「眺めはお天気と運次第ですが、美味しい料理はいつも変わらず高得点です」「宿では、ウェルカムシャンパンサービス、夜食、星空教室、スライドショーなどイベントやおもてなしが用意されています」など、景色以外の魅力も高く評価されている。

 ランキング全体では、長野県の施設がトップ3を独占した他、トップ10のうち7軒が長野県から選ばれるなど、他県を圧倒する結果となった。

■標高1000メートル以上の高原宿トップ10

※標高は参考値

1 美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル(長野県) 2009m
2 オテル・ドゥ・八ヶ岳テラス(長野県) 1259m
3 渓流荘 しおり絵(長野県) 1009m
4 アンシェントホテル浅間 軽井沢(長野県) 1118m
5 ヌタプカウシペ(北海道) 1027m
6 ホテルグランフェニックス奥志賀(長野県) 1497m
7 寛ぎの舎 游(岐阜県) 1007m
8 五千尺ホテル(長野県) 1520m
9 山本小屋ふる里館(長野県) 1924m
10 草津湯菜の宿 杓凪華(群馬県) 1223m

【評価方法】

標高1000メートル以上に立地し、車でアクセスが可能な国内の宿を対象に、2014年6月〜2015年5月にトリップアドバイザーに投稿された日本語の口コミを、独自のアルゴリズムで集計。

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)