50年ぶりに復活!吉野家が期間・食数限定で『松茸牛丼』を発売

50年ぶりに復活!吉野家が期間・食数限定で『松茸牛丼』を発売

@DIME アットダイム

吉野家は全国の「吉野家」各店舗にて、期間限定・食数限定で『松茸牛丼』の販売を開始した。価格は並盛(単品)700円、セット730円(いずれも税込み)。

『松茸牛丼』は、秋の味覚の代表である“松茸”を牛丼のタレで煮て、牛丼の上に盛りつけた商品になる。吉野家がまだ、築地市場にしか店がなかった頃、市場で松茸の初セリがあった際に、販売したことがあるという。そこで同社では、長年「築地一号店」を利用してもらった感謝の意を込めて今年、五十数年ぶりに復活したと、アナウンスしている。

松茸の芳醇な香りと食感は牛丼との相性も抜群で、一層深みのある味わい。商品は期間限定、毎日11時30分からの食数限定での販売となっている(店舗毎の毎日の販売予定数に達した時点で販売終了)。実り多き秋に再現された吉野家の「松茸牛丼」をこの機会に、ぜひご賞味あれ。

関連情報

https://www.yoshinoya.com/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)