ビートルズゆかりの地、ロンドン&リバプールの人気グルメ10選

ビートルズゆかりの地、ロンドン&リバプールの人気グルメ10選

@DIME アットダイム

エイチ・アイ・エスと英国政府観光庁は、2016年が、ビートルズが初来日した1966年からちょうど50周年にあたることを受け、ビートルズゆかりのリバプールとロンドンのグルメを20種選択肢に設定。H.I.S.が運用するSNSのイギリス好きフォロワーを対象に、「どれを食べてみたい?ビートルズゆかりのイギリスグルメ投票キャンペーン」と題し、イギリスで食べてみたいグルメに投票してもらう企画を実施した。

イギリスといえば、大都市ロンドンをはじめとした刺激溢れる都会的な一面と、自然豊かな牧歌的風景が同居する国として、海外旅行先としても人気を誇る。そしてイギリスを代表するロックグループといえば、誰もが知るビートルズ。イギリス北西部に位置する、ビートルズが生まれ育った町リバプールと、イギリスの首都ロンドンにあるビートルズにゆかりのある20のグルメスポットの中から、ビートルズをテーマにしたレストランで楽しめるイギリス名物料理フィッシュ&チップスや、各メンバーの名前がついたティーなど、ビートルズファンはもちろんのこと、ファンならずともぜひ味わってみたいグルメがランクインした。

■1位<ロンドン>フラット・アイロン・ステーキ(Flat Iron Steak)
≪オススメの一品:ステーキ≫

ビートルズのメンバーの若かりし頃の好物がステーキとチップス(ポテトフライ)。ソーホーにある、安くて美味しいステーキ屋「フラット・アイロン・ステーキ」のメインメニューは、基本この1品。10ポンドのステーキのみ。他に、サイドメニューとドリンク、デザートがあるが、非常にシンプルなので、あれこれ悩むこともない。旅行者にも利用しやすいお店。予約はとらないので、混みあう時間を避けて利用するのがおすすめ。

<投票者の声>「メインメニューがステーキ1品という潔さ!なかなか「The 肉」な食事をロンドンでしたことがないので、次回の渡英時に伺ってみたいと思います」

■2位<リバプール>ブレイクス レストラン(Blakes Restaurant)<ハード デイズ ナイト ホテル内>
≪オススメの一品:フィッシュ&チップス≫

ハード デイズ ナイト ホテル内にある、ビートルズをテーマとしたレストラン。レストランに入って正面には、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャッケットに登場する面々の写真が飾られている。英国料理を中心とした料理を楽しめる。

<投票者の声>「イギリスと言えばコレ!ビネガーとソルトの組み合わせが独特ー!また食べたくなる味ですよね!」

■3位<ロンドン>ザ・タークス ヘッド(The Turk’s Head)
≪オススメの一品:スコッチエッグ、フィッシュ&チップスなどグリル料理とビール≫

ビートルズの映画『A Hard Days Night』でリンゴがダーツで遊んでいたバー。実際のシーンが撮影された場所として、今でもビートルズファンが訪れる。ビートルズ以外でも、ラグビーパブとして知られていて、ラグビーファンにも親しまれている。ロンドンで製造されているビール、エールビールやロンドンプライドをお供に、伝統的なパブメニューであるフィッシュ&チップスや、ソーセージ&マッシュほか、グリル料理がおすすめ。

<投票者の声>「パブ!ブリティッシュパブ!是非行きたいです!そしてスコッチエッグがとても美味しそう」

■4位<リバプール>ファブフォー・カフェ(Fab4 Cafe)<ビートルズ・ストーリー内>
≪オススメの一品:チョコレートケーキ&コーヒー≫

ビートルズをテーマにしたカフェ。ビートルズファンには外せない人気スポットで、ビートルズの結成から解散がわかるミュージアム「ビートルズ・ストーリー(Beatles Story)」内にあるカフェ。ビートルズ・ストーリーには、多くの記念の品々の展示、オーディオツアーなど、ビートルズの情報がぎっしり詰まっている。再現されたキャバーン・クラブ、ジョージ・ハリスンのギター、ジョン・レノンの眼鏡などは必見。日本語の副音声ガイドも借りられる。見学後にビートルズの壁紙が一面に張られたファブフォー・カフェで、ジョンの好きだったチョコレートケーキと淹れたてのコーヒーを!

<投票者の声>「ビートルズの曲を聴きながら甘いものを食べて、まったり幸せな時間を過ごしたい〜!」

■5位<リバプール>ザ・ラウンジ&バー(The Lounge & Bar)<ハード デイズ ナイト ホテル内>
≪オススメの一品:各メンバーの名前のついたティー≫

ビートルズゆかりの地のマシュー・ストリートにあるホテルで、ホテル内にはいくつかのラウンジやバーがあり、どこもビートルズの写真や装飾が施されている。その一つ、The Lounge & Barではイギリスに行ったら一度は食べたい、アフタヌーンティーが体験できる。また£6.55pp (約1000円) を追加で払えば、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットでメンバーが着ていた衣装からヒントを得た、オリジナルのお酒を注文することも可能。アフタヌーンティーも楽しめて、各メンバーの名前のついたティーがある。

<投票者の声>「イギリスといえばアフタヌーンティー!ビートルズメンバーのティーも味わってみたいですね!雰囲気も格式があって本場の紅茶とお酒も歴史と共に楽しめそうです!」

■6位<リバプール>フィルハーモニックパブ (The Philharmonic Dining Rooms)
≪オススメの一品:BRITISH BEEF AND NICHOLSON'S PALE ALE≫

ジョン・レノンのお気に入りのひとつだった、1898年〜1900年くらいに作られたアール・ヌーヴォースタイルの装飾が見事なパブ。重要建築物として登録されていて有名店。紳士用のトイレがとにかく豪華なことで有名。一見の価値あり!「BRITISH BEEF AND NICHOLSON'S PALE ALE(エールビールで煮込んだビーフシチューのような具が入ったパイ)」とクラフトビールや、老化防止に効くとされているジンもおすすめ。

<投票者の声>「素晴らしくカッコイイパブですね!そして伝統的なイギリス料理。ここでジョンに想いを馳せながらビールが飲めたら最高です!」

■7位<ロンドン>シティ・バージ (The City Barge)
≪オススメの一品:ラム、サーモン≫

チズウィックのテムズ川沿いにあるこのパブは、1965年に公開された、ザ・ビートルズの2作目の主演映画『HELP!』(邦題:ヘルプ!4人はアイドル)の撮影場所として使われた。場所はセントラル・ロンドンから少し離れたところにあるが、ビートルズのファンが絶えず訪れるスポットとなっている。周辺にも撮影に使われた場所や、ビートルズに関連する場所が幾つかあるので、訪れる価値あり!

<投票者の声>「映画の撮影に使われた店と聞いたら、行きたくなるでしょ!ラムもサーモンも美味しそう!」

■8位<ロンドン>ハード ロック カフェ (Hard Rock Cafe)
≪オススメの一品:オリジナル・レジェンダリー・バーガー≫

日本でもおなじみのアメリカンダイニング『ハード ロック カフェ』。ロンドンは1971年に1号店がオープンした。またレストラン向かいのHard Rock Shopの地下には、The Vaultというミュージアムがあり、ここにはジョン・レノン直筆の歌詞や、彼が実際に着用していたジャケット、トレードマークのメガネなど、貴重なアイテムが展示されている。

<投票者の声>「ロンドンといえばロック!ロックといえば、ハード・ロック・カフェ!ロンドンはどんな感じなのか気になる!!」

■9位<ロンドン>ディシューム(Dishoom)
≪オススメの一品:BLACK HOUSE DAAL≫

ジョン・レノンの好物の一つが、カレー。実はカレーは英国民が一番良く食べている料理だとご存知だろうか?英国を訪れたら、一度はカレーレストランもぜひ試してみてほしい。美味しい!ディシュームは、現在ロンドンのキングス・クロス、コベント・ガーデン、ショーディッチそれから、カーナビーストリートに支店を持つ、行列のできるレストラン。その昔のボンベイ・カフェを21世紀風にアレンジした店内はとてもスタイリッシュ。BLACK HOUSE DAALが、この店の代表的な料理なので、ぜひお試しを!

<投票者の声>「イギリスでカレーがよく食べられているなんて知らなかった。ぜひ食べてみたい。」

■10位<リバプール>キャバーン・クラブ(Cavern Club)
≪オススメの一品:手作りポーク・パイ≫

ビートルズが初めてギグ(小さなライブハウスなどでの短いセッション)をした場所で、デビュー前のビートルズが300回以上演奏したライブハウスとして有名。現在は忠実に修復され、今のオーディエンスが当時に似た体験をできるようになっている。おすすめは、地元の食材を使ってプロデュースされた手作りポーク・パイ。ほかにもパニーニやサンドウィッチを提供している。ビール片手にビートルズの音楽を聴くのも、この場所ならではの最高の気分に浸れそう!お昼は一般公開もされており、ビートルズゆかりの名所として人気がある。

<投票者の声>「リバプールに来たら、ここに行かずにどこへ行く?と言われても過言ではない、世界一有名なパブ。ライブを見ながらポーク・パイとビールを味わいたい。」

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)