日本人に最も食べられているフルーツ、バナナのすべらない話

日本人に最も食べられているフルーツ、バナナのすべらない話

@DIME アットダイム

日本で最も食べられている定番フルーツのバナナが、高級路線や変化球メニューなど意外な方向に進化……でも、すべらんなぁ〜。

 総務省統計局の調査によると、日本人がよく食べる果物は7年連続でバナナが第一位。1世帯当たり年間で平均20kg以上消費しているというから驚き。

 バナナを使った期間限定メニューも軒並み好調で、2014年にスタバが発売した「バナナフラペチーノ」は完売する店舗も続出するほどの大ヒットとなった。

 一方で、「国内はお手頃価格と高級路線の2極化が進行中です」(ドール/大滝尋美さん)とのこと。今後はプレミアムバナナ市場にも注目のようだ。

 何を出してもすべらないバナナ無双伝説は続く。

◎森永ミルクキャラメルとコラボ

くら寿司『キャラメルバナナ寿司』(108円)は、2014年に期間限定メニューとして販売された。

◎1本590円の限定高級バナナ

プレミアムバナナ『極撰』(ドール)は、2014年に59本限定で販売されて即時完売した。

◎バナナが学べるスポット

キッザニア東京でも「バナナハウス」パビリオンがオープン。バナナの収穫から出荷の流れを体験できる。

関連記事(外部サイト)