読書の秋!個性的な蔵書、インテリア、名建築、一度行ってみたい図書館

読書の秋!個性的な蔵書、インテリア、名建築、一度行ってみたい図書館

@DIME アットダイム

 出張や旅行で訪れた際に、ぜひ立ち寄ってみたい図書館を紹介する。明治由来の名建築の中に、ビジネスや国際交流など、専門的な資料を所蔵する個性派揃い。時のたつのも忘れる贅沢な読書空間だ。

<東京>上野の森の中にある、明治の香り漂う児童書専門図書館国立国会図書館 国際子ども図書館

東京都台東区上野公園12-49 電話:03・3827・2053
開館時間9:30〜17:00 休日:月曜、毎月第3水曜、祝日(5月5日は除く)、年末年始 ※第一・二資料室は日曜も休室 
http://www.kodomo.go.jp/

 国立では日本初の児童書専門図書館。国立国会図書館の支部図書館という位置づけで、国内外の児童書とその関連資料に関する図書館サービスを行なう。納本制度(※)に基づき、おおむね18歳以下が利用すると想定される児童書を収集し、保存している。1階は子供を対象とするフロア。児童書のほか、世界各国・地域を知るための資料があり、大人だけでも親子でも楽しめる空間だ。2階は資料室、3階はミュージアムやホールとなっており、企画展などが開催されている。

 この図書館は、1906年に帝国図書館として建築されたルネサンス様式の建物を修復・再生したもの。内装などは、極力、当時のままに保存、復元する形で利用している。大階段のシャンデリアは、唯一残った創建当時のもの。3階西側のラウンジは外壁だったところに増築したもので、外壁に使用されている釉薬をかけた乳白色のレンガを間近で見て、触ることもできる。同図書館の仕事と建物の歴史や見どころを紹介してくれる、一般向けの館内ツアーに参加するのも有意義だ(毎週火・木曜の14時〜開催)。※発行者に図書などの出版物を、その国の責任ある公的機関に納入するよう義務づける制度。

2階の国際子ども図書館第二資料室。旧帝国図書館だった時代には特別閲覧室だった場所。調査研究のための閲覧室なので、18歳以上のみ利用可。

<東京>平日でも開館前には行列が。北欧の名作椅子も楽しめる北区立中央図書館

東京都北区十条台1-2-5 電話:03・5993・1125
開館時間9:00〜20:00(日曜・祝日は〜17:00)
休日:毎月第1・3・5月曜、年末年始、館内整理日(3・12月を除く毎月第4木曜)ほか
http://www.city.kita.tokyo.jp/

 区内に15の図書館・分室を有し、図書館運営に積極的な東京都北区。中央図書館が現在の場所に移転・オープンしたのは2008年6月だ。建物は、1919年に弾薬などの製造所として建設された赤レンガ倉庫を一部保存、新設部分を加え、再生してある。1階から館内に入るとすぐ、総合カウンター脇の赤レンガの外壁に迎えられる。そのほか柱や天井など各所に近代産業の遺産が残されている。

 開館前から行列ができるほど人気なのは、その居心地のよさが理由で、随所に様々な試みが見られる。図書フロアには約500の閲覧席があり、職員が座り心地で選んだ北欧家具ブランド、フリッツ・ハンセンの椅子やソファが300脚ほども配され、長い間座っていても疲れにくい。また、一般向け資料、閲覧席、研究個室などを1階に集めてあり、階層の移動はなく、書架の間隔は、車椅子でも楽に通れる130cmと広い。さらに、一般書の書架の高さも、取りやすさを優先し、150cmとしている。2階を子供用フロアとし、「おはなしのへや」などを設置。1階の一般書架に子供の声が届きにくいという配慮もされている。

一般書架の天井部分は、赤レンガ倉庫時代の鉄骨トラスを残したデザイン。採光にも工夫されたデザインで、元倉庫とは思えないほど明るい。

<大阪>利用者の満足度が高いビジネス視点のレファレンス大阪府立中之島図書館

大阪府大阪市北区中之島1-2-10 電話:06・6203・0474
開館時間9:00〜20:00(土曜は〜17:00)
休日:日曜・祝日、年末年始ほか http://www.library.pref.osaka.jp/nakato/

 大阪のビジネスの中心地・中之島にあり、ビジネス特化型の調査研究型図書館として知られている。2004年、同館開館100周年を機に、営業や開業、市場調査ほか、あらゆるビジネス需要に対応し、迅速・的確なレファレンスサービスの提供を開始した。

 キャリアアップ支援として資格取得のためのコーナーを設け、講師を招いてのビジネス・資格セミナーなども積極的に開催している。インターネットでの相談や資料の貸し出しなど、大阪府民や近畿圏在住者に限られるサービスもあるが、資料の閲覧、オンラインデータベースや複写サービス、調査相談などは誰でも利用できる。レファレンスサービスの満足度に対する評価も高い。

 本館は、1904年に住友吉左衛門氏の寄付によって、大阪図書館として造られた建物。外観はルネサンス様式で、内部空間はバロック様式をベースにした格調高い建築物だ。コリント式円柱に支えられた正面入り口はギリシャ神殿を、ドーム状の中央ホールは教会を思わせる造りで、本館および左右両翼の2棟が、国の重要文化財に指定されている。

約5000冊の社史、約490種の業界新聞を所蔵。ビジネス関係の図書・雑誌などの資料やオンラインデータベースを提供し、調査相談に対応。

<福岡>門司港レトロ地区に大連の建築物を忠実に再現北九州市立国際友好記念図書館

福岡県北九州市門司区東港町1-12 電話:093・331・5446
開館時間9:30〜19:00(土曜・日曜・祝日は〜18:00)
休日:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始、館内整理日

 年間200万人が訪れるという国際的な観光地、門司港レトロ内に、福岡・北九州市と中国・大連市の友好都市締結15周年を記念して、1995年にオープンした。モデルとなった建物は、1902年、帝政ロシア時代の大連に東清鉄道汽船の事務所として建築されたもの。その後、日本の満州鉄道の大連倶楽部、さらに日本橋図書館として使われたという背景があり、現在は、形はそのままに建て直され、大連市東方歴史芸術博物館として、保存・活用されているという。

 茶色と白のコントラストが美しく、煙突やドーマー(屋根の小窓)、尖塔部分など、異国情緒漂う雰囲気は、横浜、神戸と並び日本3大港とされた門司の街に調和する。周辺には門司港駅の駅舎や税関跡など、歴史的な建築物が残り、ミュージアムや美術館もあるアートエリア。散策しながら立ち寄ってみたい。

 同図書館では、国際友好の広がりを願い、中国をはじめとする東アジアに関する図書や国際友好交流に関係する資料などを収集。中国で一般に広く読まれている、中国語のコミックなども揃う。

休館日でも館内の見学は可能。ドラえもんの中国語翻訳版『機器猫』も所蔵されている。中国、韓国の原書の収集に力を入れているのも特徴だ。

●図書館の隣に泊まれば大連の建築物を忠実に再現何時間でも本を楽しめる林の中の小さな図書館

??

大分県竹田市直入町長湯7788-1電話:0974・75・2841
開館時間8:00〜19:00 無休 料金100円 ※宿泊者は無料 

大分県・長湯温泉の一角にあり、登山家・旅行作家の野口冬人氏が寄贈した山岳関連書籍、約1万3000冊を所蔵する私設の山岳図書館。1泊から最長30日まで宿泊できる、滞在型のプチホテル『B・B・C長湯』に隣接。自然に囲まれた静かな空間に滞在し、思う存分、読書が楽しめるという贅沢な施設だ。

●TSUTAYAが運営すると図書館はどう変わる?

スターバックスが出店し、館内はどこでもコーヒーを飲める、ライブラリー&カフェスタイルに。佐賀県・武雄市図書館は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と企画・運営に関し提携し、代官山 蔦屋書店のノウハウを導入。年中無休、開館時間の延長、蔵書の大幅増、「Tカード」を図書館カードとして使用できる。

◎各種のデータは取材時のものです。

関連記事(外部サイト)