猫に囲まれて美味しいビーガンスイーツが味わえる鹿児島の『グルメ猫カフェ』

猫に囲まれて美味しいビーガンスイーツが味わえる鹿児島の『グルメ猫カフェ』

@DIME アットダイム

■連載/ペットゥモロー通信

猫カフェといえば“猫と戯れる”ことがメイン。しかしせっかくカフェならば、やはり「美味しいものを食べたい」と思う方は多いのでは?鹿児島県にある『グルメ猫カフェ』は、そんな方にピッタリ。可愛い猫たちとの時間を過ごしながら、美味しいスイーツを味わうことができます。

明るくて開放的な店内

ビル4階にある『グルメ猫カフェ』。エレベーターを降りると、可愛らしい扉がお出迎えしてくれました。ガラス張りになっているので、店内の様子がよく見えます。

よ〜く見てみると、階段からチラリとこちらを覗いている猫が!なんて可愛らしいんでしょう。こんな視線を送られたら、足を踏み入れずにはいられませんね。さっそく店内へ入ってみます。

白を基調とした店内は、とっても落ち着いています。窓辺の猫たちも、すっかり寛ぎモード。大きな窓からは太陽の光が差し込んでおり、とても開放感があります。

壁に貼りだされた猫たちの写真。ステッカーも可愛いですね。「どの子がいいかなぁ〜」なんて、ベンチに座りながら品定め。でも写真より、やっぱり本物がいい!ということで、店内で触れ合える猫たちを、どんどんご紹介していきましょう。

自由奔放な猫たちとの時間

窓辺で眠る、仲良しの2匹。陽の光が温かいのか、スヤスヤと気持ちよさそうです。

『グルメ猫カフェ』の猫たち、かなり自由度が高いです。毛づくろいしたり、グーッと伸びてみたり。カメラを向けてもお構いなしに、ありのままの姿を見せてくれました。

ダンボールにクッションに…思い思いの場所で眠っています。このカゴの中にも、すっぽり入る猫がいるのでしょうか。見てみたいですが、残念ながらタイミング合わず…

寝ているのだと思って、そっと近づいてみたら…。「何見てんのよ?」なんて言われそうな表情。お寛ぎ中、失礼しました!

なんだか“のんびり系”な猫が多い印象ですが、ここで玩具を発見!1つ手にとってみると、猫たちがすぐさまザワつき始めましたよ。

腹ばいになってかまってポーズ!視線はバッチリ玩具に向いています。自ら来るのではなく、あくまで“待ち”の姿勢なのが面白い。

こちらは、タワーに乗ってぐいぐい来ました!周りの猫たちも、その様子を見ながらジワジワと近づいてきます。みんな、やっぱり玩具は好きなんですね。

猫たちは基本的に人懐っこく、ちょっと一休みしていたらこの通り。身体をこすりつけながら、かまってアピールされちゃいました。

もちろん猫同士も仲良し。ふと気づけば追いかけっこしたり、猫パンチでじゃれ合ったりしています。こういう光景って、見ているだけで和みますよね。

美味しいお菓子に舌鼓

こちらは『グルメ』と店名につく通り、とっても美味しいスイーツが楽しめます。フランスの手作りビーガン食ということで、甘いものが苦手という方にはキッシュも。今回は飲み物と一緒に「マカロン」をいただきました。

ビーガン食って、まだまだ知らない方も多いのでは?これは、動物製品を一切使用しないというもので、牛乳をはじめとした乳製品なども含みません。しかし、手作りのマカロンは甘過ぎず程よい味わい。猫たちと遊んだら、美味しいスイーツでホット一息つくのも良いでしょう。

猫顔のマカロンと、たくさんの猫たち。絵になります。このマカロン、あまりに可愛いので、しばらく食べられませんでした…どこから食べて良いのやら。こういう一工夫って、とっても嬉しいですよね。

『グルメ猫カフェ』は天文館通駅すぐ。入口が細い路地に面しているので、看板を探してみてください。猫も食事も、大満足の時間が過ごせますよ。

◆グルメ猫カフェ
http://www.gurumeneko.com/

取材・文/三河 賢文(ペットゥモロー編集部)

関連記事(外部サイト)