ぱるる、初の冠ラジオ…失言や塩対応キャラはラジオ向き!? 「意外と面白くなる」との声も

AKB48の島崎遥香、来年1月卒業と報道 文化放送では初の単独レギュラー番組

記事まとめ

  • 25日付の報知スポーツで、島崎遥香が来年1月にAKB48を卒業し、女優の道へ進むと報道
  • 今後の活動にも注目が集まる中、文化放送では10月から初の単独レギュラー番組が始まる
  • “塩対応”ぶりが有名な島崎だが、テレビ以上のぶっちゃけトークを期待する声も

ぱるる、初の冠ラジオ…失言や塩対応キャラはラジオ向き!? 「意外と面白くなる」との声も

ぱるる、初の冠ラジオ…失言や塩対応キャラはラジオ向き!? 「意外と面白くなる」との声も

AKB48の島崎遥香(c)朝日新聞社

 文化放送が9月20日、10月の改編に伴う新番組を発表した。人気アイドルグループ・AKB48の「ぱるる」こと島崎遥香(22)が新番組でラジオパーソナリティーを務めることが判明した。単独でのレギュラー番組を持つのは初めてという島崎は、「前々から苦手意識があった1人でトークをするということ、それに加えトークを展開していかなければいけないという不安がありますが、このラジオを通して成長していけたらと思っています」と抱負を語った。

 同月25日付の報知スポーツでは、島崎は来年1月にAKB48を卒業し、女優の道を進むと報じられるなど、今後の活動に注目も集まっている。

 島崎といえば、ファンへの素っ気ない対応やサービス精神のなさが“塩対応”として有名で、良くも悪くもキャラとして定着した。今回の冠ラジオ番組決定のニュースに関してもネット上では「つまんなそう」「早々に打ち切りだろう」と懸念する声もあがっている。しかも、「トークは苦手」と自ら公言するほどで、番組開始前から前途多難になりそうな気配だ。だが、大手芸能事務所の関係者は「意外と面白くなるかも」と別の見方をする。

「島崎の場合、握手会やイベントなどでの塩対応ぶりが話題になりますが、意外とぶっちゃけた話もできるタイプ。例えば、同じAKB48の横山由依(23)とプライベートでも仲がいいんですが、一緒にテレビに出た時に『(横山の)布団が臭い』と暴露。他の番組でも、AKB48に加入した当初について『先輩、スタッフたちに対してみんな辞めろって思ってた』『自分は愛想良くできなかったし、そうしようとも思わなかったから、そういう振る舞いをして生きてる奴は辞めろと思ってた』と告白。そんなぶっちゃけトークをラジオでも展開することができれば面白くなりそうですよね」

 さらに、ラジオということもあり、テレビでの発言以上の「直球発言」や「ぶっちゃけ」を期待をする声もある。

「島崎はあるバラエティー番組で『集団行動が苦手な女』として出演したことがあるんです。AKB48は大所帯のグループなので、MCから『(AKB48は)集団行動の最たるものでしょ?』と聞かれたのですが、島崎は『ちょっと(選択を)間違えました』と真顔で返答。しかも、楽屋で話しかけてくるメンバーも皆無で、『集団より単独での活動の方が好き』とまで言い放ったほど。音楽番組でもMCの中居正広(44)とのトークを『あんまり喋れないんで、あの……話しかけないでください』と拒絶。ある意味、態度が悪いと批判されがちですが、ラジオだとそんな発言や振る舞いが面白い方向に転がるかもしれません」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 といっても、直球発言だけでは番組は成り立たないだろう。面白いエピソードトークも必要だと思うが……。

「島崎は結構面白いエピソードも持っています。テレビで徳光和夫に『質問をシカトしやがる』『(質問しても)答えないし、全然違うことをべらべら喋りやがる』と名指しで批判された一件は有名です。また『世界で最も美しい顔100人』にランクインしたことがあるのに、面倒くさがりで美しくなるための努力はせず、ジムもエステも行かず、家ではルンバを見ているだけとか。今はテレビ番組が炎上のネタになりやすいので、ラジオで本音を言うタレントが多い。そんな中での冠ラジオ番組ですし、彼女らしいエピソードや持ち前のストレートな物言いも生きると思います」(同)

 感性のままに動く独自の個性が魅力な島崎。飾らない伸び伸びとしたトークでファンを楽しませて欲しいところだ。

(ライター・丸山ひろし)

関連記事(外部サイト)