荻野目洋子赤面! 作詞家・売野雅勇が明かした「六本木純情派」裏話

荻野目洋子赤面! 作詞家・売野雅勇が明かした「六本木純情派」裏話

売野雅夫氏(左)と荻野目洋子氏(右)。9月29日、東京都渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで催されたトークイベントにて。約70名のファンが集まり、伝説的作詞家の自伝出版を祝福した。

「荻野目洋子ちゃんのために書いた『六本木純情派』には、実は秘密があるんです」

茶目っ気あるほほ笑みを浮かべながら、作詞家・売野雅勇氏が告白する。

「六本木純情派」を筆頭に、「少女A」(中森明菜)、「涙のリクエスト」(チェッカーズ)、「2億4000万の瞳」(郷ひろみ)といった80年代を代表する名曲の数々を手掛けた売野氏。作詞活動35周年となる今年は、8月に藤井フミヤ、鈴木雅之、中村雅俊など豪華ミュージシャンが多数出演するコンサートを開催、9月には初の著書であり、自伝となる『砂の果実』(朝日新聞出版)を刊行するなど、活動を活発化させている。

 冒頭の発言は、9月29日に荻野目洋子氏を招いて行った自伝の出版記念トークイベントで飛び出したもの。そこで語られた「六本木純情派」をめぐる30年越しの“秘話”を紹介する。

 歌謡曲の黄金時代と呼ばれる80年代にあって、「六本木純情派」が放つ存在感は一際大きい。当時の日本はバブル景気の絶頂期。老若男女が狂騒し、そうした欲望と快楽、そしてトレンドの中心地が六本木だった。ところが「六本木純情派」の歌詞に登場する少女は、そんな浮世に染まりきれず、困惑し、こう漏らす。「見かけだおしでごめんね」。約3分30秒の楽曲に凝縮された繊細な若者の“本音”は多くの人々の共感を呼び、記録的なヒットとなった。

 しかし、「六本木純情派」の歌詞が乗る楽曲は、もともとシングルB面用の候補曲のひとつに過ぎなかったという。

「『六本木純情派』がリリースされる前年に洋子ちゃんは『ダンシング・ヒーロー』をヒットさせていて、その第2弾をつくるイメージで作詞を依頼されたんです。B面候補のなかに僕が最も得意とするマイナー調のエイトビート・ロックの楽曲があって、聴いた瞬間に『僕が歌詞を書いたらすごいことになる』と確信した。そして『この曲をA面にしなければ何をA面にするんだ』と洋子ちゃんが所属するライジングプロダクションの平哲夫社長を説得して、『六本木純情派』が世に出ることになったんです」(売野氏)

「六本木純情派」の歌詞は雨の高速道路で、少女が車から飛び出すシーンから始まる。実はこのシーンにも裏話があるという。

「これは首都高なんですが、当時は首都高の路肩には車を止められるくらいのスペースが空いていて、よく若いカップルがいやらしいことをしていた。『六本木純情派』の少女はその最中に傷心して逃げ出し、六本木を彷徨うというストーリーなんです」(売野氏)

 自身の代表曲の冒頭に生々しい濡れ場が隠されていた――。これは荻野目氏にとっても初耳で、「ちょっと待って下さい、頭がいっぱいいっぱいになってきました」と赤面する一幕も。売野氏は続ける。

「首都高で車から飛び出した後、六本木に移動するまでの経緯なのですが、実は首都高の路肩には非常階段があり、すぐに街に降りることができるんです。少女はそれを使って六本木に行ったわけです。実はこの一連の流れは村上春樹さんの小説『1Q84』の冒頭ととても似ている」

 たしかに「1Q84」は主人公の女性・青豆が首都高で渋滞に捕まり、非常階段を降りていくシーンから始まる。

「僕は村上さんの小説が大好きなんですが、実はあのノーベル賞候補作家が『六本木純情派』からインスピレーションを得たんじゃないかな、この曲のファンなんじゃないかな、なんて夢想したりします(笑)」

 村上春樹氏が『六本木純情派』のファンかどうかは定かではないが、売野氏が生み出した作品が今も多くのファンの心を捉え、感動を生み続けているのは確かだ。

「80年代って、『六本木純情派』もそうですけど、30数年経っても歌える歌、思い出せる歌がいっぱい生まれました。それらは時代のシンボルとなるような、ある意味で求心力のある歌だった。今の御時世はそういう歌が聞こえてこなくなってしまったけれど、ポップミュージックの役割ってみんなに夢を見てもらう、みんなを魔法にかけること。それがいつの時代もかわらないポップミュージックの役割なのだと思います」(売野氏)

 80年代を牽引した作詞家が、2016年の音楽シーンにどんな波紋を起こすのか。売野氏の今後の活動から目を離せない。(取材・文/小神野真弘)

関連記事(外部サイト)