小林麻央 手術後、抗がん剤治療を休止 ブログで明かす

小林麻央 手術後、抗がん剤治療を休止 ブログで明かす

抗がん剤治療を休止して、眉毛とまつげが生えてきたと報告した小林麻央のブログ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、乳がんで闘病中の小林麻央(34)が10月18日、自身のブログを更新し、QOL(生活の質)向上を目的とした手術後、抗がん剤治療を休止していることを明らかにした。

 抗がん剤の影響で、完全に抜けた眉毛とまつげが、抗がん剤治療の休止から1カ月で生えてきたと報告。その写真を公開した。

 さらに「眉毛は、顔の『元気度』に大切な部分だと再確認しました」としたうえで、「眉毛を描くと自信がつくという患者さんが多いそうです」と看護師から聞いた話を紹介した。まつげがなかった時にはほこりが目に入りやすく、かゆみに悩まされた経験を明かし、「小さな毛の大きな役割に脱帽です」とブログを結んだ。

 ブログのコメント欄には、抗がん剤治療を経験したユーザーから「無駄な毛は無いんだなと実感しました」といった麻央の体験に共感する声が寄せられた。ほかにも「麻央さんのブログを読むといつも心の中が穏やかな清らかな優しい気持ちに満たされます」と麻央のブログが支えになっているという感想もあった。

関連記事(外部サイト)