トリンドル玲奈、ダチョウ倶楽部のおでん芸を知らず。片岡鶴太郎と映画『インフェルノ』公開記念イベントで謎解きに挑む!

トリンドル玲奈、ダチョウ倶楽部のおでん芸を知らず。片岡鶴太郎と映画『インフェルノ』公開記念イベントで謎解きに挑む!

トリンドル玲奈、片岡鶴太郎

 世界中で大ブームとなった映画『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続くシリーズ第3弾『インフェルノ』が、ついに10月28日(金)に日米同時公開される。10月4日(火)には、公開記念イベントが「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」が開催中の国立新美術館(東京・六本木)で行われ、秋の装いに身を包んだタレントの片岡鶴太郎とピンクのワンピースが印象的なモデルのトリンドル玲奈が登壇した。

 絵画に造詣があり、美術館の館長を務めたこともあるという片岡は、会場に飾られている巨匠ティツィアーノ・ヴェチェッリオが500年も前に描いたといわれる絵画「受胎告知」に大興奮。宗教画について熱弁し、トリンドルは「素敵」「おもしろい」「鳥肌たちます」と、終始感心していた。映画を見た感想についてトリンドルは、「序盤から迫力がすごかったです。もう誰を信じていいか途中からわからなくなります。きっと悪もまじっているんだろうけど、全部正論に聞こえちゃって」「ロケ地もすごいところなんだろうな」と興奮冷めやらぬ様子で話した。片岡は、「映画に吸い込まれていくんですよ、超ド級のスケールと迫力。映画の中に入って自分も選択を迫られているよう。三部作の中で一番良かった」と勧めた。

 また、当日2人がイベントで挑んだのは、映画にも登場する、詩人ダンテの神曲≪地獄篇≫を模したサンドロ・ボッティチェリ作の絵画「地獄の見取り図」に隠された謎解き。

 「なかなかこった謎で難しかった」というこの謎解きの答えは、1986年に流行語部門大衆賞にも選ばれた鶴岡のギャグ「プッツン」。「30年前のものがまたここに蘇りましたか。ひとりだけぽかーんとしてますね。」という片岡に対し、トリンドルは、「”ぷっつん女優”なら知ってます」と発言。「ダチョウ倶楽部のおでん芸は知っている?」という問いには「……」。反応がなかった。

 2人で話すのは今回はじめてだったそうだが、片岡はトリンドルに対して、「お綺麗だし、インテリジェンスのある方という感じですね。よくケツを出していたことや下ネタを言っていたこととか、私も隠してましたからお笑い芸人だったとは思っていないでしょうね。」と笑わせた。

 また、絵画の世界では「贋作」が出回っていて、「草津片岡鶴太郎美術館の館長が買ってましたから。」と自身もその被害にあったことを告白。「贋作がでたら一人前といわれているんです。ある種嬉しいことですが、一枚一枚鑑定しなきゃいけないですからね。あれ? おれ描いたかな―ってわからないくらいなんですが、なんか居心地悪いなっていう違和感があるんですよ。」と話した。

 取材陣が「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の未成年との飲酒騒動に触れる場面があり、「あの方と関係を持った女性皆お仕事なくなっちゃうのは悲しい」と同情した。最後は、「ダチョウ倶楽部のおでんは贋作ですから」という発言で会場を後にした。

 映画『インフェルノ』でラングドン教授が迫るのは、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に秘められた暗号。イタリア・フィレンツェを中心に、ヴェネツィア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡り、数々の有名美術品や建築物から暗号を読み解きながら、全世界を揺るがす大きな陰謀に挑む。映画『インフェルノ』は、10月28日(金)全国ロードショー。

映画『インフェルノ』
監督:ロン・ハワード
脚本:デヴィッド・コープ
出演:トム・ハンクス、シティ・ジョーンズ、イルファン・カーン
原作:ダン・ブラウン『インフェルノ』(角川文庫刊)

関連記事(外部サイト)