「演技力がハンパない」と思う芸人ランキング 3位 劇団ひとり、2位 塚地武雅、1位は?

「演技力がハンパない」と思う芸人ランキング 3位 劇団ひとり、2位 塚地武雅、1位は?

「演技力がハンパない」と思う芸人ランキング 3位 劇団ひとり、2位 塚地武雅、1位は?

日頃からテレビや舞台などで私たちを楽しませてくれるお笑い芸人。そんなお笑い芸人の中には、ドラマや映画で役者顔負けの演技を見せる人が少なくありません。
そこで今回は、演技力がハンパないと思うお笑い芸人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 劇団ひとり
2位 塚地武雅
1位 ???
⇒全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「劇団ひとり」!


1993年にデビューし、コンビ活動を経て、2000年にピン芸人となった劇団ひとり。即興芝居や泣き芸で芸人として活躍する一方、小説家としても注目されており、『陰日向に咲く』や『青天の霹靂』は映画化もされています。
早くから俳優としても活躍しており、これまでにドラマ『電車男』(フジテレビ系)や『魔王』(TBS系)、映画『嫌われ松子の一生』をはじめ数々の作品に出演。その存在感を遺憾なく発揮しています。
2021年には監督を務めた配信映画『浅草キッド』(Netflix)がヒットし、文化人としても注目される劇団ひとりが、3位となりました。

2位は「塚地武雅」!


1996年に鈴木拓とお笑いコンビ「ドランクドラゴン」を結成し、お笑い番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)のレギュラーに抜てきされブレークした塚地武雅。コントで見せる独特なキャラクターや、一発ギャグで人気を集めています。
俳優としても活躍しており、2006年の映画『間宮兄弟』では「第30回 日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞。その後主演に抜てきされたドラマ『裸の大将』シリーズ(フジテレビ系)では、芦屋雁之助のイメージが強かった山下清役を見事に演じきり、多くの視聴者から賞賛されました。
2021年公開の映画『梅切らぬバカ』では、自閉症の50歳男性という難しい役どころを見事に演じた塚地武雅が、2位となりました。

1位は「原田泰造」!


1993年に堀内健、名倉潤とお笑いトリオ「ネプチューン」を結成し、1995年に『タモリのSuperボキャブラ天国』(フジテレビ系)でブレークした原田泰造。「曲がったことが大嫌い、はーらーだ泰造です!」の自己紹介はあまりにも有名ですね。
そんな彼は俳優としてのキャリアも長く、NHK大河ドラマ『篤姫』『龍馬伝』『花燃ゆ』をはじめ、数々の作品に出演。『編集王』(フジテレビ系)や『サ道』(テレビ東京系)では主演を務めています。
2022年も『インビジブル』(TBS系)、『魔法のリノベ』(フジテレビ系)とドラマへの出演が途切れない原田泰造が、1位となりました。

数々のドラマや映画に出演し、その演技力が高く評価されているお笑い芸人が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位〜60位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが「演技力がハンパない!」と思う芸人は、何位にランク・インしていましたか?

写真:タレントデータバンク
(劇団ひとり|1977/2/2生まれ|男性|A型|千葉県出身)
(塚地 武雅|1971/11/25生まれ|男性|A型|大阪府出身)
(原田 泰造|1970/3/24生まれ|男性|B型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20〜40代男女:複数回答)
調査期間:2022年5月30日〜2022年5月30日

関連記事(外部サイト)