また小栗旬!?やたら実写映画化にキャスティングされがちな俳優ランキング

また小栗旬!?やたら実写映画化にキャスティングされがちな俳優ランキング

また小栗旬!?やたら実写映画化にキャスティングされがちな俳優ランキング

最近は人気アニメや漫画が映画として実写化されることが少なくありません。
その度に話題になるのがキャスティング。「役にピッタリ!」「イメージと違う!」など賛否両論巻き起こり、ネットを賑わせています。
そしてそのような実写映画化に度々キャスティングされる俳優も存在しますね。
そこで今回は、やたら実写映画化にキャスティングされる俳優について探ってみました。

やたら実写映画化にキャスティングされがちな俳優ランキング
1位 山崎賢人
2位 小栗旬
3位 藤原竜也
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は777票で「山崎賢人」!


今放送中の月9『好きな人がいること』(フジテレビ系)で多くの女性を胸キュンさせている山崎賢人。
今旬俳優の一人である彼は、昨年から『ヒロイン失格』、『orange』、『オオカミ少女と黒王子』と立て続けに漫画の実写映画に出演しています。
また、映画の他にもテレビドラマ『デスノート』(日本テレビ系)の2代目L役を演じたことで大きな話題になりました。

2位は685票で「小栗旬」!


テレビドラマに映画に大活躍の小栗旬。彼が出演した実写映画は『宇宙兄弟』、『ルパン三世』、『テラフォーマーズ』など、どれも人気作品ばかり。
そしてテレビドラマでは彼の出世作とも言える『花より男子』(TBS系)、『ごくせん』(日本テレビ系)、『信長協奏曲』(フジテレビ系)など、ヒット作に多々出演しています。
そして来年放映予定の映画『銀魂』の主人公・坂田銀時役を演じることでも話題になっています。

3位は477票で「藤原竜也」!


演技派・実力派俳優として知られる藤原竜也。彼も様々な実写映画に出演しています。
話題作となった『バトル・ロワイアル』、そして『デスノート』では初代・夜神月を熱演。
『カイジ 人生逆転ゲーム』では危機迫る迫真の演技や、『るろうに剣心 京都大火編』では全身包帯で覆った志々雄真実役を怪演し、話題になりました。

このように、実写映画に度々キャスティングされる俳優は少なくありません。
気になる4位〜24位のランキング結果も要チェック!

ひょっとすると、彼らはアニメや漫画のキャラクターと共通する何かを持っているのかもしれませんね。

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,826票
調査期間:2016年07月16日〜2016年07月30日

関連記事(外部サイト)