代表作ってなに?CMの印象が強すぎる女優ランキング 3位「剛力彩芽」

代表作ってなに?CMの印象が強すぎる女優ランキング 3位「剛力彩芽」

代表作ってなに?CMの印象が強すぎる女優ランキング 3位「剛力彩芽」

よくテレビで見かけたり、何かと話題になったりする女優の中には、本業が女優であるはずなのに代表作がパッと思いつかない人も少なくありません。
特にテレビCMの印象が強すぎる人はそのような傾向にあるようです。
そこで今回は、CMの印象が強すぎて代表作が思いつかない女優について探ってみました。

代表作ってなに?CMの印象が強すぎる女優ランキング
1位 藤原紀香
2位 檀れい
3位 剛力彩芽
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は154票で「藤原紀香」!


歌舞伎役者の片岡愛之助と結婚し、女優と梨園の妻の二足の草鞋を履いている藤原紀香。
彼女のCM出演数はかなり多く、内容も多岐に渡っています。印象に残っているところをざっとあげても『レオパレス21』、『キンチョーリキッド』、『エステティックミスパリ』、『月桂冠月』、『ホーユーCIELOシエロ ヘアカラーEX〜』など、どれも「あぁ、出てた出てた!」と記憶に残っているものばかり。
逆に女優として活動する彼女を見る機会は年々減り、代表作を聞かれても答えられない人が多く、1位となりました。

2位は84票で「檀れい」!


美し過ぎるアラフィフ女優として知られる彼女。元宝塚歌劇団の星組トップ娘役であり、歌や演技の実力は筋金入り。
卒業後に彼女を一躍有名にしたのが映画『武士の一分』。その演技力と透明感に圧倒された人が多数。
しかし最近では『サントリー 金麦』、『資生堂 ベネフィーク』をはじめとしたCMでの大人カワイイ仕草が印象的で、そちらのイメージが強いという人が多数。

3位は70票で「剛力彩芽」!


テレビドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)をきっかけに注目を集め、立て続けにテレビドラマへの出演を果たしたことで一時期は“ごり押し女優”とまで言われた彼女。
短期間で多くの作品に出演したにも関わらず、代表作に恵まれていないのも事実。
一方、テレビCMでは『ランチパック』や『ヤクルト ジョア』など、インパクトが強い出演作品が多いことから、3位に選ばれました。

このように、テレビCMの印象が強すぎる女優は少なくありません。
気になる4位〜39位のランキング結果も要チェック!

みなさんは、どの女優がテレビCMの印象が強いと感じますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年6月28日〜2016年7月1日

関連記事(外部サイト)