もしかして不仲?殺伐としてそうなコンビ芸人ランキング

もしかして不仲?殺伐としてそうなコンビ芸人ランキング

もしかして不仲?殺伐としてそうなコンビ芸人ランキング

テレビで活躍するお笑いコンビ芸人の中には、バナナマンやおぎやはぎのように仲が良いことで知られているコンビもあれば、実は不仲であるというコンビも少なくありません。
では、一体どのコンビが不仲に見えるのでしょうか。
そこで今回は、関係が殺伐としていそうなコンビ芸人について探ってみました。

もしかして不仲?殺伐としてそうなコンビ芸人ランキング
1位 キングコング
2位 品川庄司
3位 オール阪神・巨人
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「キングコング」!

画像:yoshimoto.co.jp


軽快なボケツッコミが特徴的な彼らの漫才はとても評価されています。過去に放送されていたバラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)でも高い人気を集めたキングコング。
しかしツッコミ担当の西野は何かと炎上することが多いことから、最近は業界の問題児的な存在と化しているのは有名な話。
一方ボケ担当の梶原は母親の生活保護受給問題がきっかけでメディアへの露出が激減。
そのことが原因で西野とは現在不仲にあると噂されています。

2位は「品川庄司」!


最近はピンでの仕事でしか見なくなった品川庄司の二人。
品川は自身が出版した小説『ドロップ』が大ヒットし、最近は映画監督としても頭角を現しています。一方の庄司は筋肉キャラで独自路線を進んでいます。
彼らが不仲になった理由のひとつが仕事の激減にあると言われています。
10年程度不仲であったことを品川が自身のブログで明かしていることからも、コンビの仲が悪いイメージを強く持っている人が多く、2位に選ばれました。

3位は「オール阪神・巨人」!

画像:yoshimoto.co.jp


1975年にコンビを結成し、長年解散せずに活動を続けているオール阪神・巨人。今でもお正月の特番で二人そろった姿を見かけますよね。
しかし結成当時からずっとケンカが絶えず、コンビ仲が悪いことは有名だったそう。
そんな二人が長年コンビとして続けてこれた秘訣が知りたいですね。

このように、仲の悪さが前面に出てしまっているお笑いコンビも少なくありません。
気になる4位〜49位のランキング結果も要チェック!

みなさんは、どのコンビ芸人が「本当に仲が悪そう」だと思いますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年7月13日〜2016年7月19日

関連記事(外部サイト)