実は「ナレーション」をやっていた意外な芸能人ランキング

実は「ナレーション」をやっていた意外な芸能人ランキング

実は「ナレーション」をやっていた意外な芸能人ランキング

最近は芸能人の仕事も多岐にわたっています。テレビドラマや映画、バラエティ、CMに加え、声優に挑戦する人も少なくありません。そしてテレビ番組のナレーションという声の仕事を行っている人も。
そこで今回は、ナレーションをやっていて意外だと思う芸能人について探ってみました。

1位 山田ルイ53世
2位 塙宣之
3位 長澤まさみ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「山田ルイ53世」!


シルクハットが印象的な、近世ヨーロッパ貴族のファッションに身を包む、お笑い芸人・髭男爵の山田ルイ53世。「ルネッサ〜ンス!」というお決まりの台詞とともに、一時期人気を集めていました。
最近はテレビで見かけない…と思っている人も多いかと思いますが、実は山田ルイ53世はナレーションの仕事で活躍。『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー“かぶっちゃや〜YO!”のナレーションを担当しています。確かに「ルネッサ〜ンス!」の声を思い出してみると腹から出た渋いイイ声をしていますよね。

2位は「塙宣之」!


「ヤホー」をはじめとした言い間違い漫才で人気を集めているナイツ。ボケ担当の塙宣之も、実はナレーションの仕事をしています。
『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)の“新・3大〇〇調査会”のコーナーを担当しており、独特のテンポと声でナレーションを務めています。昭和初期を思わせるような彼のナレーションは、一度聞くと耳に残るようなインパクトがあります。

3位は「長澤まさみ」!


新作アニメーション映画『SING/シング』にて、ハリウッド映画の声優に初挑戦した長澤まさみ。歌うシーンもあり、その美声も注目されています。
そんな長澤まさみはナレーションの仕事もこなしています。3月まで放送されていた深夜番組『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)のナレーションを担当し、彼女らしいやわらかな声が魅力的でした。

このように、ナレーションの仕事を行っている芸能人は少なくありません。気になる4位〜26位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの芸能人がナレーションをやっていると聞いて驚きましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年3月1日〜2017年3月6日

関連記事(外部サイト)