面白いけど実は苦手なテレビのMCランキング

面白いけど実は苦手なテレビのMCランキング

面白いけど実は苦手なテレビのMCランキング

毎日各局で放送されている情報番組やバラエティー番組には、その司会進行を務めるMCが存在します。番組をスムーズに、かつユーモアたっぷりで進めてくれる実力派MCは多数存在しますが、中にはお茶の間から「実は苦手…」と思われている人もいるようです。
そこで今回は、面白いと思うけど実は苦手なテレビMCについて探ってみました。

1位 坂上忍
2位 和田アキ子
3位 みのもんた
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「坂上忍」!


子役として芸能界デビューし、その後テレビから離れていたものの、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演したことがきっかけでその毒舌キャラが大ブレイク。現在は昼の帯番組『バイキング』の総合司会を務めています。
番組の進め方や冷静で的確なツッコミには定評があるものの、苦手意識を持つ人も少なくないようです。「持論が強すぎて意見を押し付けてくるように感じる」「自分と反対意見が出ると論破しようと声が大きくなるのがチョット…」といった意見を持つ人が多数。
しかし一方で彼の歯に衣着せぬ発言に好印象を持つ人も。個性が強いだけに、好き嫌いがハッキリ分かれるのかもしれませんね。

2位は「和田アキ子」!


芸能界のゴッド姉ちゃんこと和田アキ子。誰もが認めるご意見番的存在で、『アッコにおまかせ!』(TBS系)では芸能界のニュースを鋭く切っていく姿が印象的です。1985年に放送開始された『アッコにおまかせ!』がご長寿番組として長年愛されていることからも、彼女の発言やキャラクターを「面白い」と思っている人が多いことが分かります。
しかし中には「話し方が偉そうで、苦手…」という人も多く、2位となりました。

3位は「みのもんた」!


『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)、『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)など、数々の人気番組のMCとして不動の地位を築いてきたみのもんた。
喜怒哀楽の表情が豊かな演技派MCとして愛されている一方で、「顔がうるさい」、「ちょっと話し方がうさんくさい」という意見も。3位に選ばれました。

このように、面白いと定評がある人気MCの中にも、実は苦手だと思われている人が少なくありません。気になる4位〜33位のランキング結果もご覧ください。

みなさんには「実は苦手…」というMCがいますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年3月28日〜2017年3月30日

関連記事(外部サイト)