「MERY」復活へDeNAと小学館が共同会社 「WELQ騒動」から8か月

DeNAと小学館は2017年8月3日、デジタルメディア事業を行う共同出資会社「株式会社MERY」を8月8日に設立することで合意したと発表した。出資比率は小学館66.66%、DeNA33.34%で、女性向けファッション情報を中心とするデジタルメディア「MERY」を運営する。

DeNAは16年12月上旬に、運営する複数のサイトで記事や写真の無断転載や、不正確な内容の記事が多数あることが明らかになり、「MERY」や医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」などですべての記事を非公開化した。

こうした騒動を踏まえ、新たな「MERY」では、運営体制を抜本的に刷新し、全ての記事を新たなプロセスで作成するとしている。記事の作成、編集、校閲などノウハウが必要な業務に関しては小学館が、システム構築やネット上のマーケティングなどはDeNAが中心となってサポートする体制をとる。

なお、非公開化前の「MERY」で生じた問題については、引き続き当時の運営元だったペロリが対応するとしている。